2016-10

第7回 みやこステークス(GIII) フォトパドック評価


人気ブログランキングへ
ランキングがなかなか上がらないので、クリック応援してくださると嬉しいです。m( )m

第7回 みやこステークス(GIII) フォトパドック評価
サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン 別定
京都1800m ダート・右

<JRAデータ>

秋のダート戦線のクライマックス、チャンピオンズCの前哨戦。
2010根からと歴史は浅いが、ダートチャンピオン決定戦を展望する重要な一戦。

①直近の4走で、1・2番人気だった馬が、優勝。
 1番人気だった馬の複勝率も50%。
 3番人気以下だった馬の複勝率は、0%⇒消しデータ

②4走前までに優勝の無いかった馬の優勝は無し。

③前走4コーナーの位置取りは、2・3番手組が好走。
 前走先行馬が優勢。

④前走、1番人気だった馬の連対率は50%

⑤2番人気以下では、人気と同じ着順、もしくは人気より着順が低かった馬が好走。
 人気より着順が上だった馬の連対は無し。

⑥3走以内に2勝をあげた馬が強い。優勝候補データ

<京都ダート1800データ>

1コーナーまで286mで、コーナーを4つ回るコース。
ダート1800の日本レコードが出ており、速い時計が出る。

内枠の逃げ・先行馬が有利。
人気薄でも逃げ馬には注意が必要。
外枠から、外外回らせられた馬は苦戦傾向。

2・3歳の上級戦の場合、テン争うが激化し、他レースと異なり差し・追い込み有利。

種牡馬ではカネヒキリが好成績。

◆アスカノロマン
牡5歳、栗毛、栗東・川村厩舎(10月26日撮影)
父:アグネスデジタル
母父:ダバスコキャット

天光の加減か毛艶はイマイチだが、筋肉質のがっしりした馬体。
お腹がぽってりして、多少緩いが、仕上がるだろう。

◆インカンテーション
牡6歳、鹿毛、栗東・羽月厩舎(10月26日撮影)
父:シニスターミニスター
母父:マキアヴェリアン

毛艶良く、パンパンの張り。筋肉量も豊富でパワフル。
全体的に余裕があるが、ダートだし、追い切り前なのでこれで良いのだろう。
迫力あり、非常に良いのでは?

◆キョウエイギア
牡3歳、鹿毛、栗東・矢作厩舎(10月26日撮影)
父:ディープスカイ
母父:パラダイスクリーク

毛艶も張りも上々、筋肉の輪郭くっきりで、バネのありそうな馬体。
多少緩いが、うっすらアバラが浮いて、完成度も高い。
キリっとしてスッキリした顔付きも好感が持てる。

◆グレンツェント
歳、鹿毛、美浦・加藤征厩舎(10月27日撮影)
父:ネオユニヴァース
母父:キングマンボ

毛艶ピカピカ、張りも上々。筋肉もしっかり付いてカッチリまとまった感あり。
小柄に見えるので、1800がどうかと思うが、身が詰まって元気はよさそう。

◆ロワジャルダン
牡5歳、鹿毛、美浦・戸田厩舎(10月26日撮影)
父:キングカメハメハ
母父:サンデーサイレンス

毛艶は良いが、少しガレが感あり、印象としてはイマイチだが。
毛艶の良さから、体調は悪くないと思う。

◆ラニ
牡3歳、芦毛、栗東・松永幹厩舎(10月26日撮影)
父:タピット
母父:サンデーサイレンス

芦毛なので、毛艶はわかりにくいが、張りは上々。
筋肉量も豊富で、ふっくらとして柔らかい輪郭は、柔軟性を感じさせる。
腰が高く、マイルっぽい体つきには見えるが、胴はゆったりとしている。
芦毛で、このくらい良く見えるのは珍しいので、おそらく非常に良い出来。

イチオシは、ラニをあげたい。
文句を付けるところがないが、芦毛ということで多少わかりにくい。
次点で、キョウエイギア。絞れたらインカンテーション。

2016-10-31 | Posted in (フォトパドック評価)No Comments » 

 

第154回 天皇賞(秋)(GI) フォトパドック評価&データ考察&予想


人気ブログランキングへ
ランキングがなかなか上がらないので、クリック応援してくださると嬉しいです。m( )m

第154回 天皇賞(秋)(GI) フォトパドック評価&データ考察&予想
サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン 定量
東京2000m 芝・左

過去10年では、4/10が1番人気。
ジャパンカップ、有馬記念へと続く中距離G1戦線の幕開けレース。

①単勝1番人気は、4-2-2-2で、勝率40%、連対率60%、複勝率80%

②5番人気の勝率も高く、4-0-0-6
適性と地力を評価出来る中穴の活躍にも期待できる。
1・2番も、2-2-1-15

③単勝10倍台の馬の活躍も目立つ、4-1-1-12

④×15番より外枠の連対は厳しい。
好成績は、7・8番で、2-3-2-13

⑤4・5歳馬が好走、9-8-5-68
それ以外の優勝はほぼ無く、6歳以上の連対もほぼ無い。

⑥前走宝塚記念の馬が好走、2-3-1-13
毎日王冠組も好走、6-4-3-49
それ以外のG2からの成績はイマイチ。

⑦ただし、3歳は、セントライト記念・神戸新聞杯からは、3/3複勝圏内。

⑧3走前までにG3またはオープン特別で2着以内馬が3連勝中。

⑨外人騎手

<東京芝2000コース>

1コーナーのポケットからスタートして左回り。
2コーナーまでの先行争いがポイントで、内枠が有利ではあるが、6枠は好成績で、7・8枠は厳しい傾向。
クラスが上がると差し馬の好走が増え、スローに流れても逃げ残りは厳しい。
ヴィクトワールピサ産駒の成績が良い。
外人騎手の好騎乗が目立ち、R.ムーア、C。ルメールの複勝率は50%以上。

◆モーリス
牡5歳、鹿毛、美浦・堀厩舎(10月19日撮影)
父:スクリーンヒーロー
母父:カーネギー

毛艶も張りも上々。カチっとまとまった感あり。
うっすらアバラが浮いて、筋肉の輪郭もくっきりで、仕上がり度は高いだろう。
バランス的には首が太く、安定感あり、どっしりとした立ち姿。
しっかりとした顔付で、パワーを感じるもの好気配と見る。

①-
②▲★
③-4.3
④▲★8
⑤▲★5
⑥△
⑦-
⑧△
⑨★

データ的には有力だが、東京2000ということでは取りこぼしそうな印象も。

◆ルージュバック
牝4歳、鹿毛、美浦・大竹厩舎(10月21日撮影)
父:マンハッタンカフェ
母父:オーサムアゲイン

毛艶も張りも筋肉も素晴らしい。
うっすらアバラが浮いて、仕上がりも万全。
いかにもバネがありそうで、非常に好調と見える。
キリっとして落ち着いた目も印象的で、馬体的には文句の付けようがない。

①×
②×
③-5.3
④▲9
⑤▲★4
⑥★▲毎日1
⑦-
⑧★★
⑨×

◆エイシンヒカリ
牡5歳、芦毛、栗東・坂口則厩舎(10月20日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ストームキャット

葦毛でわかりにくいが、毛艶はピカピカに映り、パンパンの張りと映る。
筋肉の輪郭もくっきりで、全体的に多少緩いが、完成度は高いだろう。
馬体からは問題ないと思われるが、逃げ切り不利なコースでどう立ちまわるか。

①★▲
②-
③-4.0
④▲1
⑤▲★5
⑥△
⑦-
⑧△
⑨×

◆ロゴタイプ
牡6歳、黒鹿毛、美浦・田中剛厩舎(10月19日撮影)
父:ローエングリン
母父:サンデーサイレンス

毛艶も張りも上々。筋肉慮うも豊富で、体調は良さそう。
全体的に余裕があるが、追い切り後には迫力のある仕上がりになると見る。
縦の比較では、いつもより余裕があるが迫力もある、というところか。

①×
②×
③×
④▲5
⑤×6
⑥▲毎日8
⑦-
⑧★★
⑨×

◆サトノクラウン
牡4歳、黒鹿毛、美浦・堀厩舎(10月19日撮影)
父:マルジュ
母父: Rossini

毛艶は良く、張りもまあまあ。
全体的にまだ余裕があって、スッキリ研ぎ澄まされた感は足りないが、
いつもの同じレベルは保っていると思う。

①×
②×
③△20.9
④△4
⑤▲★4
⑥▲宝塚8
⑦-
⑧△
⑨×

◆ラブリーデイ
牡6歳、黒鹿毛、栗東・池江寿厩舎(10月19日撮影)
父:キングカメハメハ
母父:ダンスインザダーク

キンカメ産駒にしては、あまり良く見えないタイプ。
天光の加減か、毛艶も張りも今ひとつに見える。
胴も太め感があり、現時点ではまだ及第点には足りないだろう。
ただ、いつも良く見えない馬なので、これでも走るのだろう。

①×
②★
③★10.7
④▲14
⑤×6
⑥△京都▲宝塚4
⑦-
⑧★★
⑨★

◆サトノノブレス
牡6歳、黒鹿毛、栗東・池江寿厩舎(10月19日撮影)
父:ディープインパクト
母父:トニービン

毛艶も張りも上々。筋肉量も豊富で迫力はある。
このままでは、太め感があるが、絞れればパワフルな馬体。
追い切り次第と思うが、気配は上々で要注意。

①×
②×
③×39.2
④★7
⑤×6
⑥△オール▲宝塚8
⑦-
⑧★★
⑨★

◆アドマイヤデウス
牡5歳、栗毛、栗東・橋田厩舎(10月19日撮影)
父:アドマイヤドン
母父:サンデーサイレンス

毛艶も張りも上々。体調は非常に良さそう。
胴が丸太のようで太めに映るが、体形もあるだろう。
パワーは感じるので、追い切り次第。

①×
②×
③×35.0
④▲6
⑤▲★5
⑥×
⑦-
⑧△
⑨×

◆ステファノス
牡5歳、鹿毛、栗東・藤原英厩舎(10月20日撮影)
父:ディープインパクト
母父:クロフネ

毛艶も張りも素晴らしく、筋肉の輪郭はくっきり。
キコウが抜けて、前腕の筋肉の盛り上がりは凄く、いかにもバネがありそう。
うっすらアバラが浮いて、多少余裕残しではあるが、完成度も高い。
負けん気の強そうな目つきも好印象。
ここ最近の縦の比較では非常に良い状態と思う。

①×
②×
③★12.2
④▲14
⑤▲★5
⑥▲★毎日5
⑦-
⑧★★
⑨×

◆リアルスティール
牡4歳、鹿毛、栗東・矢作厩舎(10月20日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ストームキャット

毛艶ピカピカ、パンパンの張り。筋肉量も豊富で元気いっぱい。
全体的にまだ余裕があるが、絞れれば好仕上がりだろう。
体調は良いだろうから、しっかりと追い切り出来れば。

①×
②△6
③★11.0
④▲12
⑤▲★4
⑥×
⑦-
⑧×
⑨★

◆アンビシャス
牡4歳、黒鹿毛、栗東・音無厩舎(10月19日撮影)
父:ディープインパクト
母父:エルコンドルパサー

毛艶も張りも上々。筋肉の輪郭もくっきり。
多少余裕残しではあるが、充実した馬体。
キリっとした顔付きも良いし、走るイメージが湧くのが良い感じ。

①×
②△4
③△6.3
④▲3
⑤▲★4
⑥▲★毎日2
⑦-
⑧★★
⑨×

◆クラレント×

①×
②×
③×164.6
④▲2
⑤×7⇒消しデータ
⑥▲毎日10
⑦-
⑧×
⑨×

◆カムフィー×

①×
②×
③×172.3
④▲10
⑤×7⇒消しデータ
⑥×
⑦-
⑧×
⑨×

◆ヒストリカル×

①×
②×
③×84.1
④▲10
⑤×7⇒消しデータ
⑥▲毎日3
⑦-
⑧罰
⑨×

◆ヤマカツエース

①×
②×
③×112.6
④▲13
⑤▲4
⑥×札幌5▲宝塚13
⑦-
⑧×
⑨×

フォトパドックでは、さすがにG1、どの馬も仕上げてきている。

モーリスは逞しくなった感あり、安定した状態で追い切り後完成。

追い切り前なので、余裕残しの状態が多い。

現時点での完成度含めてならば、イチオシは、
・ルージュバック
・ステファノス

同等の評価だが、完成度という意味ではルージュバックが上。

1番人気は好走するが、ここ5年では優勝は1/5、複勝率は4/5
リピーターレースなので、ラブリーデイ、ステファノスは要注意。

モーリスを何処まで信用するか、ということになるだろう。

4/5レースでグレイソヴリン系が3着以内に入っている。
今年の該当馬は、サトノノブレス。

<予想>

1着:ルージュバック
2着:モーリス
3着:ラブリーデイ

穴:
サトノクラウン
ステファノス

エイシンヒカリをどうするか?

 

保護中: Kの激走追い切り判定!~第154回 天皇賞(秋)(GI)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2016-10-30 | Posted in Kの激走追い切り判定 | コメントを読むにはパスワードを入力してください。 

 

保護中: Kの激走追い切り判定!~第59回 毎日放送賞スワンステークス(GII)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2016-10-29 | Posted in Kの激走追い切り判定 | コメントを読むにはパスワードを入力してください。 

 

保護中: Kの激そう追い切り判定!~第5回 アルテミスステークス(GIII)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2016-10-29 | Posted in Kの激走追い切り判定 | コメントを読むにはパスワードを入力してください。 

 

第5回 アルテミスステークス(GIII) 考察&予想


人気ブログランキングへ
ランキングがなかなか上がらないので、クリック応援してくださると嬉しいです。m( )m

第5回 アルテミスステークス(GIII) 考察&予想
サラ系2歳 (国際)牝(指定)オープン 馬齢
東京1600m 芝・左

2014年からG3に格付けされた重賞。
アユサン、レツゴードンキの優勝馬は、翌年の桜花賞でG1制覇した。
メジャーエンブレムも、阪神JF、NHKマイルとG1で2勝をあげている。

<JRA過去4年データ>

①3着以内馬の11/12は、キャリア2戦以上。

②3着以内馬の11/12は、JRA芝1600m以上のレースで優勝経験あり。

③×前走が2着以下で1着馬とのタイム差が0.3秒以上。

④前走4コーナーで4番手以内は優勝無し、複勝率も12.9%。

⑤3着以内馬の11/12は、中7週以内。

⑥低評価でも、芝1500m以上の重賞やオープン特別で好走した馬は穴。

<東京芝1600コース>

スタートは、2コーナーのポケットで、250m地点までは下りが続く。
3コーナーまではは550mほどの直線で、ポジション争いは激しくならず、
枠順の有利不利は少ない。

3コーナー手前で坂を上り、再度下りでコーナーになるので息が抜けない。
マイル戦ながらスタミナ消耗戦になり、上りが掛かる傾向。

逃げ切りには、スピード・中距離のスタミナが必要で、タフさが要求される。
差し馬有利で、メイショウサムソン産駒の成績良し。

(ネット競馬さんの現時点の予想オッズ)

1 フローレスマジック 2.0
2 リスグラシュー 3.7
3 シグルーン 6.8
4 サトノアリシア 8.2
5 トーホウアイレス 8.6
6 ヒストリア 17.0
7 アピールバイオ 19.1
8 ヴィーナスフローラ 39.8
9 ウインシトリン 63.6
10 パフォーム 117.3
11 マルモレイナ 122.2
12 ツヅク 130.2
13 ライジングリーズン 196.4
14 メローブリーズ 197.5
15 ハートオブスワロー 245.1
16 コーラルプリンセス 273.4
17 ブラックプール 362.7
18 トワイライトライフ 382.2
19 スズカゼ 390.6
20 クイントゥープル 399.4
21 アートオブダムール 555.4
22 ビーカーリー 602.5
23 ピアノイッチョウ 772.7

JRAのデータ考察をしてみる。

◆フローレスマジック
父:ディープインパクト
母父: Storm Cat

①▲
②▲
③▲
④△2
⑤▲
⑥-

前走は4馬身差の優勝。上り1位なので④はクリアではないか。

◆リスグラシュー
父:ハーツクライ
母父:American Post

①▲
②▲
③▲
④△4
⑤▲7
⑥-

前走は4馬身差のレコード勝ち。上り1位なので④はクリアではないか。

◆シグルーン×
父:アイルハヴアナガー
母父:ステイゴールド

①×⇒消しデータ
②▲
③▲
④×3⇒消しデータ
⑤▲7
⑥-

◆サトノアリシア×
父:ハービンジャー
母父:クロフネ

①▲
②▲
③▲
④×2⇒消しデータ
⑤×
⑥-

◆トーホウアイレス★
父:ハーツクライ
母父;サウスヴィグラス

①▲
②▲
③▲
④★▲8
⑤▲
⑥穴候補

◆ヒストリア⇒穴候補
父:ハーツクライ
母父:Mr. Greeley

①×⇒消しデータ
②▲
③▲
④★▲7
⑤▲
⑥穴候補

◆アピールバイオ×
父:ネオユニヴァース
母父:キングカメハメハ

①▲
②▲
③×⇒消しデータ
④×3⇒消しデータ
⑤▲

◆ヴィーナスフローラ×
父:ハーツクライ
母父:Kingmambo

①▲
②×⇒消しデータ
③×⇒消しデータ
④×4⇒消しデータ
⑤▲

◆ウインシトリン×
父:ステイゴールド
母父:マイネルラヴ

①▲
②▲
③×⇒消しデータ
④▲
⑤×⇒消しデータ

◆パフォーム⇒大穴候補
父:マツリダゴッホ
母父:アドマイヤコジーン

①▲
②▲
③▲
④△4
⑤▲
⑥穴候補

◆マルモレイナ×
父:エンパイアメーカー
母父:クロフネ

①▲
②×⇒消しデータ
③▲
④▲6
⑤▲

◆ツヅク×
父:マツリダゴッホ
母父:フサイチコンコルド

①×⇒消しデータ
②▲
③▲
④×1⇒消しデータ
⑤▲

◆ライジングリーズン⇒大穴候補
父:ブラックダイド
母父;キングカメハメハ

①×⇒消しデータ
②▲
③▲
④▲7
⑤▲
⑥穴候補

◆メローブリーズ×
父:スクリーンヒーロー
母父:エルコンドルパサー

①▲
②×⇒消しデータ
③×
④▲8
⑤×⇒消しデータ

◆ハートオブスワロー×
父:ハーツクライ
母父:デヒア

①▲
②▲
③×⇒消しデータ
④▲12
⑤▲

残ったのは、
◆フローレスマジック
◆リスグラシュー
◆トーホウアイレス★
◆ヒストリア⇒穴候補
◆パフォーム⇒大穴候補
◆ライジングリーズン⇒大穴候補

1番人気が入りやすいが紐荒れ傾向あり、2桁馬の好走もある。

9番人気以降で好走した馬の共通点は、母父大系ノーD系。
18番人気までの該当馬は、
1 フローレスマジック 2.0
4 サトノアリシア 8.2
11 マルモレイナ 122.2
12 ツヅク 130.2
15 ハートオブスワロー 245.1

1着馬も全て母父大系ノーD系ということから、
優勝候補は、ツヅクまでの4頭。

この中で残るのは、
1 フローレスマジック 2.0 のみ。

2・3着馬は、ミスプロ系が入ってくるが、該当馬が多すぎるので、
1~8番人気での該当馬は、
2 リスグラシュー 3.7
3 シグルーン 6.8
5 トーホウアイレス 8.6
7 アピールバイオ 19.1
8 ヴィーナスフローラ 39.8

残るのは、

2 リスグラシュー 3.7
5 トーホウアイレス 8.6

<予想>

優勝候補としては、

1 フローレスマジック 2.0
5 トーホウアイレス 8.6

血統的にはフローレスマジックだが、
データ的にはトーホウアイレスが優位。

2・3着候補は、
2 リスグラシュー 3.7

この3頭で決まれば固い。

穴候補は、
6 ヒストリア 17.0
10 パフォーム 117.3
13 ライジングリーズン 196.4

 

第59回 毎日放送賞スワンステークス(GII) データ考察


人気ブログランキングへ
ランキングがなかなか上がらないので、クリック応援してくださると嬉しいです。m( )m

第59回 毎日放送賞スワンステークス(GII) データ考察
サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン 別定
京都1400m 芝・右 外

マイルチャンピオンシップの前哨戦。
過去10年で8番人気以下の馬が6頭連対、3歳馬が3連勝中。

<JRAデータ>

①過去2年以内に1着になったことがある馬の複勝率が31.1%

②過去2走で5着以内に入った馬が好走。

③前走1500~1600の4/5頭が優勝。1500以上が○

④同年の安田記念かNHKマイルに出走していた馬が好走。
 1・2着だった馬の複勝率が50%以上。

⑤6~9着だった馬の複勝率は42.9%とこれも高い。

⑥クロフネの単・フレンチデピュティの連対に注意。

<京都芝1400外コース>

外回りは上級条件。

スタートから3コーナーまでの距離は512mの直線。
3~4コーナーはなだらかに上がって下り傾斜がきついので、典型的な角コーナーで
スピードがでる為、4コーナー出口で馬群が膨らみやすい。

直線を向いた直後に内回りと合流するので内が開く。
直線も400mくらいあり、実力馬が力を発揮しやすい。

距離的に先行の方が良いが、内回りほど逃げ・先行中心でもない。
ゴール前直線が長くなることもあり、差し決着もアリ。
内回りで逃げ切っても、外回りでは捕まるケースが多い。

枠の有利不利はさほどないが、大外は若干不利。
フレンチデピュティ産駒の連対率、クロフネ産駒の単回値、が高い。

◆アルビアーノ
父:Harlan’s Holiday
母父:Unbridled

①▲
②▲
③×
④×
⑤×
⑥×

◆エイシンスパルタン
父: Zensational
母父:Mutakddim

①▲
②▲
③×
④×
⑤×
⑥×

◆エイシンブルズアイ
父:Belgravia
母父:Siphon

①▲
②×
③×
④×
⑤×
⑥×

◆サトノアラジン
父:ディープインパクト
母父:Storm Cat

①▲
②▲
③★
④×安田記念4着
⑤×安田記念4着
⑥×

◆サトノルパン
父:ディープインパクト
母父:ダンシングブレーヴ

①▲
②×
③×
④×
⑤×
⑥×

◆サンライズメジャー
父:ダイワメジャー
母父:Deputy Minister

①▲
②▲
③×
④×
⑤×
⑥×

◆ダンスディレクター
父:アルデバラン2
母父:サンデーサイレンス

①▲
②▲
③×
④×
⑤×
⑥×

◆ダンツプリウス
父:ブライアンズタイム
母父:マンハッタンカフェ

①▲
②▲
③★
④×NHKマイル4着
⑤×NHKマイル4着
⑥×

◆テイエムタイホー
父:ニューイングランド
母父:Lord At War

①▲
②×
③★
④×
⑤×
⑥×

◆ティーハーフ
父:ストーミングホーム
母父:Green Desert

①▲
②×
③×
④×
⑤×
⑥×

◆バクシンテイオー
父:サクラバクシンオー
母父:サンデーサイレンス

①▲
②▲
③×
④×
⑤×
⑥×

◆フィエロ
父:ディープインパクト
母父:Danehill

①▲
②▲
③★
④×安田記念3着
⑤×安田記念3着
⑥×

◆ブラヴィッシモ
父:Fastnet Rock
母父:Sadler’s Wells

①▲
②▲
③×
④×
⑤×
⑥×

◆ペイシャフェリス
父:スペシャルウィーク
母父:Cape Cross

①▲
②×
③×
④×
⑤×
⑥×

◆ミッキーラブソング
父:キングカメハメハ
母父:フジキセキ

①▲
②▲
③×
④×
⑤×
⑥×

◆ムーンクレスト
父:アドマイヤムーン
母父:Singspiel

①▲
②▲
③★
④×
⑤×
⑥×

◆メイショウナルト
父:ハーツクライ
母父:カーネギー

①×
②×
③★
④×
⑤×
⑥×

◆ラインハート
父:ステイゴールド
母父:クロフネ

①▲
②▲
③×
④×
⑤×
⑥★クロフネ

(想定人気)

1 サトノアラジン
2 フィエロ
3 アルビアーノ
4 ダンスディレクター
5 エイシンブルズアイ
6 バクシンテイオー
7 サンライズメジャー
8 サトノルパン
9 ダンツプリウス
10 ミッキーラブソング
11 エイシンスパルタン
12 ブラヴィッシモ
13 ティーハーフ
14 テイエムタイホー
15 ムーンクレスト
16 メイショウナルト
17 ラインハート
18 ペイシャフェリス
19 ランドクイーン

有力馬

・サトノアラジン 安田4
・ダンツプリウス NHK4
・フィエロ 安田3

大穴

・ムーンクレスト
・ラインハート クロフネ

 

第154回 天皇賞(秋)(GI) フォトパドック評価&プレ予想


人気ブログランキングへ
ランキングがなかなか上がらないので、クリック応援してくださると嬉しいです。m( )m

第154回 天皇賞(秋)(GI) フォトパドック評価
サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン 定量
東京2000m 芝・左

過去10年では、4/10が1番人気。
ジャパンカップ、有馬記念へと続く中距離G1戦線の幕開けレース。

①単勝1番人気は、4-2-2-2で、勝率40%、連対率60%、複勝率80%

②5番人気の勝率も高く、4-0-0-6
 適性と地力を評価出来る中穴の活躍にも期待できる。
 1・2番も、2-2-1-15

③単勝10倍台の馬の活躍も目立つ、4-1-1-12

④×15番より外枠の連対は厳しい。
 好成績は、7・8番で、2-3-2-13

⑤4・5歳馬が好走、9-8-5-68
 それ以外の優勝はほぼ無く、6歳以上の連対もほぼ無い。

⑥前走宝塚記念の馬が好走、2-3-1-13
 毎日王冠組も好走、6-4-3-49
 それ以外のG2からの成績はイマイチ。

⑦ただし、3歳は、セントライト記念・神戸新聞杯からは、3/3複勝圏内。

⑧3走前までにG3またはオープン特別で2着以内馬が3連勝中。

⑨外人騎手

<東京芝2000コース>

1コーナーのポケットからスタートして左回り。
2コーナーまでの先行争いがポイントで、内枠が有利ではあるが、6枠は好成績で、7・8枠は厳しい傾向。
クラスが上がると差し馬の好走が増え、スローに流れても逃げ残りは厳しい。
ヴィクトワールピサ産駒の成績が良い。
外人騎手の好騎乗が目立ち、R.ムーア、C。ルメールの複勝率は50%以上。

◆モーリス
牡5歳、鹿毛、美浦・堀厩舎(10月19日撮影)
父:スクリーンヒーロー
母父:カーネギー

毛艶も張りも上々。カチっとまとまった感あり。
うっすらアバラが浮いて、筋肉の輪郭もくっきりで、仕上がり度は高いだろう。
バランス的には首が太く、安定感あり、どっしりとした立ち姿。
しっかりとした顔付で、パワーを感じるもの好気配と見る。

◆ルージュバック
牝4歳、鹿毛、美浦・大竹厩舎(10月21日撮影)
父:マンハッタンカフェ
母父:オーサムアゲイン

毛艶も張りも筋肉も素晴らしい。
うっすらアバラが浮いて、仕上がりも万全。
いかにもバネがありそうで、非常に好調と見える。
キリっとして落ち着いた目も印象的で、馬体的には文句の付けようがない。

◆エイシンヒカリ
牡5歳、芦毛、栗東・坂口則厩舎(10月20日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ストームキャット

葦毛でわかりにくいが、毛艶はピカピカに映り、パンパンの張りと映る。
筋肉の輪郭もくっきりで、全体的に多少緩いが、完成度は高いだろう。
馬体からは問題ないと思われるが、逃げ切り不利なコースでどう立ちまわるか。

◆ロゴタイプ
牡6歳、黒鹿毛、美浦・田中剛厩舎(10月19日撮影)
父:ローエングリン
母父:サンデーサイレンス

毛艶も張りも上々。筋肉慮うも豊富で、体調は良さそう。
全体的に余裕があるが、追い切り後には迫力のある仕上がりになると見る。
縦の比較では、いつもより余裕があるが迫力もある、というところか。

◆サトノクラウン
牡4歳、黒鹿毛、美浦・堀厩舎(10月19日撮影)
父:マルジュ
母父: Rossini

毛艶は良く、張りもまあまあ。
全体的にまだ余裕があって、スッキリ研ぎ澄まされた感は足りないが、
いつもの同じレベルは保っていると思う。

◆ラブリーデイ
牡6歳、黒鹿毛、栗東・池江寿厩舎(10月19日撮影)
父:キングカメハメハ
母父:ダンスインザダーク

キンカメ産駒にしては、あまり良く見えないタイプ。
天光の加減か、毛艶も張りも今ひとつに見える。
胴も太め感があり、現時点ではまだ及第点には足りないだろう。
ただ、いつも良く見えない馬なので、これでも走るのだろう。

◆サトノノブレス
牡6歳、黒鹿毛、栗東・池江寿厩舎(10月19日撮影)
父:ディープインパクト
母父:トニービン

毛艶も張りも上々。筋肉量も豊富で迫力はある。
このままでは、太め感があるが、絞れればパワフルな馬体。
追い切り次第と思うが、気配は上々で要注意。

◆アドマイヤデウス
牡5歳、栗毛、栗東・橋田厩舎(10月19日撮影)
父:アドマイヤドン
母父:サンデーサイレンス

毛艶も張りも上々。体調は非常に良さそう。
胴が丸太のようで太めに映るが、体形もあるだろう。
パワーは感じるので、追い切り次第。

◆ステファノス
牡5歳、鹿毛、栗東・藤原英厩舎(10月20日撮影)
父:ディープインパクト
母父:クロフネ

毛艶も張りも素晴らしく、筋肉の輪郭はくっきり。
キコウが抜けて、前腕の筋肉の盛り上がりは凄く、いかにもバネがありそう。
うっすらアバラが浮いて、多少余裕残しではあるが、完成度も高い。
負けん気の強そうな目つきも好印象。
ここ最近の縦の比較では非常に良い状態と思う。

◆リアルスティール
牡4歳、鹿毛、栗東・矢作厩舎(10月20日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ストームキャット

毛艶ピカピカ、パンパンの張り。筋肉量も豊富で元気いっぱい。
全体的にまだ余裕があるが、絞れれば好仕上がりだろう。
体調は良いだろうから、しっかりと追い切り出来れば。

◆アンビシャス
牡4歳、黒鹿毛、栗東・音無厩舎(10月19日撮影)
父:ディープインパクト
母父:エルコンドルパサー

毛艶も張りも上々。筋肉の輪郭もくっきり。
多少余裕残しではあるが、充実した馬体。
キリっとした顔付きも良いし、走るイメージが湧くのが良い感じ。

フォトパドックでは、さすがにG1、どの馬も仕上げてきている。

モーリスは逞しくなった感あり、安定した状態で追い切り後完成。

追い切り前なので、余裕残しの状態が多い。

現時点での完成度含めてならば、イチオシは、
・ルージュバック
・ステファノス

同等の評価だが、完成度という意味ではルージュバックが上。

(想定人気)

1 モーリス
2 ルージュバック
3 エイシンヒカリ
4 アンビシャス
5 ステファノス
6 ラブリーデイ
7 リアルスティール
8 サトノクラウン
9 アドマイヤデウス
10 ロゴタイプ
11 サトノノブレス
12 ヤマカツエース
13 ヒストリカル
14 クラレント
15 カムフィー

1番人気は好走するが、ここ5年では優勝は1/5、複勝率は4/5
リピーターレースなので、リブリーデイ、ステファノスは要注意。

モーリスを何処まで信用するか、ということになるだろう。

4/5レースでグレイソヴリン系が3着以内に入っている。
今年の該当馬は、サトノノブレス。

5番人気以内で決まる確率が高いことから考えると、現時点の有力馬は、
・モーリス
・ルージュバック
・ステファノス
穴でサトノノブレス

というところか。

次回は、データ分析します。

2016-10-24 | Posted in (フォトパドック評価)No Comments » 

 

第77回 菊花賞(GI) フォトパドック評価&データ評価&予想


人気ブログランキングへ
ランキングがなかなか上がらないので、クリック応援してくださると嬉しいです。m( )m

第77回 菊花賞(GI) フォトパドック評価&データ評価&予想
サラ系3歳 (国際)牡・牝(指定)オープン 馬齢
京都3000m 芝・右 外

3歳馬が未知の距離を走るクラシック最終レース。
適性を見極める必要があり、8/10年で5番人気以下の馬が連対している。

<京都3000コース>

向こう正面の登り坂途中からスタートし、外回りを1周半する。
3.9mの丘を2回越え、6つのコーナーを回る。

菊花賞は平均的に速いラップになることが多くかなりのスタミナ必要。
2000前後の瞬発力勝負で勝った馬より、キレ負けした先行馬や、
追い込んで届かなかった馬などが穴。

コーナーが多いので内を回ってロスを抑えたいので内枠有利の傾向。
ゼンノロブロイ・マンハッタンカフェ産駒が好走。

<JRAデータ>

①1番人気の成績は良い。4-1-2-3
 特に1倍台は有力。

②4・5番人気:2-3-0-15、6~8番人気:3-2-3-22、と活躍。
 特に10~20倍が好走。

③複勝圏内馬の20/30が前走神戸新聞杯出走馬。
 セントライト・その他からは、優勝馬が出にくいが、複勝圏内はアリ。

④複勝圏内16/20は、神戸新聞杯3着以内。

⑤優勝馬の5/10頭は、1・2枠。
 2着馬の6/10は、6~8枠。

⑥前走と連続騎乗:10-7-9-101
 乗り替わりでの優勝は無し。(連対はアリ)

⑦5走前までに500万以下のレースを勝利していた連対率は9/10年。
 ひとつひとつのクラスを順に突破した馬が好走している。

⑧キャリア6・7戦の馬が3連勝。
 フレッシュな馬が好走。

◆サトノダイヤモンド (C.ルメール)
牡3歳、鹿毛、栗東・池江寿厩舎(10月12日撮影)
父:ディープインパクト
母父:オーベン

毛艶はあまりよくは見えないが、引き締まった馬体で完成度は高い。
筋肉の輪郭くっきりでパーツは力強くはあるが、
全体的には、シャープな印象で、少し細いように感じる。
追い切りがしっかり出来ていて、当日のパドックが良ければ良化かもしれないが。

①★(想定)
②-
③▲神戸1着
④▲
⑤3★
⑥★
⑦★▲
⑧★6

データ的には優勝候補として最有力馬。

◆ディーマジェスティ (蛯名)
牡3歳、鹿毛、美浦・二ノ宮厩舎(10月12日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ブライアンズタイム

毛艶ピカピカ、パンパンの張り、筋肉の輪郭はくっきり。
ただ、このままでは太め感を否めない。
今週の追い切りでしっかり絞れたら、おそらく素晴らしい馬体になるだろう。
負けん気の強そうなキリとした目つきにも闘士を感じる。

①×(想定)
②×2人
③▲セントライト1着
④×
⑤6△
⑥★
⑦×
⑧★7

データ的には厳しいものもあるが、仕上がりと実績からは有力馬。

◆レッドエルディスト (四位)
牡3歳、芦毛、栗東・笹田厩舎(10月12日撮影)
父:ゼンノロブロイ
母父:ダルシャーン

芦毛なので、毛艶は良くわからないが、張りは上々、ふっくらとした仕上がり。
筋肉量も豊富で、バネのありそうな馬体。
胴は長めなので、体形的には長距離もこなせそう。
好仕上がりと映る。

①×(想定)
②★▲5人
③▲神戸3着
④▲
⑤7△
⑥★
⑦×
⑧★6

◆カフジプリンス (岩田)
牡3歳、栗毛、栗東・矢作厩舎(10月12日撮影)
父:ハーツクライ
母父:シンボリクリスエス

毛艶ピカピカ、張りも上々。筋肉の盛り上がりもくっきり。
バランス的には胴が長く、長距離には向きそう。
体調は良いと思う。

①×(想定)
②★▲4人
③▲神戸4着
④×
⑤1★
⑥★
⑦×
⑧×15

◆ミッキーロケット (和田)
牡3歳、鹿毛、栗東・音無厩舎(10月13日撮影)
父:キングカメハメハ
母父:ピヴォタル

毛艶ピカピカ、張りも上々。筋肉も立派で身が詰まった馬体。
うっすらアバラが浮いて仕上がり度も高いだろう。
今ひとつパワフルに映らないのは何故か?

①×(想定)
②×3人
③▲神戸2着
④×
⑤8△
⑥★
⑦★▲
⑧×10

◆ウムブルフ (浜中)乗り替わり
牡3歳、青鹿毛、美浦・堀厩舎(10月12日撮影)
父:ディープインパクト
母父:モンズーン

毛艶ピカピカ、張りも上々、筋肉の輪郭もくっきり。
非常に体調は良さそう。
全体的に多少緩いが、追い切り後完成。
迫力はあまり感じないが、堅実さを感じられる仕上がり。

①×(想定)
②×10人
③▲札幌日刊S
④×
⑤10△
⑥×
⑦×
⑧×8

◆レインボーライン (福永)
牡3歳、鹿毛、栗東・浅見厩舎(10月12日撮影)
父:ステイゴールド
母父:フレンチデピュティ

毛艶よく張りもパンパン。筋肉の輪郭はくっきり。
うっすらアバラが浮いて、仕上がり度も高い。
全滝的にまだ余裕があるので、しっかり追い切りして完成。

①×(想定)
②△9人
③▲札幌記念3着
④×
⑤11▲
⑥★
⑦×
⑧×12

◆エアスピネル (武豊)
牡3歳、栗毛、栗東・笹田厩舎(10月12日撮影)
父:キングカメハメハ
母父:サンデーサイレンス

毛艶ピカピカ、張りも上々、筋肉の輪郭もくっきり。
多少緩いが、非常に良い成長と仕上がりではないかと思う。
バランス手的のも良いが、あとひと絞り必要。

①×(想定)
②★▲6人
③▲神戸5着
④×
⑤13▲
⑥★
⑦×
⑧★7

◆プロディガルサン (田辺)
牡3歳、鹿毛、美浦・国枝厩舎(10月12日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ストームキャット

毛艶は良さそう、バランス良くすっきりとした仕上がり。
落ち着いているのは好印象だが、少し大人しい印象も。
軽めの馬場で条件が良ければ、というところか。

①×(想定)
②×11人
③▲セントライト3着
④×
⑤16▲
⑥★
⑦×
⑧★6

データ的にはセントライト組は若干割り引きかとも思うが、
ディーマジェスティと0.2秒差の3着。

◆ジュンヴァルカン (M.デムーロ)乗り替わり
牡3歳、鹿毛、栗東・友道厩舎(10月12日撮影)
父:ネオユニヴァース
母父:エンドスウォープ

毛艶も張りも上々。筋肉の盛り上がりも立派。
全滝的に緩くまだ重たそうだがバランスは非常に良い。
追い切り後には完成。

①×(想定)
②★▲8人
③▲三田特別1着
④×
⑤17△
⑥×だが、デムーロへの乗り替わりなので。
⑦×
⑧★7

◆ジュベルミエール(北村宏)
牡3歳、栗毛、美浦・木村厩舎
父:ステイゴールド
母父:クロフネ

①×(想定)
②★▲7人
③▲兵庫特別1着
④×
⑤4★
⑥★
⑦★▲
⑧★7

◆マウントロブソン (未定)
牡3歳、芦毛、美浦・堀厩舎(10月12日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ミスターグリーリー

芦毛なのでわかりにくいが、ふっくらとして張り良く筋肉量も豊富。
パワフルに映るが、全体的にまだ少し緩い。

①×(想定)
②×12人
③▲セントライト7着
④×
⑤18△
⑥×
⑦×
⑧×8

◆アグネスフォルテ(松山)
牡3歳、栗毛、栗東・長浜厩舎
父:ハービンジャー
母父:フレンチデピュティ

①×(想定)
②×17人
③★神戸7着
④×
⑤14▲
⑥★
⑦×
⑧×11

フォトパドックは、G1の割にはあまり良くない印象。

印象的には、レインボーラインがピカピカで体調良いだろうが、
少し太め。調教良ければ好走の可能性あり。

カフジプリンスとシュベルミエールも仕上がり良いと思うが、
まだ少し幼い印象。

血統的にも注目の、
ゼンノロブロイ産駒のレッドエルディストは芦毛でわかりにくいが、
高仕上がりと思う。

マンハッタンカフェ産駒も注目ですが、イモータルのみ。

<予想>

1着:③サトノダイヤモンド
2着:④シュベルミエール
3着:⑪レインボーライン

その他有力馬
⑦レッドエルディスト
⑧ミッキーロケット
①カフジプリンス

ディーマジェスティについては強いとは思うし、
来ると思う人は買ってください。

 

保護中: Kの激走追い切り判定!~第77回 菊花賞(GI)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

2016-10-23 | Posted in Kの激走追い切り判定 | コメントを読むにはパスワードを入力してください。