(フォトパドック評価), (ポイント式データ予想最終結論)

第50回 スプリンターズステークス(GI) フォトパドック評価&考察(枠決定後)


人気ブログランキングへ
ランキングがなかなか上がらないので、クリック応援してくださると嬉しいです。m( )m

第50回 スプリンターズステークス(GI) フォトパドック評価&考察(枠決定後)
サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン 定量
中山1200m 芝・右 外

秋のG1戦線の幕開け。
国内外の実力馬が参戦しての秋のスプリント王決定戦。
今年は外国馬の参戦はないようですね。

JRAのデータよりポイントも付けていきたいと思いますが、
馬番と人気がわからないと判定できない項目が多いです。
とりあえずアップしますが、わかり次第追加&修正していきます。

①7月以降の出走回数が1回が優勢。優勝馬の7/10。

②1・2番人気の連対率は50%以上。

③3着馬は、5番人気以下から10/10。2桁人気の好走も目立つ。

④13~16番の外枠有利。5/10が優勝馬。

⑤連対率・3着内で見ると、次点は1~4番の内枠。

⑥高松宮参戦馬、1~3着の連対率は25%。

⑦4~6着馬の3着以内が2、2桁人気の3着以内が3.巻返しアリ。

⑧優勝馬が、3走以内の1200で単勝1番人気が5/5.

1.◆ビッグアーサー
牡5歳、鹿毛、栗東・藤岡健厩舎(9月21日撮影)
父:サクラバクシノー
母父:キングマンボ

毛艶も張りも素晴らしい。
筋肉の輪郭もくっきりで、いかにもバネを感じさせる馬体。
太めではあるが、この馬は太めでも走る。
穏やかながらキリっとして済んだ目が印象的で高貴な顔付き。

①★1回
②★
③-
④×
⑤▲複勝圏内該当
⑥★1着
⑦-
⑧★★★

2.◆ブランボヌール
牝3歳、芦毛、栗東・中竹厩舎(9月21日撮影)
父:ディープインパクト
母父;サクラバクシンオー

芦毛はわかりにくいが、ふっくらしあがっていて張りは上々。
筋肉の輪郭もくっきりしていて、バランスも非常によい。
顔付もキリっとして、好印象。

①★1回
②×
③△4番人気
④×
⑤▲複勝圏内該当
⑥未出走
⑦未出走
⑧×

3.◆ティーハーフ
牡6歳、栗毛、栗東・西浦厩舎(フォトパドック無し)
父:ストーミングホーム
母父:Green Desert

①★1回
②×
③▲3着候補該当
④×
⑤▲複勝圏内該当
⑥×6着
⑦×
⑧×

4.◆ソルヴェイグ
牝3歳、栗毛、栗東・鮫島厩舎(9月21日撮影)
父:ダイワメジャー
母父:ジャングルポケット

すっきりと仕上がった印象。
スプリンターにしては少し細く感じるが、カチとまとまった感あり。
コンパクトな仕上がりではあるが、迫力にはイマイチ欠ける。

①★1回
②×
③▲3着候補該当
④×
⑤▲複勝圏内該当
⑥未出走
⑦未出走
⑧×

5.◆シュウジ
牡3歳、鹿毛、栗東・須貝尚厩舎(9月21日撮影)
父:キンシャサノキセキ
母父:キングマンボ

毛艶も良さそうだし、パンパンの張り。
はち切れそうな馬体で、バネとパワーを感じる馬体。
まだ余裕残しだが、元気は良さそうで追い切り後には完成。
賢そうだがまだやんちゃな顔付きに将来も楽しみ。

①★1回
②×
③▲3着候補該当
④×
⑤△5番
⑥未出走
⑦未出走
⑧★

6.◆ベルカント
牝5歳、栗毛、栗東・角田厩舎(9月21日撮影)
父:サクラバクシンオー
母父:ボストンハーバー

こちらは、またすっきりとした仕上がり。
充実感は感じるが、バランス的には胴が細く腰がくびれている。
他の馬に比べると細い感じはするが、バネを感じる。
顔付もすっきりしていて元気は良さそ。

①×3回
②×
③▲3着候補該当
④×
⑤×
⑥未出走
⑦未出走
⑧★★

7.◆スノードラゴン
牡8歳、芦毛、美浦・高木登厩舎(9月21日撮影)
父:アドマイヤコジーン
母父:タヤスツヨシ

8歳ともなると真っ白に。
この馬は、年を感じさせない、あまり変化のない馬体。
ふっくらして充実感あり、まだまだ走れそうな印象はある。

①▲2回
②×
③▲3着候補該当
④×
⑤×
⑥×7着
⑦△
⑧×

8.◆サクラゴスペル
牡8歳、黒鹿毛、美浦・尾関厩舎(9月21日撮影)
父:サクラプレジデント
母父:キュアザブルーズ

天光の加減か毛艶まあまあ、張りもまあまあ。
少しのっぺりした感じはあるが、悪くない。

①×0回
②×
③▲3着候補該当
④×
⑤×
⑥×17着
⑦△
⑧×

9.◆サトノルパン
牡5歳、黒鹿毛、栗東・村山厩舎(フォトパドック無し)
父:ディープインパクト
母父:ダンシングブレーヴ

①★1回
②×
③▲3着候補該当
④×
⑤×
⑥×18着
⑦△
⑧×

10.◆レッドアリオン
牡6歳、鹿毛、栗東・橋口橋厩舎(フォトパドック無し)
父:アグネスタキオン
母父:ダンシングブレーヴ

①×2回
②×
③▲3着候補該当
④×
⑤×
⑥未出走
⑦未出走
⑧×

11.◆ダンスディレクター
牡6歳、鹿毛、栗東・笹田厩舎(9月21日撮影)
父:アルデバランⅡ
母父:サンデーサイレンス

毛艶も張りも上々。
少し太めだが、バランスは良く、腰も高い。
負けん気の強そうな目つきには闘士を感じる。

①★1回
②×
③×
④×
⑤×
⑥未出走
⑦未出走
⑧▲4走前のCBCで1番人気

12.◆レッツゴードンキ
牝4歳、栗毛、栗東・梅田智厩舎(9月21日撮影)
父:キングカメハメハ
母父:マーベラスサンデー

天光の加減で毛艶はあまり良くは映っていないが悪くない
すっきりした印象はあるが、牝馬とは思えないトモの深さ。
パドックでもう少し迫力を感じられれば。

①★1回
②×
③▲3着候補該当
④×
⑤△
⑥×8着
⑦▲
⑧×

13.◆レッドファルクス
牡5歳、芦毛、美浦・尾関厩舎(9月21日撮影)
父:スウェプトオーヴァーボード
母父:サンデーサイレンス

これも芦毛でよくわからない。
ふっくらしているとは思うし、張りも良さそうだが。

①★1回
②×
③▲3着候補該当
④★
⑤-
⑥未出走
⑦未出走
⑧×

14.◆ウリウリ
牝6歳、青毛、栗東・藤原厩舎(フォトパドック無し)
父:ディープインパクト
母父:フレンチデピュティ

①★1回
②×
③▲3着候補該当
④★
⑤-
⑥×9着
⑦▲
⑧×

15.◆ミッキーアイル
牡5歳、鹿毛、栗東・音無厩舎(9月21日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ロックオブジブラルタル

毛艶も張りも上々。
皮膚は薄そうで、筋肉の輪郭はくっきり。
全体的に多少緩いが、完成度としては高いだろう。
立ち姿も、キリっとシャキっとスマート。

①×0回
②★
③-
④★
⑤-
⑥★2着
⑦-
⑧★

16.◆ネロ
牡5歳、栗毛、栗東・森厩舎(9月21日撮影)
父:ヨハネスブルグ
母父:サンデーサイレンス

毛艶も張りも非常に良く、身が詰まった充実した馬体。
筋肉の輪郭もくっきりで、迫力ある立ち姿。
全体的にまだ余裕残しだが、追い切り後には完成だろう。

①×2回
②×
③▲3着候補該当
④★
⑤-
⑥未出走
⑦未出走
⑧★

今回、逃げない宣言したビッグアーサーが最内へ、逃げたいミッキーアイルが大外へ。
どうしてもJRAの意図を感じてしまいますが、気のせいでしょうか。

データからは、総合的な優勝候補は、天栄仕上げのミッキーアイル。
相手は、やはりビッグアーサー。

3着候補は、非常に難しいですね・・・

データ的な消し馬としては、
1.人気薄
・ティーハーフ

2.人気薄の休み明け
・サクラゴスペル
・レッドファルクス

3.2キロ以上の斤量増
・シュウジ
・ブランボヌール

とすると、

前走セントウルステークスデビッグアーサーに迫ったネロが一番近いか。
ただ、ネロがセントウルSをメイチ仕上げしていたとしたら、
それに次ぐ、スノードラゴン、レッドアリオン、ダンスディレクターあたりも
有力候補となってくる。
ビッグアーサーとネロの差は1馬身あるが、ネロとダンスディレクターまでは
クビ・ハナ差ばかりでわずか0.2秒差。

もし、牝馬が入るとしたら・・・

データ的には人気のついているブランボヌールですが、
これは、前走の勝ち方が鮮やか過ぎて、記憶に残っている影響が大きいかも。

前走ブランボヌールに0.3秒差で4着のソルヴェイグが2桁人気想定、
0.2秒差3着ののレッツゴードンキも7・8番人気想定、

ということからも
人気はあまり関係ないと考えてもよいか。

牝馬の人気薄&近走不振は来ないという消し馬データには逆らいますが、
戸崎を戻したウリウリが気になります。セントウルSでネロとの差は0.2秒差。
最速のアガリタイムですから外から飛んでくるイメージは湧きます。
調教次第ではありますが。

あとは、引退レースのベルカント。キツめの調教をしている理由は?
できれば蛯名ではなく武さんに乗ってほしかったなと。
キツめの調教は、道悪も想定して、怪我をさせないよう慣れさせた。
武⇒蛯名は、勝とうと思っていない。
とすると消しでもよいか。

その武さんは、戸崎からの乗り替わりでブランボヌールへ。

総合的に考えて、3着候補は、

・ネロ
・スノードラゴン
・レッドアリオン
・ウリウリ
・レッツゴードンキ

あたりの中から、調教の良い馬を選ぶことになるか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Comment





Comment