(フォトパドック評価)

第83回 東京優駿(GI) フォトパドック評価


人気ブログランキングへ
ちょっとランキングが下がってしまったので、クリック応援してくださると嬉しいです。m( )m

第83回 東京優駿(GI) フォトパドック評価
サラ系3歳 (国際)牡・牝(指定)オープン 定量
東京2400m 芝・左

◆ディーマジェスティ
牡3歳、鹿毛、美浦・二ノ宮厩舎(5月19日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ブライアンズタイム

毛艶良く、パンパンの張り。筋肉の輪郭もくっきりで成長を感じる。
が、現時点では、かなりの迫力はあるが太め。
太めだから胴が短く見えるのか、ぱっと見のバランスは2400よりマイルっぽいが、
2000を連勝しているので、距離の問題はないのだろう。

◆マウントロブソン
牡3歳、芦毛、美浦・堀厩舎(5月18日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ミスターグリーリー

葦毛の割には、輪郭がくっきりして見え、うっすらアバラも浮き、仕上がりは良い。
大人しい印象を受けるが、落ち着いていて、順調なのだろう。

◆アジュールローズ
牡3歳、青鹿毛、美浦・古賀慎厩舎(5月18日撮影)
父:ヴィクトワールピサ
母父:Sevres Rose

毛艶ピカピカ、仕上がり度は高いだろう。
少しガレたようにも見えるが、アバラが浮いて、引き締まった馬体。

◆マカヒキ
牡3歳、鹿毛、栗東・友道厩舎(5月19日撮影)
父:ディープインパクト
母父:フレンチデピュティ

毛艶よく、筋肉の輪郭もくっきりだが、張りを感じるというよりは引き締まった感じ。
トモが深く、バネのありそうな馬体だが、以前より地味な印象。
落ち着いていて、体調は悪くないと見えるが、成長途上のようにも見える。

◆エアスピネル
牡3歳、栗毛、栗東・笹田厩舎(5月18日撮影)
父:キングカメハメハ
母父:サンデーサイレンス

毛艶ピカピカ、張りも上々、筋肉の輪郭もくっきり。
申し分のない仕上がりだと思うし、バランス的にも胴が長く映り距離も問題なさそう。

◆レッドエルディスト
牡3歳、芦毛、栗東・笹田厩舎(5月18日撮影)
父:ゼンノロブロイ
はh父:ダルシャーン

これも葦毛の割には輪郭がくっきりして、ふっくら、筋肉隆々の仕上がり。
全体的に少し緩く映るが、葦毛なのでこのくらいで良いのだろう。
体形的にも2400は合いそうだが、あとは力の問題か。

◆サトノダイヤモンド
牡3歳、鹿毛、栗東・池江寿厩舎(5月19日撮影)
父:ディープインパクト
母父:オーベン

毛艶があまり良く見えないのは、天光のせいか。
筋肉の輪郭はくっきり、バランス野良い馬体だが、最初に感じたようなピカイチには
見えないのは何故だろう?
全体的に少し余裕があるが、追い切りで絞れて完成。当日のパドックのオーラ次第か。

◆プロフェット
牡3歳、鹿毛、栗東・池江寿厩舎(5月19日撮影)
父:ハービンジャー
母父:タニノギムレット

これも天光のせいか毛艶はあまり良くは見えないが、筋肉量多く輪郭もくっきり。
首を前に出した体制で、迫力ある馬体だが、現時点では太い。
走るイメージは湧くので、追い切りでどこまで絞れるか。

◆ロードクエスト
牡3歳、鹿毛、美浦・小島茂厩舎(5月18日撮影)
父:マツリダゴッホ
母父:チーブベアハート

毛艶はよさそう、筋肉の輪郭はくっきり。張りも上々だろう。
メリハリ的にイマイチ感があるが、追い切り後に完成ということであれば及第点。
決してわるいところはないのだが、大人しい印象。

◆リオンディーズ
牡3歳、黒鹿毛、栗東・角居厩舎(5月18日撮影)
父:キングカメハメハ
母父:スペシャルウィーク

毛艶ピカピカ、筋肉の輪郭はくっきり。うっすらアバラが浮いて仕上がり度は高い。
フェノーメノを思い出す馬体で、東京は合うのではないかと想像する。
腰が高く、パワフルな馬体で、ずいぶん変わった感がある。
見方によってはガレたような感じにも見えるが、体調は良さそうなので問題はないか。

◆ヴァンキッシュラン
牡3歳、黒鹿毛、栗東・角居厩舎(5月18日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ガリレオ

毛艶も張りも上々。腰が高く迫力ある馬体。
バランス的にはマイルかと見えるが、実績で2400は大丈夫。
胴周りが太めで、現時点では重たそうな印象だが、追い切りで絞れればかなり良いかも。

◆スマートオーディン
牡3歳、黒鹿毛、栗東・松田国厩舎(5月18日撮影)
父:ダノンシャンティ
母父:アルザオ

毛艶良く、張りもまあまあ、筋肉の輪郭もくっきり。
胴周りが太いが、充実感はある。
バランス的には胴が長く、距離はこなせそうなので、追い切りで絞れるかか。

(総評)

イチオシは、エアスピネル。
間違いなく体調は良いだろうし、馬体のバランス的にも距離に不安は感じられない。
あとは、枠とペースの問題で、内枠で前に付けて消耗戦ならば残れるのでは?

今回、仕上がり度含め、あまり良く見える馬がいない。
マカヒキとサトノダイヤモンドの2強だとは思うが、どちらも前回の写真の方が良い。
映りの問題かとも思うが、ぱっとしない印象。
追い切りは良いのだろうが、当日パドックでオーラを感じなければ、伏兵の活躍もありか。

馬体から注目したいのは、ディーマジェスティとリオンディーズ。
ディーマジェスティは明らかに太めだが、凄い迫力で、どこまで仕上がるかというところ。
リオディーズは、気性の問題があるので軸にはしにくい馬かなとは思うが、
写真からパワーを感じるし、きりっとした顔付も好印象。折り合いと距離が課題か。

地力からは、2強と思えるが、馬券的には、ディーマジェスティとリオンディーズの撮り捨てに
悩まされるところ。
唯一東京2400を使っているヴァンキッシュランも外し難い。

金子さんの4頭出しで、イモータルの写真が無いのが気になる。
イモータルについては、賛否両論あるだろうし、1600の馬ということとNHKマイルの大負けで
人気を落としているのももっともではあるが、2桁人気で馬券に絡みそうに感じるのは、
イモータルとプロディガルサン。
プロディガルサンは、天栄での調教を行っているので非常に良い仕上がりの可能性も。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

2016-05-25 | Posted in (フォトパドック評価)No Comments » 
Comment





Comment