(フォトパドック評価)

第76回 菊花賞(GI) フォトパドック評価

第76回 菊花賞(GI) フォトパドック評価
京都3000芝・右・外

(10/14撮影フォトパドックより)

■リアルスティール 牡3・栗東・矢作厩舎
父:ディープインパクト
母父:ストームキャット

毛艶もハリも上々。筋肉の輪郭もくっきり。
全体的に多少余裕があるように映るが、体調は良さそうだし、
今週の追い切り後に絞れていたら完成。

■サトノラーゼン 牡3・栗東・池江厩舎
父:ディープインパクト
母父:インティカーブ

毛艶もハリも上々。どっしりと安定感のある馬体。
お腹がぼてっとして、全体的に緩い感じはするが、筋肉量豊富でバネはありそう。

■リアファル 牡3・栗東・音無厩舎
父:ゼンノロブロイ
母父:エルコンドルパサー

毛艶は良く見えないが、洗った後らしいので。
古馬のような風格で、無駄なく仕上がっているように見える。
力強く立ち姿で、全体的なバランスも良い。

■アルバートドック 牡3・栗東・松田博厩舎
父:ディープインパクト
母父:Unusual Heat

天候の加減か毛艶はあまり良く見えないが、おそらく悪くなく、ハリも上々。
筋肉質のバネのありそうな馬体で、特に前腕の筋肉の盛り上がりは立派。
トモが深く腰が高くスケールの大きい馬体と思うが、3000はどうか?

■ベルーフ 牡3・栗東・池江寿厩舎
父:ハービンジャー
母父:サンデーサイレンス

毛艶もハリも上々。仕上がり感はあるのだが、お腹がぼてっとした体形。
首が太く、重心も低そうで、安定感ある馬体。
今週の追い切り後に完成。気配は悪くない。

■キタサンブラック オス3・栗東・清水久厩舎
父:ブラックタイド
母父:サクラバクシンオー

毛艶よく、すっきり仕上がっていると思う。
今までの馬に比べると華奢な印象ではあるが、無駄なく仕上がり感は高い。

■タンタアレグリア 牡3・美浦・国枝厩舎
父:ゼンノロブロイ
母父:ステューカ

毛艶良く、前足の筋肉も盛り上がり、うっすらアバラが見えて完成度は高い。
皮膚は薄いようには見えず、ふわっとした感じ。
体調は良さそうだが、まだ少し仔馬体形。

■ブライトエンブレム 牡3・美浦・小島茂厩舎
父:ネオユニヴァース
母父:ウォーエンブレム

毛艶良く、多少お腹がぽってり見えるが、無駄なく仕上がっていると思う。
迫力には欠けるが、腰も高く、おしりにもボリュームがある。

■ミュゼエイリアン 牡3・美浦・黒岩厩舎
父:スクリーンヒーロー
母父:エルコンドルパサー

毛艶はあまり良く見えないが、悪くはなさそう。
うっすらアバラが浮いて、コンパクントな仕上がり。

■ジュンツバサ 牡3・美浦・勢司厩舎
父:ステイゴールド
母父:アフリート

毛艶良くは見えないが、首が太くしっかりしていて、ハリ感は上々。
バランス的には、首の割には身体が貧弱に見えてしまうが、成長が楽しみな馬体。

■マッサビエル 牡3・美浦・小笠厩舎
父:ハービンジャー
母父:サンデーサイレンス

毛艶よく、コンパクトに仕上がっていると思う。
まだ少し幼く映るが、負けん気の強そうな目は良い。

完成度から言うとキタサンブラックが高いと思うが、迫力には少し欠ける。
総合的に一番よく映るのはリアルスティールだが、多少緩め。
サトノラーゼンも余裕残しだがいい仕上がりと見えるけど、ステイヤーには疑問。
ベルーフが非常に良く映るが、多少余裕残しと、重心の低さに3000がどうか?
かなり変わった馬体のアルバートドックだが、案外こういう馬が走ってしまうのかも。

撮影時点のイチオシは、多少の優劣はあるにせよ、甲乙つけがたい部分があり、
今週の追い切り後、つまりは当日のパドックで見定めるしかなさそう。

個人的には、この馬が気になりますが、まだ成長途上なので。。

人気ブログランキングへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

2015-10-19 | Posted in (フォトパドック評価)No Comments » 
Comment





Comment