□「美しく生きた方が楽しい」~愛用品ご紹介~

台湾旅行~台北101ショッピングモール[Taipei 101 Mall]・鼎泰豐(ディン タイ フォン)~No.3

観光を終えてバスで向かったのは、
■台北101ショッピングモール[Taipei 101 Mall]。

台湾台北市信義区にある超高層ビル。高さ509.2mで、地上101階、地下5階からなり、
名前はこれに由来する。
建設段階の名称は台北国際金融センター(中国語: 臺北國際金融大樓)。7年間の工期を経て、
2004年に世界一の超高層建築物として竣工した。

101外観1101外観2

写真を撮ろうと思っても、一番上まで入れて撮るのは、しゃがんで撮らないと無理でした。
このビルの中の小龍包で有名なお店へGO!

 

■鼎泰豐(ディン タイ フォン) 101店
あの「ニューヨークタイムズ」で世界10大レストランに選ばれたこともあるという超有名店で、
小龍包が世界中で有名になったのはこのお店が発祥だとか。
お値段は少し高めらしいのですが、ツアーに組み込まれていたのでよくわかりません。(笑)
常に20~30分待ちは当たり前で、基本的に予約ができないので食べたかったら並ぶしかないお店のようです。
日本にもお店があり、台北市内にも、「本店(永康街)」「忠孝店」「そごう復興店」「そごう芝山店」
の4店舗あるようです。

小龍包1小龍包2

最初に、空芯菜炒めなどのお惣菜系が少し出ましたが、これがまた美味しい。
小龍包は、普通の小龍包と、エビの小龍包と、ヨモギの小龍包と、豚の小龍包、などなど。
他にもいろいろあるのでしょうが、次から次へと出てきて、かなりお腹いっぱいになります。
〆には炒飯とスープ。これもまた薄味でシンプルですが、非常に優しい味で美味しい。
あえて言うならば、普通の小龍包が一番美味しかった。(笑)

 

101というのはショッピングモールで、ブランドのお店がいっぱい入っています。
2101中101中1
洗練されたイメージ作りと、天井を高く、空間を広く取った、ゆったりとした設計で美しい。
日本のセンスも負けないとは思うが、このくらいの広さの空間の居心地のよさはなかなか無いかな。

 

展望台に上るところまでコースに含まれているとのことだったので、多少迷いましたが、
せっかく来たのだからと展望台に上ることになりました。
この展望台に上るエレベータ待ちの列がかなり長い・・・もう一度迷いましたがここまで来たので。(笑)

101展望1
これはエレベータの中の階数表示ですが、天井には星が散りばめられていて、綺麗。
かなりの高速エレベータで、この何十秒かの為にあんなに並んだんだ、という感じはありますが。

 

展望台からの景色。
この日は曇っていて、視界がイマイチだったが残念ですが、まあこんなもんかなと。
101展望2

この写真を撮ったのは、最上階の室内ですが、ここから非常階段みたいなところを上がって、
いわゆる屋上みたいなところに登れるようになっています。
ここでまた、せっかくだから登ってみようと思ってしまった。
本当にただの屋上みたいで、苦労が報われた感はなかったのですが、まあせっかく来たので。(笑)

 

降りるエレベータまでたどり着く道順に、「マスダンパー」という重さ660トン、直径5.5メートルの
巨大ダンパーを92階から87階に設置しています。地震対策とのこと。
101地震1

 

エレベーターにも安全対策がしてあり、万が一カゴを吊っているロープが切れ、
カゴが落下してしまったら、数秒でかごを停止する安全装置が搭載されているそうです。

 

ここのキャラクターで、「Damper Baby」というらしい。
等身大で、みんな一緒に記念撮影していましたけど、かわいいですか?
地震対策で安全を守る、という意味では、かわいく見えてこないこともないかな。(笑)
101地震2

またエレベータに乗るための長い列に並び、1Fに降りました。やっと。。

海外のデパ地下はけっこう面白いので、ここでもちょっと寄ってみました。
日本では買えないスナック菓子や調味料などは、ちょっとしたお土産になります。
お店に買って帰れるようなものがあれば、と思って少しお買い物タイム。
写真撮ればよかったなぁ。
日本のスーパーによく似てます。袋菓子コーナーで、海苔でピーナッツを砕いたのを挟んだのとか
トッポギみたいな甘辛いお菓子とか、一時流行ったというメープルシロップ味のポテチとか。
気が付いたら、どれも韓国っぽいものが多くて、そういえば韓国語で表記されてるものもあり、
なるほど、という感じはありました。
お店でお客さんと食べましたが、どれもそこそこ美味しかったです。

この後は、服飾問屋街で、バーゲンセールのようなお買い物をして、夜は夜市を楽しみます♪

2015-11-23 | Posted in (旅行&グルメ)No Comments » 

 

台湾旅行~龍山寺・中正紀念堂・美霖古玩~No.2

台湾旅行~龍山寺・中正紀念堂・美霖古玩~No.2

2日目の朝食後、ロビー集合して半日観光ツアーに出かけました。
ホテルの入り口では演奏のお出迎え&お見送りをしてました。

台湾旅行ホテル入口演奏

 

タクシーでツアーの待ち合わせ場所へ。
観光バスで出発♪

台湾旅行観光バス

 

龍山寺へ到着。
本尊は観音菩薩、その他合計19の神様が鎮座する。
いつ訪れてる線香の煙が漂い、人波が絶えないほど信仰されている。
若者に人気があるのは安産の神・註生娘娘と、本殿の後ろ左側にある良縁の神・月下老人だ。

龍山寺6龍山寺5

色彩豊かな美しいお寺でした。
中には人がたくさん集まっていて、お経みたいなものでしょうか、みんな歌を歌ってました。
中国っぽい、聞いたことのあるような無いようなメロディ。
何となく、心がキレイに洗われるような気持ちになりました。

龍山寺3龍山寺4

おみくじの引き方がちょっと変わっていて、お願いごとを唱えながら、宝仏の前で聖筴という
赤い三日月形の木片を2つ投げて、表裏になれば願い事が叶うらしい。
面白いのは、表裏が出るまで3回まで投げてよいようで融通の利く神様です。(笑)
表裏が出たら木の棒を1本引いて、その棒の先に書いてある数字のおみくじを引出しから自分で
出してもらってくる、という方法ですが、その紙に書いてあることが全くわからない。(笑)

 

次に向かったのは、中正紀念堂(ツェンチーニエンタン)。
陣水扁政権時代に台湾民主紀念館と改名され、正門に掲げられた額も「大中至正」から「自由廣場」へと
変更された。
2008年にホールは再び元の名称に戻されたが、広場の名称はそのままとなっている。

中山紀念堂1中山紀念堂2

立派な門と立派な建造物。力の大きさを表すような壮大さを感じさせます。
建物の中には蔣介石の銅像が祭られ、その左右には衛兵が微動だにせず護衛しています。
1時間に1度、衛兵の交代儀式があり、観光客はそれを見に集まってきます。

中山紀念堂衛兵交代1中山紀念堂衛兵交代2

歩き方にしても立ち方にしても、この練習するの大変だと思います。
規律を重んじるのも大切なことかもしれませんが、今の時代にこんな仕事をしている人を見ると、
ちょっと時代錯誤のように感じてしまうのは私だけでしょうか。
もしかしたら、ご本人たちは役者さんのようにショーとして取り組んでいるだけかもしれませんが。

 

ウーロン茶をいただきに、「美霖古玩」へ。

美霖古玩4

 

登頂烏龍茶や紅茶をいただきましたが、烏龍茶はサントリーの烏龍茶とは全く違い、
日本のお茶に近い色で、香が非常に良く、とても美味しかったです。
店内は、お土産品も多数置いてましたが、美術工芸品がたくさん展示されていました。

美霖古玩1美霖古玩3

器や壺やお皿や、とても美しく、高価そうなものが並んでいて、小さな美術館のよう。
ただし、お茶を入れてくれたおばちゃんのセールス熱心さにゆっくり観ているわけには
いきませんでしたが。(笑)
友人に頼まれていた、登頂烏龍茶と母の好きな紅茶と案外美味しいハスの実をお土産に購入。
お値段はそれなりでしたが、評判も上々でした。
パイナップルケーキもここのが美味しいと勧められましたが、あまり甘いものは興味なく、
私はスルーしてしまいましたが、お土産に買われた人は他のところのより美味しかったとのこと。
まっぷるにはここのお店載ってなかったので、ツアーに組まれているお土産屋さんみたいなもの
だとは思いますが、クオリティはそれなりに高いお店なのではないかと思います。

お昼ご飯に、いよいよ楽しみにしていた小龍包を食べにいきますが、次の記事に書きますね。

2015-11-03 | Posted in (旅行&グルメ)No Comments » 

 

台湾旅行~ザ・シャーウッド台北(台北西華飯店)・問屋街・欣葉餐庁(台湾料理)~No.1

台湾旅行~ザ・シャーウッド台北(台北西華飯店)・問屋街・欣葉餐庁(台湾料理)~No.1

10/15(木)台湾旅行に出発!

前日は、通常通り店開けてましたので、起きられるか多少不安もあり目覚まし時計でちゃんと起床。^^
8:17のはるか号で関西空港に向かいました。(AM10:00関空待ち合わせ)
何故か朝からお腹の調子が悪くなって、待ち合わせ前にトイレ行けたので余裕持って出てよかった。^^;
その後まもなく復活!私のお腹は優秀。(笑)

 

12:45に離陸(少し遅れたのかな)、3時間くらいで、無事台北空港に到着。近いですね。^^
時差は1時間遅れ(というのか?)。スマフォは勝手に時間変更してくれるのが凄いです。

後から知ったのですが、台北のタクシーで空港というと2つあるからどちら?と聞かれますが、
国際線の離発着のある「台北桃園国際空港」と、国内線の「台北松山空港」の二つです。
空港は一つだと思ってたので。。

空港からはタクシーに分乗して、ホテルに向かいました。
旅行雑誌には1時間くらいかかるように書いてありましたが、実質40分くらいで到着。
ただし、タクシーは飛ばす飛ばす・・・高速道路の車線変更はかなりスリル満点で正直かなり恐い。(笑)

 

到着したホテルは、台湾では上級に位置すると思われる「ザ・シャーウッド台北(台北西華飯店)」。
高級感のあるキレイなホテルです。
台湾旅行ホテル2台湾旅行ホテル1
まっぷるによると、
「洗練されたきめ細かなサービスが支持されて、リピーターが多い。館内にはイタリアンや広東料理のレストラン、
シガー・バーなどもある。」

 

チェックインしてまずはお部屋へ。
台湾旅行ホテル部屋1台湾旅行ホテル部屋2

ロビーも部屋もゆったりとした落ち着く空間で、高級感ある色合いとセンスある絵や調度品を揃えていて美しい♪
基本、台湾語?中国語?ですが、スタッフのみなさん日本語も多少わかります。多少ですが。
日本語がちゃんと話せるスタッフさんは、胸に日本国旗みたいなバッジを付けてくれてますのでわかりやすい。
ただ、荷物を後から部屋に運んでくれたのですが、預ける時に多少不安を感じていましたが、案の定、
違う人の荷物が届けられてしまい(私たちのグループの人の荷物ですが)やっぱりそうか・・・と。^^;

 

荷物を収めて、問屋街⇒台湾料理 へ出発!

タクシーで向かったのは、迪化街(ティーホワチェ)という問屋街。
まっぷるによると、
「台湾商業の中心地として栄えた古い歴史を持ち、今も台北の台所として庶民に親しまれているエリア。
バロック風の装飾が施された彫刻や、華やかな建物、通りに並んだ数々の店を見て歩くだけでも十分に楽しめる。」
乾物の問屋街、といった感じのところです。

 

まずは、問屋街の入り口付近にある杏仁豆腐のオープンテラス?のカキ氷屋さんへ♪
台湾旅行杏仁豆腐のカキ氷
カキ氷といっても、普通の氷ではなく、杏仁豆腐を凍らせたものをカキ氷にしているとかで、杏仁風味♪
トッピング、といっても氷の下になって見えないのですが(笑)3つ選べるということで、あんこ(小豆)と練乳とピーナッツを。
あれ?練乳は最初からかかってたのかな?ちょっと忘れましたが、その上に杏仁豆腐のカキ氷をたっぷり。
あんこもたっぷりなんですが、これがかなり甘さ控え目で、家で炊いた小豆みたいで、私の好みにはかなり近かったのですが、
スイーツ好き、甘いもの好きの方にはちょっと物足りないかもしれませんが。
口当たりも風味も甘さも柔らかく庶民の家庭的な感じでとっても美味しかったです♪

 

時間的に少し遅かったのか、活気があるというまでの感じではなかったのですが、乾物を中心にお店がずらり。
もう少しよく調べて行ったら買いたいものがたくさんあったのだと思うのですが、勉強不足で何かわからないような
ものも多く、気になるものはたくさんあるのですがどれを買ったらよいのか迷ってしまって。。
キクラゲみたいのや、キクラゲの大きい版みたいのや、干しエビや、ドライフルーツ、朝鮮人参や、ツバメの巣?や。
花茶やからすみ、竹細工なども有名みたいで、並んでます。

 

私は、「からすみ」を購入。
250元でしたが、他で見たからすみは、800~1000元くらいしてたので、やはりかなりお安い。

「干しエビ」を購入した方からいただきましたが、おやつには美味しい♪酒のアテには少し甘いかな。
「いちじくのドライフルーツ」を購入した方からもいただきましたが、これもなかなか美味しい♪

「キクラゲのおばけ」みたいの、買ってみればよかったなぁ・・・とちょっと後悔。^^;

 

再びタクシーで、台湾料理のお店「欣葉餐庁(シンィエツァンティン)」という有名なお店へ。
台湾旅行台湾料理1
まっぷるによると、
「台湾料理を知るうえで欠くことができないのがこのレストラン。ここの料理は400種に及び、その全てを
食べつくすのは不可能に近いともいわれる。醤油ベースの味付けが多く、日本人の舌によく合う。」
支店も、台湾には11店舗、日本にも九州に1店舗あるらしい。

 

台湾ビールで乾杯♪オーダーは、
・空芯菜の炒め物(炒青菜)
・イカ団子
・セロリとイカの炒め物
・盬酥蝦(エビのコショウ揚げ)
・腸詰(台式香腸)

たくさんあって忘れちゃいました。(笑)あと、これも食べたかな。
・清宮段茄(ナスの挽肉炒め)
・腰果蝦仁(エビのカシューナッツ炒め)

 

そして、私が一番美味しかったと思ったのはコレ!
台湾旅行台湾料理2
・紅蟳米糕(ホンシュンミーガオ)
上海カニのおこわですかね?上海カニではないのかな?

と~っても美味しかったんですが、かにみそが私のお皿に乗らなかったのがちょっと悔しい!(笑)

 

ホテルに帰って、ホテルノバーで一杯。ホテルのロビーと同じような雰囲気の良いバー。
日本のホテルのバーと価格的には同じくらいだったかな。

お部屋で集まって、デューティーフリーで買ってきてくれたオールドパーと焼酎で宴会♪
お酒は台湾で買うのは高いようで、デューティーフリーで買って持ち込むのがGOODのよう。
おつまみは、近くのセブンイレブンで買った、韓国のりを砕いて固めなおしたようなスナック菓子が好評♪
お土産にも買って帰りましたが、お店でもなかなか好評でした。^^

少し早めにおひらきにして、明日に備えてお部屋のキングサイズのベッドで熟睡zzz

2015-10-25 | Posted in (旅行&グルメ)No Comments » 

 

arde! アルデ新大阪リニューアルオープン~フレンチおでんの「赤白(コウハク)」や新世界の「串かつだるま」も!

arde! アルデ新大阪リニューアルオープン

~私の好きなフレンチおでんの「紅白(コウハク)」や

~新世界の有名な「串かつだるま」も!

 

本日、社長のお使いで新大阪駅へ行きました。AM10時ちょい前。

切符の手配をして、帰りがけにお昼ご飯買おうかな、と思ってグルメのフロア、

2階になるんでしょうかね、ちょっと寄ってみました。

 

めちゃめちゃ人がいっぱいいて、胡蝶蘭畑のように胡蝶蘭の鉢がたくさん・・・

たくさんいる人のほとんどが、スーツ姿の男性で、直立不動で立っていて、

どう見てもただのお客さんではなさそう。

 

本日は、新大阪駅ビルの「arde! アルデ新大阪」のリニューアルオープンでした。

食べ物やさんは、AM10時から11時くらいに開店するところでした。

初日の開店を待っている人たち、お昼ご飯にはまだ早い時間なのに開店と同時に

そろそろ入っていく・・・

何となく取引業者さんがお祝い兼ねて来ているような感じですね。

 

小冊子とティッシュをを配っていたのでもらいました。

アルデ新大阪

 

あ!と思ったのが、写真右下の

 

”フレンチおでん”と格安の厳選ワイン

【名物 大根のボルチーニソース 194円】

コンソメでじっくり炊いた大根に

たっぷりのポルチーニ茸(イタリア松茸)ソース。

シャンパーニュに相性抜群の逸品。

フレンチおでんとシャンパーニュ・ワインが楽しめる店

「赤白」コウハク

[フレンチおでん]

☎06-6885-5089

 

このお店、梅田の32番街あたりから降りたとこの地下にもあります。

2~3年前ごろだったと思いますが、新しくオープンしていつも行列作ってました。

同じ頃にもう一つワイン&イタリアンのようなお店が出来ていて、そちらも

美味しそうだったんですが、何故かこっちのフレンチおでんが人気。

一度入ってみたいと思いながら、並んで待つのがイヤだな・・・と思ってまして。

梅田で知人とのご飯の約束をして、待ち合わせ時間までに間があったので、

あ、並んで待ってたらちょうど時間になるかな、と思って珍しく並びました。

めちゃ混みでぎゅうぎゅうのカウンターの店でしたが、奥にはテーブル席も。

この時に、この大根のピルチーニ茸ソースもいただきましたよ!

あと、よく覚えているのがフォアグラの茶わん蒸し、これがかなりいけました♪

ワインもタイムサービスがあり、かなり安くて、2人でフルボトル頼んで、

そこそこ食べて1人2000円ちょっとくらいだったような記憶が。

 

時々、行きたいなと思うのですが、きっと並んでるんだろうな・・・と思うと

なかなか足が向かなかったのですが、新大阪にも出来たのはちょっと嬉しい。

おそらくしばらくは混んでて入れないでしょうけど、新大阪でご飯の時には

のぞいてみたいお店です。

 

写真左下の

 

”二度漬け禁止”で有名な新世界が誇る大阪名物

新世界に本店を構える名物をそのまま新大阪に。

ソースはもちろん”二度漬け禁止”。

エンターテイメントあふれる店内も楽しい。

新大阪セット 2376円

大阪新世界元祖串かつだるま

[串かつ]

☎06-4805-8844

 

ここは、東京の友人が遊びに来た時に新世界で串かつを食べたい!

というありがちなリクエストにお応えして新世界のお店に行ったことがあります。

薄い衣で、美味しいとは思いましたが、あまりよく覚えてない。。^^;

新世界界隈ではここが有名で美味しいのかな。

お手軽に大阪名物が食べられる、ということで新幹線を利用するお客さんが

立ち寄るお店になりそうですね。

 

大阪って串かつ有名ですが、私が一番美味しいと思ったのは、

天満駅から商店街をちょっと天六へ向かって天五屋横丁を右に入ったところにある

「串忘」さんという、優しそうなマスターが一人でやっている小さなお店。

衣が薄くて、油も新しいんでしょうね、ちっとも脂っこく感じない。

揚げる時には、串の手で持つところは油つけないように手を離さずに揚げる

という気遣いも優しい。

 

ひよこセットというのがあって、串8本に飲み物1杯で800円だったかな。

おまかせで出てきますが、厳選された野菜が新鮮で素材の味が美味しい。

人参と思えない甘さだったのをよく覚えてます。

ズッキーニや玉ねぎも。

朝引きの鳥なんでしょうね、鳥のモモ肉は中がほんのり赤い状態でOK。

これはとっても美味しかった。

フルーツも揚げてしまうそうで、リンゴやバナナ、何でもやってみるみたい。

これが、デザートのようで意外と揚げものにマッチするんですが、

女性には1品サービスで出してくれるみたいです。

 

日本酒も久保田や菊水などの有名どころが、格安でいただけます。

400円とか450円だったんじゃないかな、かなり安かった。

 

と、違うお店の話ばかりしてしまいましたが、串忘さんは好きなお店の一つです。

 

左上のグリルキャピタル東洋亭と、右上のさかなやのmaru寿司は、

昔行ったことあるかも、ないかも、という感じなので、機会が合ったら

こちらも行ってみたいなと思います。

 

他のページにもいろいろ載っていますが、うどんすきの「美々兎」も

リニューアルされてました。

新大阪も私が住んでいたころに比べると、各段に綺麗になりました。

 

 

 

 

2015-07-16 | Posted in (旅行&グルメ)No Comments » 

 

ペット用酵素「レスキュー」

石田酵素からペット用酵素「レスキュー」が発売されました。

日本レスキュー協会というところがあり、身勝手な飼い主に捨てられたかわいそうな

ペットたちの殺処分ゼロにしよう、という活動をしています。

ペット用酵素「レスキュー」の売上の5%は、日本レスキュー協会に寄付され、

少しでも尊い命を救えるよう支援したい、という願いを込めた商品とのこと。

 

ペット用フードは、ペットが一定の栄養を安定的にとれるよう工夫されており、

ペットの健康を維持するのに役に立っていますが、様々な添加物も含まれている

ものが多いそうです。

犬や猫は人間より体重あたりのカロリーを多く必要とするため、ペットフードは

エネルギー源である油脂成分の酸化を防ぐために酸化防止剤などの添加物が

必要になってしまうと書いてありました。

 

ペット用酵素「レスキュー」の利点は、無味無臭なことも大きいと思います。

私は犬も猫も飼ってましたが、犬はどちらかというとガツガツ餌を食べましたが、

猫は、警戒して臭いを嗅いで、ペロッと舐めてみて、恐る恐る食べてみる、

という感じでした。

よくネット等でみかける酵素ドリンクは、ほとんどのものが臭いがあるようです。

その臭いによっては、人間も我慢して飲んでる状態のようです。

おそらく、犬は好きなものに混ぜたら食べちゃうかもしれませんが(笑)

猫は難しいかもしれません。

まあ、神経質な子もいれば、大ざっぱな子もいますから何とも言えませんが。

 

ペット用酵素「レスキュー」は、ほとんど無味無臭です。

そのまま飲むと、多少水とは違う臭いがしますが、少量を水に混ぜて飲んだら、

私にはわかりません。

おそらく、ワンちゃんネコちゃんもわからないのではないかと思います。

せっかく健康に良いものを与えても、食べてくれなければ何にもなりませんから、

そのハードルをクリアしていることは大きいと思います。

 

うちの実家では、元々野良猫だった白黒のネコの家族が寝泊まりしています。

飼っているのとはちょっと違うのですが、庭に面した窓の下にネコの出入り口を

作ってあり、出入り自由にしてあります。

そこから入った畳1畳分くらいのスペースを区切ってネコ部屋にしてあり、

ネコの餌と水、ベッドになる箱やタオルを置いてあげています。

 

一般的には、野良猫の寿命は短く、10年も生きられないと聞いたことがありますが、

実家のお母さんネコは、華(ハナ)ちゃんと呼ばれている小柄で綺麗な顔のネコですが、

おそらく20歳近いのではないかと思います。

娘ネコのルミちゃんも華ちゃんに似て美人さんだと父も母も言ってます。

ネコたちは、父や母を癒してくれています。

 

ペット用酵素「レスキュー」で、健康と長寿をサポートできるのであれば、

少しでも健康に、少しでも長く生きてほしいと願って、先日プレゼントで送りました。

 

2015-06-30 | Posted in (石田酵素)No Comments » 

 

Veryナチュラル「アジュバン プリンシェル パウダーファンデーション」

アジュバンというのは、美容室などのサロンに卸しているブランドで、

シャンプーが有名ではありますが、化粧品、特に基礎~ベースメイクの商品には

定評があり、根強いファン&リピーターが多いようです。

無添加で肌に優しい商品ラインナップになっています。

 

私は、化粧下地&日焼け止め効果のある「P-プロテクト」を気に入って使っています。

最近、スプレータイプの日焼け止め「ボディプロテクト」を買って使っていますが、

どちらも肌にやさしく保湿効果が高く、肌がしっとり潤いが持続します。

 

ファンデーションは、以前はオルビスを使っていました。

「ヌー茶屋町」の4Fに店舗があるのですが、転職して梅田に行く機会が減ったので、

なんとなく、江坂の東急ハンズなどのコスメコーナーでいろいろ試してみてました。

悪くはないのですが、どれもたいして変わりがなく、多少乾燥するような感じでした。

そろそろなくなるので、アジュバンのパウダーファンデーションを使ってみることに

しました。

アジュバンパウダーファンデーション3

薄付きでしたので、広範囲に伸ばすのではなく、少しずつパフでしっかり押さえるように

塗るといいです。

ナチュラルで、ファンデーション塗ってる?みたいな感じではありますが、シミや

クスミや目の下のクマなどは目立たなくなっています。

そしてこれも保湿効果が高いのでしょう。肌の潤いが一日中持続します。

 

Berryナチュラルなのに堅実な効果がある、という印象のファンデーションです。

おそらく、下地にP-プロテクトを使っているのも合うのだと思います。

乾燥で肌がカサカサして化粧のりが悪くなったり、汗をかいて化粧崩れしてしまったり、

ということが多いこの季節に、触って気持ちよい肌触りの頬でいられるのは嬉しいですね。

しっとりすべすべの肌は久しぶりの感触で、やはり肌に優しい化粧品を使うべきなんだな、

と実感しています。

2015-06-25 | Posted in (愛用化粧品)No Comments » 

 

夏の日焼け止め対策「アジュバン ボディプロテクト」

蒸し暑い日が続き、夏らしくなってきて日焼けが気になるようになりました。

本来、紫外線量の増える春から対策した方がいいと書いてありましたが。^^;

 

顔は、化粧下地&日焼け止め効果のあるアジュバンの「P-プロテクト」

という商品を気に入って使っていますが、全身の紫外線対策は気を抜いておりまして、

今さらではありますが、アジュバンの「ボディプロテクト」というスプレー式の

日焼け止めを購入してみました。

アジュバンボディプロテクト2

「アジュバン ボディプロテクト」

ここのサイトはアジュバン製品20%OFFで購入できるので利用しています。

⇒ http://www.vegetablecolor.net/?pid=90864940

 

SPF30 PA+++ なので、10時間は持続しますから、朝出勤してから夕方帰宅するまで

大丈夫ということになるので楽です。

スプレー式は初めて使いましたが、短時間で広範囲に塗布できるので、

朝のバタバタした時には助かります。

スプレーした肌は、ベタつくこともカサつくこともなく、しっとりしていて、

肌に優しいことはすぐにわかります。

 

もう一つ、スプレー式のよいところは、密封されているので変質を防げることです。

Yahooの知恵袋をよく利用していますが、「去年の日焼け止めは使えますか?」

という質問がたくさんあり、そういう人多いんだなと読んでましたが、

スプレー式は、キャップ式に比べて3倍ほど使用期限が長くなりますので、

無添加の商品ですから、その辺も安心して使用できます。

下記、ご参考までに詳しく書いてあったサイトより抜粋させていただきました。

 

<日焼け止めの使用期限は?>
表示されている使用期限は、製造した日から3年間ぐらいで、
未開封の状態で保存しておいた場合に有効な場合が多いので注意しましょう。
日焼け止めは大体1シーズンで使い切るのが目安のようです。

<まだ使ってよいか迷うときの目安>
保管しておいた化粧品を再び使用する際に変な臭いがしたり、中味が分離していたら、
変質の可能性がありますので、保管期間に関わらず使用は避けてください。

無添加のものや、美容液が配合されている日焼け止めなどの場合、
保管期限が記されている場合もあります。そのような日焼け止めの場合は、
保管方法に関わらず、使用期限を守ることが大切です。

正しく保管している場合は、去年のものを引き続き使用することは実は可能なようです。
気になるSPF・PAといった紫外線防止効果にも変化はありません。

<タイプ別の使用期限>
ミルク・ジェルタイプ
未開封のものは3年、開封したものは1年以内に使い切りましょう。

スプレータイプ
エアゾール(煙や霧のようなもの)商品は正しく保管していれは未開封、
開封後も製造から3年は使用できます。

無添加化粧品の日焼け止め
防腐剤・殺菌剤を含まない無添加化粧品の日焼け止めの場合、
やはり使用期限は短くなります。
未開封1年以内、開封後6ヶ月以内を目安に使用してください。
使用期限が書いてあるものはその指示に従ってください。

<使用期限の過ぎた日焼け止めを使うと>
開封したものについては中身が酸化してしまっている可能性がありますので、
それを肌に塗ってしまうとやはり肌へのダメージがありますので、
肌トラブルを起こしてしまう可能性があるのです。

去年のクリームだと、かなりの酸化が進んでいるのです。
酸化したものを体内に取り込んだり、肌に塗ったりするというのは、
体自体が酸化されやすくなって、老化しやすくなるのです。

酸化している日焼け止めを使うくらいなら、
安くても酸化していない新しい日焼け止めを使う方が
肌にも絶対よいです!

<日焼け止め保管方法>
サンスクリーン(日やけ止め)を使用した後は、必ず容器の口もとをきれいに拭き取り
キャップをきちんと閉め、直射日光のあたる場所を避け常温の室内に保管してください。

冷蔵庫などに入れて保存する人もいますが、過剰に温度差が生じるので好ましくありません。

■まとめ

直射日光を避けて、きちんとキャップを閉めて保管しておくことが前提ですが、

多くは、未開封なら製造より3年くらい、開封後は1年くらいが目安のようです。
ただし、無添加化粧品の場合は、未開放でも製造より1年くらい、
開封後は6ヶ月くらいと短くなります。

保管期限が記載されている場合は、上記の限りではありません。

また、スプレータイプのものは開封後も密封された状態ですから、
保管期限も3年くらいは大丈夫と思います。

きちんと保管していて中身の変質が無い場合は、去年のものでも使用は可能であり、
SPF・PAなどの紫外線防止効果も変わらないようですが、

きちんと保管していない場合や、中身が分離している、匂いが変わった、など
変質している様子がみられたら使用はやめた方がいいです。

変質の主な理由は酸化によるものと思われますが、参加したものを肌に塗ると、
肌トラブルを起こしたり、体内に取り込まれて老化を早める原因になったりしますので、
迷うようでしたら避けた方がいいと思います。

 

2015-06-24 | Posted in (愛用化粧品)No Comments » 

 

髪でお悩みの方へ朗報!「フーチェ」

髪のお悩みはけっこうあると思います。

男性だけでなく、女性も年をとってきますと髪の毛が薄くなって、

トップのボリュームがなくなり、ぺちゃっとしてしまうのを悩んでいる人は

案外多いかと思います。

私も、元々ネコっ毛なのですが、さらにフニャフニャしてきて、

トップにボリュームを出そうとして逆毛を立てたりスプレーしたりしますが、

若干無理があるようで。^^;

 

世間に出まわっている育毛剤や頭皮に良いシャンプーなど試してみた方も

多いのではないかと思いますが、「良いような気がする」程度の感触だと、

少々お高くて、やめてしまわれるパターンをよく聞きます。

 

私の周りで、ちょっと話題になっているのが、リ●●21とほぼ(おそらく全く)

同じ成分で価格は約半分の「フーチェ」というブランドの商品。

ヘアトニックが一番効果はあるのだと思いますが、シャンプーやトリートメントも

販売しており、合わせて使用するとさらに効果的というもの。

フーチェパンフ

周りの男性にお勧めしたものか、やめといた方がいいものか、悩みますが、

ココに載せといたらどなたかご覧になって試されるかな、と思って。

ちなみに、私の愛用品ご用達のサイトでは、さらに15%OFFで販売してますので、

私も試してまたご報告しますが、よかったらどうぞ。

http://www.vegetablecolor.net/?mode=cate&cbid=1962341&csid=0

 

 

2015-06-07 | Posted in (ヘアケア)1 Comment » 

 

明洞「参鶏湯&屋台&今でしょ!」~韓国旅行No.4~

2日目、お昼ご飯は、お粥か参鶏湯にしようか、ということに。

街を歩いていると、いろんなお店の呼び込みの方が地図を渡しながら

声かけてくるので、その中のマッサージ店のお兄さんに聞いてみました。

この辺りの参鶏湯の美味しいお店は?

教えてもらった、元祖参鶏湯のお店へ。

参鶏湯の店の看板

庶民的な雰囲気ですが、やはり観光客が多い様子。

お勧めを無視して、普通の参鶏湯を注文。

参鶏湯

参鶏湯は、数えるほどしか食べたことがないのですが、

若鳥のお腹の中にもち米や朝鮮人参や栗やナツメ?の実などを詰めて

焚いてある、お粥入りの鳥一羽鍋みたいな感じのお料理。

食前酒が付いてきたのですが、朝鮮人参のお酒とのこと。

美味とは言い難いですが、体によさそうな気がする香り。

やはり、キムチやらカクテキやらの小皿が付いてきましたが、

何故か赤飯?いえ、五穀米でしょう。が、付いてきました。

あっさり塩味で、いい出しが出ていて、美味しかったけど、

鳥をさばきながらいただくのが、ちょっと食べにくかった。(笑)

 

南大門の方へ行ってみようということになり、街中の屋台を見ながら

地図を頼りに向かってみました。

屋台2屋台1

とうもろこしやら、干したイカやら、アイスクリームやら、果物(写真右)やら、

大きな肉の塊をローストしながら、焼けたとこをそぎ落として、クレープみたいのに

挟んで食べる、的な、しんぺいちゃんのテレビで見たような屋台が並んでる。

ただし、ガイドのチェさんからは、あまり衛生的ではないので食べない方が・・・

とのコメントをいただいている。

幸い、参鶏湯でお腹がいっぱいだったので、横目で見ながら通り過ぎることができました。

 

南大門へ行くには、大通りを渡らなければならないのですが、付近に横断歩道らしい

ものがなく、地下道へ。

ここで、バッタもん売りのお兄ちゃんにつかまってしまいました。(笑)

今でしょ!

それにしても、韓国の店員さんはみんな日本語がお上手。

店の名前まで、「今でしょ!!」でしたし、ラッセルララライ~♪

などなどお笑いにも通じてる。

どこもそうですが、奥であれこれ広げだして、ありがちなクロージング。

ちょっと気になっていたシャネルの赤のエナメルのお財布が目に付いたので、

手に取ると縫い目が雑で傷もある。

「コレあかんやん!」と言うと、9,000円にしとくと。

同じような別の赤を持ってきたけど、色が微妙に違ってて、「それならいらない」

「さっきの赤いの、傷あるからもっとまけてよ」と言うと。

傷があるから9,000円だとの答え。

「5,000円なら買うけど、それ以上だったらいらない」と言ったら、

5,000円にしてくれた!

言ってみるもんですね。(笑)

あ、でも、値切ろうと思ったというより、本当に5,000円以上だったら買う気なかったので。

後で聞いたら、このお財布の本物は12万円くらいするので、バッタもんの相場は12,000円。

小さい傷はあまり気にならないので、安く手に入ったのはちょっと嬉しい。

 

と、ここでつかまってしまったので、南大門まで行くのがしんどくなった。^^;

どこかでパッピンスでも食べて、ホテルに帰ろう、ということに。

探しながら歩いたのですが、適当なところを見つけられずに、結局ホテルのカフェへ。

ホテルのカフェ1ホテルのカフェ2

感じのいいカフェで落ち着けるので、ほっと一息。

テラスもあるのですが、テラスも禁煙。

ココで初めてくらいに日本語のわからない店員さんに遭遇。

パッピンスを頼んだら、ちょうどなくなったとこなので、20分かかるとのこと。

20分待ってもよかったのですが、本当に20分かもわからないので。^^;

とりあえず、アイスコーヒーを頼んだら、アメリカン?と聞かれ、う~ん・・・

よくわからないままに注文。普通のアイスコーヒーでしたが。

 

ガイドのチェさんのお迎えを待って、ワゴン車で仁川(インチョン)空港へGO。

楽しい韓国旅行もこれで終了。また行きたいな♪

お疲れ様でした~~!!

仁川空港1仁川空港2

The End

 

 

 

 

 

 

2015-06-03 | Posted in 韓国旅行No Comments » 

 

韓国「お姫様コース&チマチョゴリ撮影」~韓国旅行No.3~

韓国に行ったら、やっぱり垢すりかな、と軽く思ってたので、

ガイドのチェさんに予約してもらって、垢すり&ヨモギ蒸しへ。

お迎えに来てくれて連れて行かれたのが、「玉サウナ」という微妙なネーミングのお店。

玉サウナ

若い女の子のグループが多いのは、ツアーに組み込まれてるのかな。

ここから先は写真が無いし、あってもお見せできないので。

 

スタンダードな垢すりコースにオイルマッサージを付けるくらいしか考えてなかったのですが、

小さい部屋に通されて、バリバリ営業トークのお姉さんにバリバリクロージングされて^^;

少々お高いお姫様コースになりました。(笑)

 

まず、布を頭の上からかぶってサウナに入れられて、めちゃめちゃ暑い。

いつまでここに居たらいいのかよくわからず、耐えきれなくて脱出。

水を飲んで再度サウナ。

アロマ湯につかったりした後に、垢すり。

手術台みたいなところへ乗せられて、ゴシゴシ洗われました。

痛いわけではないのですが、非常に力強かった。^^;

きゅうりパックとかされて、頭も洗ってくれて、とりあえずなすがまま。(笑)

ヨモギ蒸しに移動して、美容院のケープみたいのを被せられて、穴の空いた椅子へ。

下からヨモギの香りのする暑い蒸気が上がってきて、これがけっこうな熱さ。

どうなってるのか後で見たら、下にはホットプレートの鍋版にお湯とヨモギが

ぐつぐつ焚かれて湯気が出ている。

熱かったらスイッチを切るように言われた意味がよくわかりました。

 

再度アロマ湯につかって、やっとマッサージかと思ったら、

今度は、泥を背中に塗られて、手をおわん型にした中にも泥を入れられて、

顔以外に塗るように言われて、その通りにして水晶サウナで数分。

壁一面に紫水晶が埋め込まれてる。

ここは、待ってても誰も呼びに来るわけではないことを学習してましたので、

そこそこで出て、体を洗ってやっとやっとお姫様コース本番へ。

この時既に夜中の12時ごろだったかと。

 

全身アロママッサージと、肥満防止のお腹のマッサージと、真珠パックなるものを

2時間ほどかけてやってくださいましたが、マッサージは上手でしたね~♪

耐えられないほど痛いわけでもなく、心地よい強さでよく効いて、半分夢の中。

夜中の2時にマッサージを終えてホテルへ戻り、さらに熟睡。

 

追伸:この後、お肌はしっとり化粧のりもよく、目の下のクマも薄くなりました。

5日間たった今でも、いい感じで保てていますよ。(6/4現在)

 

翌朝は、早起きしてお粥を食べてからチマチョゴリの撮影へ、という予定でしたが、

早起きは無理でしたので^^;、お部屋でコーヒーと機内食で残したパンをいただき、

お迎えが来て、チマチョゴリ撮影へ。

ホテルから歩いても行かれる距離の

チマチョゴリ photo studio

というところ。

チマチョゴリを借りて、メイクもヘアもしてくれて、プロのカメラマンが撮影。

自分のカメラで撮影する自由時間もあり。

コースはいくつかありますが、小さい写真2枚、チマチョゴリ2着、で、80,000ウォン。

チマチョゴリは、そんなにたくさんの中から選べるわけではなかったのですが、

どれも綺麗でかわいかったです。

プロのカメラマンが撮った写真から2枚選んで、これは後日日本に郵送してくれる。

この日泊まりでしたら、ホテルに届けてくれるようでしたが出発日でしたので。

 

ちょっと恥ずかしいですけど、これがないと雰囲気が伝わらないと思いますので、

一緒にいった友人が撮ってくれた写真を。

チマチョゴリ1チマチョゴリ2

カメラマンのフラッシュがたかれた瞬間で、思いっきり美白&顔もよくわからない、

というものを選びました。(笑)

左の方が正装に近いチマチョゴリ、ような説明だったのでオプションでカンザシを。

右の方はラフな感じのチマチョゴリ、らしいので、カチューシャのみで。

思い出にもなりましたし、なかなか楽しかったです♪

 

帰りにココのビルの1Fにあった、YH・KIM という毛皮屋さんに立ち寄り。

毛皮や皮のコート類のお店で、なかなかセンスもよく、皮の質もよかった。

何かを買ったかどうかは、ご想像にお任せします。(笑)

 

(明洞「参鶏湯&屋台&今でしょ!」~韓国旅行No.4~へつづく)

2015-06-02 | Posted in 韓国旅行No Comments »