(ポイント式データ予想最終結論)

第61回 有馬記念(GI) フォトパドック&データ考察&有力馬+予想


人気ブログランキングへ
ランキングがなかなか上がらないので、クリック応援してくださると嬉しいです。m( )m

第61回 有馬記念(GI) フォトパドック&データ考察&有力馬+予想
サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン 定量
中山2500m 芝・右

日本全国的に注目を集めるイベントとなった有馬記念。今年はクリスマスに開催。

①連対は5歳以下。

②3倍以下は、連対。6/7
 5~7、10~15倍は複勝圏外⇒消し
 7~10、20~50倍は好走

③複勝圏内の大半は、前走G1
 G2の場合は、左回り以外は⇒消し

④前走G1だった馬は、1着は好走。10着以下の巻き返しもあり。
 6~9着は不振

⑤乗り替わりはOK

⑥2走前がG2で前走がG1馬が高確率で連対

⑦4走前までに芝2400で2着に1馬身以上の差をつけて優勝した馬が5/5優勝している。

<中山芝2500mコース>

外回りの3コーナーからスタートし、緩いカーブを描きながら4コーナーを回るとスタンド前の直線へ。
最初の4コーナーまでの直線距離は192m。
全部で6つのコーナーを回るため、できるだけ内を通った方が有利。
2枠の勝率、連対率が高い。
道中は速くならず、残り1000mあたりから激しい攻防となるため、ジョッキーのペース配分もカギ。
有馬記念を3勝しているステイゴールド産駒が好成績。
2200m同様にスタミナ色の濃い種牡馬の産駒が強いコース。
ハービンジャー、スクリーンヒーロー産駒には注目。

◆1.キタサンブラック ⇒優勝候補
父:ブラックダイド
母父:サクラバクシンオー

毛艶も張りも上々。のびのびとした印象。
元々すっきりした馬体で、ぱっと見迫力には欠ける印象の時もあるのだが、
今回は、元気よさそうで、メンタルもリラックスして見える。
まだ、お腹が少しぼてっとして、追い切り後に完成と思うが良い仕上がり。

①連対
②連対
③複勝
④○
⑤-
⑥連対
⑦★

◆2.ゴールドアクター ⇒連対候補
父:スクリーンヒーロー
母父:キョウワアリシバ

毛艶良く、パンパンの張り、筋肉の輪郭もくっきり。
うっすらアバラが浮き、完成度も高く、安定感のある立ち姿。
多少余裕があるが、追い切り後完成。
注目種牡馬スクリーンヒーロー産駒。

①連対
②○
③複勝
④-
⑤-
⑥連対
⑦×優勝は無し

◆3.ムスカテール
①×連対無し
②×
③△
④-
⑤-
⑥×連対△
⑦×優勝無し

◆4.ヤマカツエース ⇒3着候補
父:キングカメハメハ
母父:グラスワンダー

おそらく、毛艶も張りも上々。筋肉量も豊富。
全滝的に余裕があり、追い切りで絞っていくのだと思われる。
繊細さには欠けるが、勢いがあり、追い切りによっては侮れない存在となる。

①連対
②○
③△
④-
⑤-
⑥連対△
⑦×優勝は無し

◆5.サムソンズプライド ⇒消し
①×連対は無し
②×
③×⇒消し
④-
⑤OK
⑥×

◆6.サウンズオブアース ⇒連対候補
父:ネオユニヴァース
母父:ディキシーランドバンド

毛艶はあまり良くは見えないが天光の加減だろう。
張りは上々、胴が長くすっきりとしている。
全体的に緩いが、これも追い切りで完成の態勢が出来上がっていると思う。

①連対
②○
③複勝
④-
⑤-
⑥連対
⑦×優勝は無し

◆7.マルターズアポジー ⇒大穴候補

①連対
②△
③△
④-
⑤-
⑥×連対△
⑦×優勝は無し

◆8.ミッキークイーン ⇒3着候補
父:ディープインパクト
母父:ゴールドアウェイ

毛艶も張りも上々。筋肉量も豊富。
全体的に少し余裕があるが、カチっとまとまった感あり、順調な仕上がり。
追い切り後に、迫力が増してオーラを感じられれば要注意。

①連対
②-
③複勝
④-
⑤-
⑥×連対△
⑦×優勝は無し

◆9.ヒットザターゲット ⇒大穴3着候補
①×連対無し
②×
③複勝
④巻き返しあり
⑤OK
⑥連対
⑦×優勝無し

◆10.アドマイヤデウス ⇒2・3着候補
父:アドマイヤドン
母父:サンデーサイレンス

毛艶も張りも上々。筋肉の輪郭もくっきり。
現状は太めと言わざるを得ないので、追い切りで何処まで絞れるか。
元々逞しい馬体なので、追い切りには注目してみたい。

①連対
②○
③複勝
④×不振
⑤-
⑥連対
⑦×優勝は無し

◆11.サトノダイヤモンド ⇒2着候補
父:ディープインパクト
母父:オーベン

毛艶も張りも上々。筋肉の輪郭はくっきり。
まだアバラが浮くほどではないが、絞れて腰のくびれはすっきりしている。
トモが深く、お尻の筋肉も立派で、相変わらず素晴らしい馬体。
キリっとした自信あふれる顔付と立ち姿にも好感が持てる。

①連対
②連対
③複勝
④○
⑤-
⑥連対
⑦×優勝は無し

◆12.サトノノブレス
父:ディープインパクト
母父:トニービン

毛艶ピカピカ、張りも上々。筋肉量多く、輪郭もくっきり。
特にお尻の丸い盛り上がりは目を引く。
うっすらアバラが見えるが、まだ絞り切れていないので追い切り後完成。
体調は良いだろうし、確実に仕上げてくる態勢にあるので、恐い存在。

①×連対は無し
②×
③△
④-
⑤-
⑥×連対△
⑦×優勝は無し

◆13.デニムアンドルビー
①×連対は無し
②△
③△
④-
⑤-
⑥×連対△
⑦×優勝は無し

◆14.シュヴァルグラン
父:ハーツクライ
母父:マキアヴェリアン

毛艶ピカピカ、パンパンの張り。筋肉量豊富で、特に前腕の盛り上がりは凄い。
全体的にまだ太めだが、ここから追い切りで絞れれば、素晴らしい仕上がりだろう。
落ち着いた顔付と、馬体の迫力からは、闘志を感じる。

①連対
②△微妙に消し対象
③複勝
④-
⑤-
⑥連対
⑦×優勝は無し

◆15.アルバート ⇒消し
父:アドマイヤドン
母父:ダンスインザダーク

天光の加減か毛艶は、よくわからないが、上々の張り。筋肉量も豊富。
身が詰まって充実した仕上がりだが、現状ちょっと重たそう。
顔付、立ち姿は落ち着いていて、追い切りで絞れれば完成だろう。

①連対
②-
③×⇒消し
④-
⑤OK
⑥×連対△
⑦×優勝は無し

◆16.マリアライト ⇒2.3着候補
父:ディープインパクト
母父:エルコンドルパサー

毛艶ピカピカ、上々の張り。筋肉の輪郭もくっきり。
まだ多少余裕があるが、カッチリと仕上げてきた。
牝馬とは思えない前腕の筋肉とトモの深い力強い馬体になっている。
追い切りには注目したい。

①連対
②-
③複勝
④×不振
⑤-
⑥連対
⑦×優勝は無し

<フォトパドック評価>

さすがにG1,有馬記念ともなれば、どの陣営も完璧に仕上げてくると思われる。
馬体だけでのイチオシは、やはりサトノダイヤモンド。
次点で、ゴールドアクター。
絞れれば、シュバルグラン、サトノノブレス、あたり。
キタサンブラックはあまり良く見えない馬だが、今回は走イメージが湧く仕上がり。
マリアライトの馬体の変化は気になる存在。

<データより>

1着候補:①キタサンブラック(1人)
2着候補:②ゴールドアクター(3人)
    ⑥サウンズオブアース(4人)
    ⑪サトノダイヤモンド(2人)
3着候補:④ヤマカツエース(8人)
    ⑧ミッキークイーン(7人)

その他有力馬
⑩アドマイヤデウス(9人)
⑯マリアライト(6人)

大穴候補
⑦マルターズアポジー(12人)
⑨ヒットザターゲット(15人)

<予想>

1着:  ①キタサンブラック(1人)
2・3着:⑪サトノダイヤモンド(2人)
    ⑯マリアライト(6人)
3着穴: ④ヤマカツエース(8人)
    ⑦マルターズアポジー(12人)

①⑯の2頭軸マルチ(18点)もしくは、
①1着固定で、相手⑯の2・3着表裏(6点)
3連複なら、5頭BOX(10点)もしくは、
①⑯の2頭軸で、相手②④⑥⑦⑧⑨⑩⑪(8点)

 

第77回 菊花賞(GI) フォトパドック評価&データ評価&予想


人気ブログランキングへ
ランキングがなかなか上がらないので、クリック応援してくださると嬉しいです。m( )m

第77回 菊花賞(GI) フォトパドック評価&データ評価&予想
サラ系3歳 (国際)牡・牝(指定)オープン 馬齢
京都3000m 芝・右 外

3歳馬が未知の距離を走るクラシック最終レース。
適性を見極める必要があり、8/10年で5番人気以下の馬が連対している。

<京都3000コース>

向こう正面の登り坂途中からスタートし、外回りを1周半する。
3.9mの丘を2回越え、6つのコーナーを回る。

菊花賞は平均的に速いラップになることが多くかなりのスタミナ必要。
2000前後の瞬発力勝負で勝った馬より、キレ負けした先行馬や、
追い込んで届かなかった馬などが穴。

コーナーが多いので内を回ってロスを抑えたいので内枠有利の傾向。
ゼンノロブロイ・マンハッタンカフェ産駒が好走。

<JRAデータ>

①1番人気の成績は良い。4-1-2-3
 特に1倍台は有力。

②4・5番人気:2-3-0-15、6~8番人気:3-2-3-22、と活躍。
 特に10~20倍が好走。

③複勝圏内馬の20/30が前走神戸新聞杯出走馬。
 セントライト・その他からは、優勝馬が出にくいが、複勝圏内はアリ。

④複勝圏内16/20は、神戸新聞杯3着以内。

⑤優勝馬の5/10頭は、1・2枠。
 2着馬の6/10は、6~8枠。

⑥前走と連続騎乗:10-7-9-101
 乗り替わりでの優勝は無し。(連対はアリ)

⑦5走前までに500万以下のレースを勝利していた連対率は9/10年。
 ひとつひとつのクラスを順に突破した馬が好走している。

⑧キャリア6・7戦の馬が3連勝。
 フレッシュな馬が好走。

◆サトノダイヤモンド (C.ルメール)
牡3歳、鹿毛、栗東・池江寿厩舎(10月12日撮影)
父:ディープインパクト
母父:オーベン

毛艶はあまりよくは見えないが、引き締まった馬体で完成度は高い。
筋肉の輪郭くっきりでパーツは力強くはあるが、
全体的には、シャープな印象で、少し細いように感じる。
追い切りがしっかり出来ていて、当日のパドックが良ければ良化かもしれないが。

①★(想定)
②-
③▲神戸1着
④▲
⑤3★
⑥★
⑦★▲
⑧★6

データ的には優勝候補として最有力馬。

◆ディーマジェスティ (蛯名)
牡3歳、鹿毛、美浦・二ノ宮厩舎(10月12日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ブライアンズタイム

毛艶ピカピカ、パンパンの張り、筋肉の輪郭はくっきり。
ただ、このままでは太め感を否めない。
今週の追い切りでしっかり絞れたら、おそらく素晴らしい馬体になるだろう。
負けん気の強そうなキリとした目つきにも闘士を感じる。

①×(想定)
②×2人
③▲セントライト1着
④×
⑤6△
⑥★
⑦×
⑧★7

データ的には厳しいものもあるが、仕上がりと実績からは有力馬。

◆レッドエルディスト (四位)
牡3歳、芦毛、栗東・笹田厩舎(10月12日撮影)
父:ゼンノロブロイ
母父:ダルシャーン

芦毛なので、毛艶は良くわからないが、張りは上々、ふっくらとした仕上がり。
筋肉量も豊富で、バネのありそうな馬体。
胴は長めなので、体形的には長距離もこなせそう。
好仕上がりと映る。

①×(想定)
②★▲5人
③▲神戸3着
④▲
⑤7△
⑥★
⑦×
⑧★6

◆カフジプリンス (岩田)
牡3歳、栗毛、栗東・矢作厩舎(10月12日撮影)
父:ハーツクライ
母父:シンボリクリスエス

毛艶ピカピカ、張りも上々。筋肉の盛り上がりもくっきり。
バランス的には胴が長く、長距離には向きそう。
体調は良いと思う。

①×(想定)
②★▲4人
③▲神戸4着
④×
⑤1★
⑥★
⑦×
⑧×15

◆ミッキーロケット (和田)
牡3歳、鹿毛、栗東・音無厩舎(10月13日撮影)
父:キングカメハメハ
母父:ピヴォタル

毛艶ピカピカ、張りも上々。筋肉も立派で身が詰まった馬体。
うっすらアバラが浮いて仕上がり度も高いだろう。
今ひとつパワフルに映らないのは何故か?

①×(想定)
②×3人
③▲神戸2着
④×
⑤8△
⑥★
⑦★▲
⑧×10

◆ウムブルフ (浜中)乗り替わり
牡3歳、青鹿毛、美浦・堀厩舎(10月12日撮影)
父:ディープインパクト
母父:モンズーン

毛艶ピカピカ、張りも上々、筋肉の輪郭もくっきり。
非常に体調は良さそう。
全体的に多少緩いが、追い切り後完成。
迫力はあまり感じないが、堅実さを感じられる仕上がり。

①×(想定)
②×10人
③▲札幌日刊S
④×
⑤10△
⑥×
⑦×
⑧×8

◆レインボーライン (福永)
牡3歳、鹿毛、栗東・浅見厩舎(10月12日撮影)
父:ステイゴールド
母父:フレンチデピュティ

毛艶よく張りもパンパン。筋肉の輪郭はくっきり。
うっすらアバラが浮いて、仕上がり度も高い。
全滝的にまだ余裕があるので、しっかり追い切りして完成。

①×(想定)
②△9人
③▲札幌記念3着
④×
⑤11▲
⑥★
⑦×
⑧×12

◆エアスピネル (武豊)
牡3歳、栗毛、栗東・笹田厩舎(10月12日撮影)
父:キングカメハメハ
母父:サンデーサイレンス

毛艶ピカピカ、張りも上々、筋肉の輪郭もくっきり。
多少緩いが、非常に良い成長と仕上がりではないかと思う。
バランス手的のも良いが、あとひと絞り必要。

①×(想定)
②★▲6人
③▲神戸5着
④×
⑤13▲
⑥★
⑦×
⑧★7

◆プロディガルサン (田辺)
牡3歳、鹿毛、美浦・国枝厩舎(10月12日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ストームキャット

毛艶は良さそう、バランス良くすっきりとした仕上がり。
落ち着いているのは好印象だが、少し大人しい印象も。
軽めの馬場で条件が良ければ、というところか。

①×(想定)
②×11人
③▲セントライト3着
④×
⑤16▲
⑥★
⑦×
⑧★6

データ的にはセントライト組は若干割り引きかとも思うが、
ディーマジェスティと0.2秒差の3着。

◆ジュンヴァルカン (M.デムーロ)乗り替わり
牡3歳、鹿毛、栗東・友道厩舎(10月12日撮影)
父:ネオユニヴァース
母父:エンドスウォープ

毛艶も張りも上々。筋肉の盛り上がりも立派。
全滝的に緩くまだ重たそうだがバランスは非常に良い。
追い切り後には完成。

①×(想定)
②★▲8人
③▲三田特別1着
④×
⑤17△
⑥×だが、デムーロへの乗り替わりなので。
⑦×
⑧★7

◆ジュベルミエール(北村宏)
牡3歳、栗毛、美浦・木村厩舎
父:ステイゴールド
母父:クロフネ

①×(想定)
②★▲7人
③▲兵庫特別1着
④×
⑤4★
⑥★
⑦★▲
⑧★7

◆マウントロブソン (未定)
牡3歳、芦毛、美浦・堀厩舎(10月12日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ミスターグリーリー

芦毛なのでわかりにくいが、ふっくらとして張り良く筋肉量も豊富。
パワフルに映るが、全体的にまだ少し緩い。

①×(想定)
②×12人
③▲セントライト7着
④×
⑤18△
⑥×
⑦×
⑧×8

◆アグネスフォルテ(松山)
牡3歳、栗毛、栗東・長浜厩舎
父:ハービンジャー
母父:フレンチデピュティ

①×(想定)
②×17人
③★神戸7着
④×
⑤14▲
⑥★
⑦×
⑧×11

フォトパドックは、G1の割にはあまり良くない印象。

印象的には、レインボーラインがピカピカで体調良いだろうが、
少し太め。調教良ければ好走の可能性あり。

カフジプリンスとシュベルミエールも仕上がり良いと思うが、
まだ少し幼い印象。

血統的にも注目の、
ゼンノロブロイ産駒のレッドエルディストは芦毛でわかりにくいが、
高仕上がりと思う。

マンハッタンカフェ産駒も注目ですが、イモータルのみ。

<予想>

1着:③サトノダイヤモンド
2着:④シュベルミエール
3着:⑪レインボーライン

その他有力馬
⑦レッドエルディスト
⑧ミッキーロケット
①カフジプリンス

ディーマジェスティについては強いとは思うし、
来ると思う人は買ってください。

 

第50回 スプリンターズステークス(GI) フォトパドック評価&考察(枠決定後)


人気ブログランキングへ
ランキングがなかなか上がらないので、クリック応援してくださると嬉しいです。m( )m

第50回 スプリンターズステークス(GI) フォトパドック評価&考察(枠決定後)
サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン 定量
中山1200m 芝・右 外

秋のG1戦線の幕開け。
国内外の実力馬が参戦しての秋のスプリント王決定戦。
今年は外国馬の参戦はないようですね。

JRAのデータよりポイントも付けていきたいと思いますが、
馬番と人気がわからないと判定できない項目が多いです。
とりあえずアップしますが、わかり次第追加&修正していきます。

①7月以降の出走回数が1回が優勢。優勝馬の7/10。

②1・2番人気の連対率は50%以上。

③3着馬は、5番人気以下から10/10。2桁人気の好走も目立つ。

④13~16番の外枠有利。5/10が優勝馬。

⑤連対率・3着内で見ると、次点は1~4番の内枠。

⑥高松宮参戦馬、1~3着の連対率は25%。

⑦4~6着馬の3着以内が2、2桁人気の3着以内が3.巻返しアリ。

⑧優勝馬が、3走以内の1200で単勝1番人気が5/5.

1.◆ビッグアーサー
牡5歳、鹿毛、栗東・藤岡健厩舎(9月21日撮影)
父:サクラバクシノー
母父:キングマンボ

毛艶も張りも素晴らしい。
筋肉の輪郭もくっきりで、いかにもバネを感じさせる馬体。
太めではあるが、この馬は太めでも走る。
穏やかながらキリっとして済んだ目が印象的で高貴な顔付き。

①★1回
②★
③-
④×
⑤▲複勝圏内該当
⑥★1着
⑦-
⑧★★★

2.◆ブランボヌール
牝3歳、芦毛、栗東・中竹厩舎(9月21日撮影)
父:ディープインパクト
母父;サクラバクシンオー

芦毛はわかりにくいが、ふっくらしあがっていて張りは上々。
筋肉の輪郭もくっきりしていて、バランスも非常によい。
顔付もキリっとして、好印象。

①★1回
②×
③△4番人気
④×
⑤▲複勝圏内該当
⑥未出走
⑦未出走
⑧×

3.◆ティーハーフ
牡6歳、栗毛、栗東・西浦厩舎(フォトパドック無し)
父:ストーミングホーム
母父:Green Desert

①★1回
②×
③▲3着候補該当
④×
⑤▲複勝圏内該当
⑥×6着
⑦×
⑧×

4.◆ソルヴェイグ
牝3歳、栗毛、栗東・鮫島厩舎(9月21日撮影)
父:ダイワメジャー
母父:ジャングルポケット

すっきりと仕上がった印象。
スプリンターにしては少し細く感じるが、カチとまとまった感あり。
コンパクトな仕上がりではあるが、迫力にはイマイチ欠ける。

①★1回
②×
③▲3着候補該当
④×
⑤▲複勝圏内該当
⑥未出走
⑦未出走
⑧×

5.◆シュウジ
牡3歳、鹿毛、栗東・須貝尚厩舎(9月21日撮影)
父:キンシャサノキセキ
母父:キングマンボ

毛艶も良さそうだし、パンパンの張り。
はち切れそうな馬体で、バネとパワーを感じる馬体。
まだ余裕残しだが、元気は良さそうで追い切り後には完成。
賢そうだがまだやんちゃな顔付きに将来も楽しみ。

①★1回
②×
③▲3着候補該当
④×
⑤△5番
⑥未出走
⑦未出走
⑧★

6.◆ベルカント
牝5歳、栗毛、栗東・角田厩舎(9月21日撮影)
父:サクラバクシンオー
母父:ボストンハーバー

こちらは、またすっきりとした仕上がり。
充実感は感じるが、バランス的には胴が細く腰がくびれている。
他の馬に比べると細い感じはするが、バネを感じる。
顔付もすっきりしていて元気は良さそ。

①×3回
②×
③▲3着候補該当
④×
⑤×
⑥未出走
⑦未出走
⑧★★

7.◆スノードラゴン
牡8歳、芦毛、美浦・高木登厩舎(9月21日撮影)
父:アドマイヤコジーン
母父:タヤスツヨシ

8歳ともなると真っ白に。
この馬は、年を感じさせない、あまり変化のない馬体。
ふっくらして充実感あり、まだまだ走れそうな印象はある。

①▲2回
②×
③▲3着候補該当
④×
⑤×
⑥×7着
⑦△
⑧×

8.◆サクラゴスペル
牡8歳、黒鹿毛、美浦・尾関厩舎(9月21日撮影)
父:サクラプレジデント
母父:キュアザブルーズ

天光の加減か毛艶まあまあ、張りもまあまあ。
少しのっぺりした感じはあるが、悪くない。

①×0回
②×
③▲3着候補該当
④×
⑤×
⑥×17着
⑦△
⑧×

9.◆サトノルパン
牡5歳、黒鹿毛、栗東・村山厩舎(フォトパドック無し)
父:ディープインパクト
母父:ダンシングブレーヴ

①★1回
②×
③▲3着候補該当
④×
⑤×
⑥×18着
⑦△
⑧×

10.◆レッドアリオン
牡6歳、鹿毛、栗東・橋口橋厩舎(フォトパドック無し)
父:アグネスタキオン
母父:ダンシングブレーヴ

①×2回
②×
③▲3着候補該当
④×
⑤×
⑥未出走
⑦未出走
⑧×

11.◆ダンスディレクター
牡6歳、鹿毛、栗東・笹田厩舎(9月21日撮影)
父:アルデバランⅡ
母父:サンデーサイレンス

毛艶も張りも上々。
少し太めだが、バランスは良く、腰も高い。
負けん気の強そうな目つきには闘士を感じる。

①★1回
②×
③×
④×
⑤×
⑥未出走
⑦未出走
⑧▲4走前のCBCで1番人気

12.◆レッツゴードンキ
牝4歳、栗毛、栗東・梅田智厩舎(9月21日撮影)
父:キングカメハメハ
母父:マーベラスサンデー

天光の加減で毛艶はあまり良くは映っていないが悪くない
すっきりした印象はあるが、牝馬とは思えないトモの深さ。
パドックでもう少し迫力を感じられれば。

①★1回
②×
③▲3着候補該当
④×
⑤△
⑥×8着
⑦▲
⑧×

13.◆レッドファルクス
牡5歳、芦毛、美浦・尾関厩舎(9月21日撮影)
父:スウェプトオーヴァーボード
母父:サンデーサイレンス

これも芦毛でよくわからない。
ふっくらしているとは思うし、張りも良さそうだが。

①★1回
②×
③▲3着候補該当
④★
⑤-
⑥未出走
⑦未出走
⑧×

14.◆ウリウリ
牝6歳、青毛、栗東・藤原厩舎(フォトパドック無し)
父:ディープインパクト
母父:フレンチデピュティ

①★1回
②×
③▲3着候補該当
④★
⑤-
⑥×9着
⑦▲
⑧×

15.◆ミッキーアイル
牡5歳、鹿毛、栗東・音無厩舎(9月21日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ロックオブジブラルタル

毛艶も張りも上々。
皮膚は薄そうで、筋肉の輪郭はくっきり。
全体的に多少緩いが、完成度としては高いだろう。
立ち姿も、キリっとシャキっとスマート。

①×0回
②★
③-
④★
⑤-
⑥★2着
⑦-
⑧★

16.◆ネロ
牡5歳、栗毛、栗東・森厩舎(9月21日撮影)
父:ヨハネスブルグ
母父:サンデーサイレンス

毛艶も張りも非常に良く、身が詰まった充実した馬体。
筋肉の輪郭もくっきりで、迫力ある立ち姿。
全体的にまだ余裕残しだが、追い切り後には完成だろう。

①×2回
②×
③▲3着候補該当
④★
⑤-
⑥未出走
⑦未出走
⑧★

今回、逃げない宣言したビッグアーサーが最内へ、逃げたいミッキーアイルが大外へ。
どうしてもJRAの意図を感じてしまいますが、気のせいでしょうか。

データからは、総合的な優勝候補は、天栄仕上げのミッキーアイル。
相手は、やはりビッグアーサー。

3着候補は、非常に難しいですね・・・

データ的な消し馬としては、
1.人気薄
・ティーハーフ

2.人気薄の休み明け
・サクラゴスペル
・レッドファルクス

3.2キロ以上の斤量増
・シュウジ
・ブランボヌール

とすると、

前走セントウルステークスデビッグアーサーに迫ったネロが一番近いか。
ただ、ネロがセントウルSをメイチ仕上げしていたとしたら、
それに次ぐ、スノードラゴン、レッドアリオン、ダンスディレクターあたりも
有力候補となってくる。
ビッグアーサーとネロの差は1馬身あるが、ネロとダンスディレクターまでは
クビ・ハナ差ばかりでわずか0.2秒差。

もし、牝馬が入るとしたら・・・

データ的には人気のついているブランボヌールですが、
これは、前走の勝ち方が鮮やか過ぎて、記憶に残っている影響が大きいかも。

前走ブランボヌールに0.3秒差で4着のソルヴェイグが2桁人気想定、
0.2秒差3着ののレッツゴードンキも7・8番人気想定、

ということからも
人気はあまり関係ないと考えてもよいか。

牝馬の人気薄&近走不振は来ないという消し馬データには逆らいますが、
戸崎を戻したウリウリが気になります。セントウルSでネロとの差は0.2秒差。
最速のアガリタイムですから外から飛んでくるイメージは湧きます。
調教次第ではありますが。

あとは、引退レースのベルカント。キツめの調教をしている理由は?
できれば蛯名ではなく武さんに乗ってほしかったなと。
キツめの調教は、道悪も想定して、怪我をさせないよう慣れさせた。
武⇒蛯名は、勝とうと思っていない。
とすると消しでもよいか。

その武さんは、戸崎からの乗り替わりでブランボヌールへ。

総合的に考えて、3着候補は、

・ネロ
・スノードラゴン
・レッドアリオン
・ウリウリ
・レッツゴードンキ

あたりの中から、調教の良い馬を選ぶことになるか。

 

第20回 シリウスステークス(GIII) 枠決定後の再考察&1点予想!


人気ブログランキングへ
ランキングがなかなか上がらないので、クリック応援してくださると嬉しいです。m( )m

第20回 シリウスステークス(GIII) 枠決定後の再考察&1点予想!
サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン ハンデ
阪神2000m ダート・右

前回、JRAのデータを元に考察した結果は、

・アポロケンタッキー
・マスクゾロ
・ピオネロ
・ランウェイワルツ(穴馬)

次点では、

・キョウエイギア
・ミツバ

という感じでした。

枠決定したので、再考察します。

芝スタート後に平坦な馬場を走るので、前半3ハロンは速くなる傾向で、
差しが決まりやすい。

馬番で言うと、2~4番が狙い目で、後入れの偶数番の方が有利ではあるが、
11頭立てなので、あまり関係ないかもしれないが、

該当する有力馬は、キョウエイギア。
ですが、本来複勝率の乗り替わり。
ただし、戸崎⇒M.デムーロ ですから、ココは割引かなくてもよいだろう。

困ったことに、先日の考察の有力馬の3頭が該当する消しデータが存在します。
それは、休み明けが全く走らないレースだということ。

中9周以上馬は、1-6-2-34
そのうち、前走が重賞以外であれば、0-0-0-15

という非常に痛いデータに引っかかってしまったのが、なんと・・・

×アポロケンタッキー
×マスクゾロ
×ランウェイワルツ

そして、1着候補にしようとしていたマスクゾロですが、最内を引いたので、
おそらく逃げるのはこの馬になってしまう予想が立ちますが、

逃げは、0-0-0-5

これはちょっと買えないというデータです。
乗り替わりが無いのはデータ的には良いのですが。。

消し馬データを考慮した結果残るのが、

・ピオネロ
・キョウエイギア
・ミツバ

この3頭。

データ的に乗り替わりの無い偶数馬番のピオネロを優勝候補。

キョウエイギアは、枠も良く偶数馬番ですが、JRAデータではピオネロが上。
前走り地方選出馬で、データ的には0-2-0-7 ということで2着候補。

ミツバも大外は有利とは言えませんが、前走最速の上がりタイムは
31.3%の連対率、56.3%の複勝率ということで、3着候補。

ということで、1点予想は、ガラっと変わりますが、

1着:ピオネロ
2着:キョウエイギア
3着:ミツバ

個人的には福永騎手の優勝があまりイメージできないのですが、(笑)
ココは頑張ってもらいましょう。^^

 

データポイント評価~第61回 京王杯スプリングカップ(GII)

第61回 京王杯スプリングカップ(GII)

S:①⑬
B:⑥⑯
C:④⑤⑦⑧⑨⑩⑪⑭⑮

 

データポイント評価~第153回 天皇賞(春)(GI)

第153回 天皇賞(春)(GI)

S:②⑧
A:①⑭
B:⑥
C:③⑤⑩⑪⑮⑰⑱

 

データポイント評価~第13回 福島牝馬ステークス(GIII)

第13回 福島牝馬ステークス(GIII)

S:⑫
A:⑥
B:③⑯
C:①②⑦⑨⑩⑪

 

データポイント評価~第76回 皐月賞(GI)

第76回 皐月賞(GI)

S:③
A:⑮
B:⑪⑬⑯⑱
C:④⑤⑦⑭

調教からのイチオシは5番人気前後。
思ったより配当が付く可能性も。

 

データポイント評価~第21回 アンタレスステークス(GIII)

第21回 アンタレスステークス(GIII)

S:③
A:⑮
B:⑨
C:①④⑤⑦⑧⑪⑭⑯

調教からも血統からも③ロワジャルダンが有力。

あとは、調教と関東馬で人気を落としている⑮ショウナンアポロンに注目。

1番人気の⑨アウォーディーの評価も悪くないが、飛んだら高配当の可能性あり。

 

データポイント評価~第76回 桜花賞(GI)

第76回 桜花賞(GI)

S:⑪⑮
A:⑤⑬
C:②③⑦⑩⑫⑯