競馬に関する自論

高い回収率を狙うなら高配当を狙え!固くいくならパドック必須で厳選!

【安全性を重視して複勝競馬も悪くない】

安全性と利回りの法則の話はしました。

安全性の高い投資方法として、「複勝」で1.5倍を狙う、という案をあげました。

オッズに表れにくい、調教評価とパドック評価を加えて、的中率90%くらいを

達成できたら、理想だと思っています。

 

毎回1万円ずつ10回賭けたとして、10万円賭けて、配当は135000円。

利回り135%は素晴らしい!

ですが、そうそううまくいかないと思いますので、的中率80%くらいで利益が

あがるようにできたら上出来でしょう。

毎回1万円ずつ10回賭けたとして、10万円賭けて、配当は120000円。

利回り20%くらいを目指すのであれば、平賭けでいけますね。

 

そのかわり購入条件を決めて、決めた通りに購入していかないとこの的中率は

保てません。

「1~3番人気以内、調教○以上、パドック◎、であれば買い」

というところでしょうか。⇒「複勝1点勝負!」のロジック案です。

4番人気で上記条件に当てはまった場合はどうするか!?

買いたくなりますよね?(笑)でも買わない!

くらいの鉄板でいかないと予定した的中率を得ることは難しいでしょう。

 

複勝で利回りを目指すとしたら、10~20%くらいで上出来。

欲はかかずに、買いたい気持ちを抑えて、決めた通りの条件で淡々と。

これが出来なければ投資にならないので、やめておいた方がいいと思います。

 

【競馬で高い回収率を狙うのは無理なのか?】

だんだん、競馬では高い回収率を得ることが難しいと思ってきたところでしょうか。(笑)

私の自論は、「回収率を重視するなら、高配当を狙え!」ですから、これからです。

 

昔の競馬のプロは、帯付きの札束を競馬場に持ってきて、これだと思ったレースに

単勝1点勝負で、●百万を投資して、的中しても不的中でも、それで終わって帰る。

というイメージありませんか?

たくさんのレースに投資すれば統計的的中を得られる、という考え方もありますが、

いかに賭けるお金(損金)を減らすか、ということは回収率を上げる為には大切です。

複勝1点勝負に100万円賭けて的中すれば150万円なら、やりたくなりますが、

資金の問題がありますから、私はせいぜい1万円を1.5万円くらいでしか出来ませんから、

回収率が20%では、たいした利益になりません。

 

資金が少ない人が大きな利益を上げたければ、高配当を狙うしかない、という単純で

当たり前のことになります。

こう書くとめちゃ簡単そうですね。(笑)

いえいえ、高配当馬券を狙うというのは穴馬を入れて当てなければ取れませんから、

そんなに簡単ではないです。

また、予想した穴馬だけ当たっても買った馬券が当たらないと意味ありませんから、

馬券の購入方法も重要になってきます。

私も、狙った穴馬は複勝圏内に入ったにも関わらず馬券が取れてない・・・(涙)

ということはかなり多いです。

複勝買っとけば7倍も付いたのに!ということになりますが、ここは複勝を買うのは

的中率が低すぎるのでNGです。(遊びで買うならかまいませんが)

私の参考にしている穴馬サイトも、7番人気前後の穴馬を2頭出してきますが、

どちらかが複勝圏内に入る確率は40%前後、1頭なら約その半分の20%前後。

よく当たるサイトでもこの確率ですから。

 

【高い回収率の可能性がある馬券購入方法例】

私は、的中率が低い高額馬券は、15~20倍以上を狙っていけばいいかと思います。

あー、もちろん、複勝や単勝1点勝負ではないですよ。基本的には3連単で。

15~20倍というのはオッズではなく、購入資金全体に対して配当が15~20倍。

1点100円で60点=6000円購入するなら、オッズが1000=10万円の配当で16.6倍。

こんな目安です。

 

これだと、16回に1回以上的中すればいいことになります。

1000倍以上の配当ですから、2000倍のこともあれば5000倍のこともある、

と、考えると、30回に1回の的中でも充分回収できる計算になります。

土日に2レース賭けるとしたら、約3ヶ月に1回的中すれば利益が上がります。

 

【データバイキングのポイント式予想の目標値】

それを目指したのが、データバイキングのポイント式予想です。

昨年は、1レース6000円で賭けて、年間約120レースチャレンジで約72万円の資金。

130万馬券が1回、50万馬券が2回、的中していますので、それ以外のレースが

全て不的中でも100万円以上の利益になります。回収率でいうと250%。

他のレースも数万馬券や10万馬券が少々的中していましたので、それ以上の利益。

まあ、これはかなり上手くいった例ですので、理想的過ぎますが、

1レース6000円で、週末12000円、なら、遊びに行ったと思って投資できるくらいの

金額なので、多額の一時金を賭けるよりは、チャレンジはしやすいかな、と思います。

その代わり、不的中が続くことは覚悟しなければ出来ませんので、余裕資金で

やること、馬を厳選すること、条件通りに馬を選ぶこと、などなど注意点もあります。

 

データバイキングのポイント式予想方法については、また別の機会に紹介します。

選出の方法や、使い方についても、解説を聞いていただければ、さらに皆様の

高額馬券的中のお手伝いができるかな、と期待しています。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

2015-07-13 | Posted in 競馬に関する自論No Comments » 
Comment





Comment