(愛用化粧品)

Veryナチュラル「アジュバン プリンシェル パウダーファンデーション」

アジュバンというのは、美容室などのサロンに卸しているブランドで、

シャンプーが有名ではありますが、化粧品、特に基礎~ベースメイクの商品には

定評があり、根強いファン&リピーターが多いようです。

無添加で肌に優しい商品ラインナップになっています。

 

私は、化粧下地&日焼け止め効果のある「P-プロテクト」を気に入って使っています。

最近、スプレータイプの日焼け止め「ボディプロテクト」を買って使っていますが、

どちらも肌にやさしく保湿効果が高く、肌がしっとり潤いが持続します。

 

ファンデーションは、以前はオルビスを使っていました。

「ヌー茶屋町」の4Fに店舗があるのですが、転職して梅田に行く機会が減ったので、

なんとなく、江坂の東急ハンズなどのコスメコーナーでいろいろ試してみてました。

悪くはないのですが、どれもたいして変わりがなく、多少乾燥するような感じでした。

そろそろなくなるので、アジュバンのパウダーファンデーションを使ってみることに

しました。

アジュバンパウダーファンデーション3

薄付きでしたので、広範囲に伸ばすのではなく、少しずつパフでしっかり押さえるように

塗るといいです。

ナチュラルで、ファンデーション塗ってる?みたいな感じではありますが、シミや

クスミや目の下のクマなどは目立たなくなっています。

そしてこれも保湿効果が高いのでしょう。肌の潤いが一日中持続します。

 

Berryナチュラルなのに堅実な効果がある、という印象のファンデーションです。

おそらく、下地にP-プロテクトを使っているのも合うのだと思います。

乾燥で肌がカサカサして化粧のりが悪くなったり、汗をかいて化粧崩れしてしまったり、

ということが多いこの季節に、触って気持ちよい肌触りの頬でいられるのは嬉しいですね。

しっとりすべすべの肌は久しぶりの感触で、やはり肌に優しい化粧品を使うべきなんだな、

と実感しています。

2015-06-25 | Posted in (愛用化粧品)No Comments » 

 

夏の日焼け止め対策「アジュバン ボディプロテクト」

蒸し暑い日が続き、夏らしくなってきて日焼けが気になるようになりました。

本来、紫外線量の増える春から対策した方がいいと書いてありましたが。^^;

 

顔は、化粧下地&日焼け止め効果のあるアジュバンの「P-プロテクト」

という商品を気に入って使っていますが、全身の紫外線対策は気を抜いておりまして、

今さらではありますが、アジュバンの「ボディプロテクト」というスプレー式の

日焼け止めを購入してみました。

アジュバンボディプロテクト2

「アジュバン ボディプロテクト」

ここのサイトはアジュバン製品20%OFFで購入できるので利用しています。

⇒ http://www.vegetablecolor.net/?pid=90864940

 

SPF30 PA+++ なので、10時間は持続しますから、朝出勤してから夕方帰宅するまで

大丈夫ということになるので楽です。

スプレー式は初めて使いましたが、短時間で広範囲に塗布できるので、

朝のバタバタした時には助かります。

スプレーした肌は、ベタつくこともカサつくこともなく、しっとりしていて、

肌に優しいことはすぐにわかります。

 

もう一つ、スプレー式のよいところは、密封されているので変質を防げることです。

Yahooの知恵袋をよく利用していますが、「去年の日焼け止めは使えますか?」

という質問がたくさんあり、そういう人多いんだなと読んでましたが、

スプレー式は、キャップ式に比べて3倍ほど使用期限が長くなりますので、

無添加の商品ですから、その辺も安心して使用できます。

下記、ご参考までに詳しく書いてあったサイトより抜粋させていただきました。

 

<日焼け止めの使用期限は?>
表示されている使用期限は、製造した日から3年間ぐらいで、
未開封の状態で保存しておいた場合に有効な場合が多いので注意しましょう。
日焼け止めは大体1シーズンで使い切るのが目安のようです。

<まだ使ってよいか迷うときの目安>
保管しておいた化粧品を再び使用する際に変な臭いがしたり、中味が分離していたら、
変質の可能性がありますので、保管期間に関わらず使用は避けてください。

無添加のものや、美容液が配合されている日焼け止めなどの場合、
保管期限が記されている場合もあります。そのような日焼け止めの場合は、
保管方法に関わらず、使用期限を守ることが大切です。

正しく保管している場合は、去年のものを引き続き使用することは実は可能なようです。
気になるSPF・PAといった紫外線防止効果にも変化はありません。

<タイプ別の使用期限>
ミルク・ジェルタイプ
未開封のものは3年、開封したものは1年以内に使い切りましょう。

スプレータイプ
エアゾール(煙や霧のようなもの)商品は正しく保管していれは未開封、
開封後も製造から3年は使用できます。

無添加化粧品の日焼け止め
防腐剤・殺菌剤を含まない無添加化粧品の日焼け止めの場合、
やはり使用期限は短くなります。
未開封1年以内、開封後6ヶ月以内を目安に使用してください。
使用期限が書いてあるものはその指示に従ってください。

<使用期限の過ぎた日焼け止めを使うと>
開封したものについては中身が酸化してしまっている可能性がありますので、
それを肌に塗ってしまうとやはり肌へのダメージがありますので、
肌トラブルを起こしてしまう可能性があるのです。

去年のクリームだと、かなりの酸化が進んでいるのです。
酸化したものを体内に取り込んだり、肌に塗ったりするというのは、
体自体が酸化されやすくなって、老化しやすくなるのです。

酸化している日焼け止めを使うくらいなら、
安くても酸化していない新しい日焼け止めを使う方が
肌にも絶対よいです!

<日焼け止め保管方法>
サンスクリーン(日やけ止め)を使用した後は、必ず容器の口もとをきれいに拭き取り
キャップをきちんと閉め、直射日光のあたる場所を避け常温の室内に保管してください。

冷蔵庫などに入れて保存する人もいますが、過剰に温度差が生じるので好ましくありません。

■まとめ

直射日光を避けて、きちんとキャップを閉めて保管しておくことが前提ですが、

多くは、未開封なら製造より3年くらい、開封後は1年くらいが目安のようです。
ただし、無添加化粧品の場合は、未開放でも製造より1年くらい、
開封後は6ヶ月くらいと短くなります。

保管期限が記載されている場合は、上記の限りではありません。

また、スプレータイプのものは開封後も密封された状態ですから、
保管期限も3年くらいは大丈夫と思います。

きちんと保管していて中身の変質が無い場合は、去年のものでも使用は可能であり、
SPF・PAなどの紫外線防止効果も変わらないようですが、

きちんと保管していない場合や、中身が分離している、匂いが変わった、など
変質している様子がみられたら使用はやめた方がいいです。

変質の主な理由は酸化によるものと思われますが、参加したものを肌に塗ると、
肌トラブルを起こしたり、体内に取り込まれて老化を早める原因になったりしますので、
迷うようでしたら避けた方がいいと思います。

 

2015-06-24 | Posted in (愛用化粧品)No Comments » 

 

メイク下地で保湿&紫外線カット「P-プロテクト」

Pプロテクト

販売サイト: http://www.vegetablecolor.net/?mode=cate&cbid=1948149&csid=2

 

何となく購入して使用していた下地クリームがあとわずかになりました。

白いクリーム状で、肌につけると肌色に変色し、ファンデーションも兼ねられる、

というような売りでした。

ちょっとべたつく感があったものの、まあまあ化粧乗りも悪くなかったのですが、

もう一度同じものを購入しようとは思いませんでした。

肌色に変色する、つまり温度が高くなると変色する、ということなのでしょうから、

塗っている指先も肌色になります。

指先につくと、指紋の間に入り込んでとれにくく、おまけに手荒れみたいに

ガサガサした感触になってしまい、即効手を洗わずにはいられません。

これは、使い心地からいうと、マイナスポイントだなと思っていました。

 

アジュバンっていう化粧品メーカーは、聞いたことあるような無いような。

知っている人に聞くと、添加物を一切使用していない肌思いの化粧品で、

主に美容室に卸しているとかで、一般ではそんなにメジャーではないのかな。

少々お値段が高いのですが、特に基礎化粧では根強い人気があるとのこと。

若いころは何にこだわることもなかったのですが、年齢とともに肌が疲れてくると、

肌の老化を顕著に感じるようになり、化粧品も選ぶようになりましたので、

一度使ってみようと思い、メイク下地に該当する商品を探してみました。

「毎日のメイク下地で、保湿しながら紫外線をカットできる」

というPRINSHELL「P-プロテクト」を購入。

SPF29 PA+++ と書いてありますので、紫外線防止効果は充分あります。

 

今朝からこの「P-プロテクト」使い始めましたが、すーっとのびて馴染みやすく、

べたつかないのにしっとり。

化粧のりもよくなったような感触で、持続性もあり、とってもいいです。

 

紫外線は1年中ありますが、特に春先から急に増え始め、4~7月頃がピーク。

紫外線の少ない2月頃からしっかりとした対策を始めましょう、とあります。

紫外線を浴びると、色が黒くなったりシミやソバカスが出来たりするだけじゃなく、

皺が増えるそうです。

農作業している方などに深い皺がたくさん見られるのは、毎日浴び続けていた

紫外線せいだと、テレビで言ってました。

今から対策しても間に合うのか?とも思いますが、やらないよりいいでしょう。

(昔、日焼け止めクリーム、というものを使用していましたが、白っぽくなり、

それこそ、ベタベタ、ガサガサ、塗った手触りは非常に悪く、嫌いでしたが。)

「P-プロテクト」は、使い心地もよく、化粧のりもよく、紫外線対策にもなるなら、

少々高くでもいいかな、と思える。

私にとっては、指先の手触り感が悪いと好きになれないので、それをクリアして

いることがポイント高いです。

 

<SPF>
UV-Bにより起こるサンバーンを、何も塗らなかった場合よりどのくらいの時間を
防ぐ効果があるかを示す値。
一般的にサンバーンを起こす時間は20分といわれています。

SPF30なら30×20分=600分(10時間)防御されるということになります。
数値が高い方が良いと勘違いされている方がほとんどですが、必要以上に数値が
高いものはかえって皮膚に負担がかかります。
SPF30以上になると性能にほとんど差はありません。
使用シーンに合わせて選びましょう。

<PA>
UV-Aにより起こる即時黒化の反応を防ぐ効果。
+  防止効果がある
++  防止効果がかなりある
+++ 防止効果が非常にある
++++ 防止効果がかなり高い

<紫外線の種類>

■UV-A
地表に届く量が最も多く、紫外線の90~95%を占める。
光線としてのパワーはそれほど強くないが、透過性が高く皮膚では表皮の下の真皮まで届く。
したがって長年肌がさらされることにより真皮のハリを司る繊維成分が変成し、
深いシワ・たるみの原因となる。
ガラスなども透けるため室内や車内でも日焼けを引き起こす。
主に即時黒化、遅発性の色素沈着(サンタン)を引き起こす。

■UV-B
UV-Aとは異なり透過性は低く、皮膚表面で吸収され皮膚の奥までは届かない。
しかしエネルギーはUV-Aの1000倍と強力なため、やけどのようにヒリヒリと赤くなる
炎症反応(サンバーン)を引き起こす。
また、日焼けを繰り返すと、メラニン産生細胞が増加し、部分的なメラニン増加が起こり
シミになったり、細胞のDNAが傷つけられ、傷ついた状態で細胞分裂が繰り返されると
発ガンの恐れもある。

■UV-C
もっとも強い破壊力があるが、オゾン層で吸収され、直接肌に影響を与えることはない
といわれている。
ただし地球上には、オゾンホールにより強力な紫外線が降り注ぐ地域(オーストラリア・
南極)が存在する。

 

2015-05-25 | Posted in (愛用化粧品)No Comments » 

 

シワ専用「セフィーヌ ナノミックバルーンコンシーラー」

コンシーラー

先日友人と食事した時に、このコンシーラーを教えてもらいました。

友人が突然、「あ、そうだ!」って、バッグから取り出して、

「いいもんあんねん!」って、いきなり私の片方の目尻にぬられました。(笑)

左右比べたら、ぬってもらった方の目尻のシワが薄くなっていました。(嬉)

普通、化粧した上にこんなものをぬると、ヨレたり不自然になったりするのですが、

自然になじんでることにも感動。

「ホンマやね!これいいわ!」と、即刻買って愛用中。

セフィーヌのシワ専用「ナノミックバルーンコンシーラー」です。

 

コンシーラーって、色でシミやクスミを消すものだと思っていたのですが、

このコンシーラーは、

「膨脹型”無水”ヒアルロン酸・グルコマンナン複合体」という、

ウルトラヒアロバルーンが、吸水して17倍に膨らみ、シワの溝を押し上げる。

という優れものだそうで。

さらに、光を拡散する微細粒子パウダー配合で、シワを目立たなくする、

という効果もあると書いてあります。

 

オイルエッセンス(肌ツヤ成分)・コエンザイムQ10(細胞活性成分)・スクワラン(保湿)・

甘草根(抗炎症)、

というなじみのある美容成分も入っているようです。

 

その他、

プラセンタエキス(保湿)・ヒアルロン酸(保湿)・ヒメフロウエキス(抗老化)・

セイヨウオトギリソウエキス(保湿・抗炎症)・トウキンセン花エキス(保湿・抗炎症)・

フユボダイジュ花エキス(血行促進)・ヤグルマギク花エキス(保湿・抗炎症)・

ローマカミツレエキス(保湿・創傷治癒促進)

というてんこ盛り。

 

さらに、

鉱物油フリー、アルコールフリー、合成色素フリー、合成香料フリー、とあり、

肌に優しい気遣いも。

 

と、書いてあること写してみましたが、

要は、

★瞬時に目尻のシワや法令線が目立たなくなる!

★化粧した上からでもなじみやすいから、出先での化粧直しにもOK!

という優れものに出会ったので、是非ぜひ試してみてほしいなぁ、と。

 

ここのサイトでは20%OFFで販売されてます♪

http://www.vegetablecolor.net/?mode=cate&cbid=1950411&csid=0

 

2015-05-12 | Posted in (愛用化粧品)No Comments » 

 

オールインワン化粧品「グリーンエコロジーセルボ」

セルボ

「セルボ」っていう化粧品、とっても気に入っています。

正確には「グリーンエコロジーセルボ」。

http://www.greenecology.co.jp/

フルボ酸を使ったノンオイルのジェルで、化粧水と乳液の代わりになるから、1つで済みます。

ほんのりとグレープフルーツの香がして、やわらかくさわやかです。

使い心地も、しっとりするのにべたっとしない。

 

若いころは、基礎化粧なんていらない、くらいに思っていましたが、

だんだんと、乾燥が手ごわくなってきています。

使い始めは特に肌にしみ込む感がすごくて、何度塗ってもすーっとしみ込んでいきます。

油分だと、表面に浮いてベタベタするだけで、吹き出物の元になったりするのですが、

セルボだと、表面ではなく、肌の中が潤う感じがすごくいいと思います。

 

モンドセレクションの金賞を受賞したと書いてありました。

東急ハンズにもコーナーが作られていて積み上げられていました。

 

職場の仲間の女性3人に教えたら、3人とも気に入ったらしく、現在も愛用中。

勧めても私には何のメリットもないのですが(笑)、いいなと思ったら教えたくなる、

という究極の口コミですね。

 

さらに、セルボに酵素を数滴混ぜて使用すると、ツルツル感が増します。

酵素については、またの機会に紹介しますね。

 

 

 

2015-05-08 | Posted in (愛用化粧品)No Comments »