(フォトパドック評価)

第7回 みやこステークス(GIII) フォトパドック評価


人気ブログランキングへ
ランキングがなかなか上がらないので、クリック応援してくださると嬉しいです。m( )m

第7回 みやこステークス(GIII) フォトパドック評価
サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン 別定
京都1800m ダート・右

<JRAデータ>

秋のダート戦線のクライマックス、チャンピオンズCの前哨戦。
2010根からと歴史は浅いが、ダートチャンピオン決定戦を展望する重要な一戦。

①直近の4走で、1・2番人気だった馬が、優勝。
 1番人気だった馬の複勝率も50%。
 3番人気以下だった馬の複勝率は、0%⇒消しデータ

②4走前までに優勝の無いかった馬の優勝は無し。

③前走4コーナーの位置取りは、2・3番手組が好走。
 前走先行馬が優勢。

④前走、1番人気だった馬の連対率は50%

⑤2番人気以下では、人気と同じ着順、もしくは人気より着順が低かった馬が好走。
 人気より着順が上だった馬の連対は無し。

⑥3走以内に2勝をあげた馬が強い。優勝候補データ

<京都ダート1800データ>

1コーナーまで286mで、コーナーを4つ回るコース。
ダート1800の日本レコードが出ており、速い時計が出る。

内枠の逃げ・先行馬が有利。
人気薄でも逃げ馬には注意が必要。
外枠から、外外回らせられた馬は苦戦傾向。

2・3歳の上級戦の場合、テン争うが激化し、他レースと異なり差し・追い込み有利。

種牡馬ではカネヒキリが好成績。

◆アスカノロマン
牡5歳、栗毛、栗東・川村厩舎(10月26日撮影)
父:アグネスデジタル
母父:ダバスコキャット

天光の加減か毛艶はイマイチだが、筋肉質のがっしりした馬体。
お腹がぽってりして、多少緩いが、仕上がるだろう。

◆インカンテーション
牡6歳、鹿毛、栗東・羽月厩舎(10月26日撮影)
父:シニスターミニスター
母父:マキアヴェリアン

毛艶良く、パンパンの張り。筋肉量も豊富でパワフル。
全体的に余裕があるが、ダートだし、追い切り前なのでこれで良いのだろう。
迫力あり、非常に良いのでは?

◆キョウエイギア
牡3歳、鹿毛、栗東・矢作厩舎(10月26日撮影)
父:ディープスカイ
母父:パラダイスクリーク

毛艶も張りも上々、筋肉の輪郭くっきりで、バネのありそうな馬体。
多少緩いが、うっすらアバラが浮いて、完成度も高い。
キリっとしてスッキリした顔付きも好感が持てる。

◆グレンツェント
歳、鹿毛、美浦・加藤征厩舎(10月27日撮影)
父:ネオユニヴァース
母父:キングマンボ

毛艶ピカピカ、張りも上々。筋肉もしっかり付いてカッチリまとまった感あり。
小柄に見えるので、1800がどうかと思うが、身が詰まって元気はよさそう。

◆ロワジャルダン
牡5歳、鹿毛、美浦・戸田厩舎(10月26日撮影)
父:キングカメハメハ
母父:サンデーサイレンス

毛艶は良いが、少しガレが感あり、印象としてはイマイチだが。
毛艶の良さから、体調は悪くないと思う。

◆ラニ
牡3歳、芦毛、栗東・松永幹厩舎(10月26日撮影)
父:タピット
母父:サンデーサイレンス

芦毛なので、毛艶はわかりにくいが、張りは上々。
筋肉量も豊富で、ふっくらとして柔らかい輪郭は、柔軟性を感じさせる。
腰が高く、マイルっぽい体つきには見えるが、胴はゆったりとしている。
芦毛で、このくらい良く見えるのは珍しいので、おそらく非常に良い出来。

イチオシは、ラニをあげたい。
文句を付けるところがないが、芦毛ということで多少わかりにくい。
次点で、キョウエイギア。絞れたらインカンテーション。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

2016-10-31 | Posted in (フォトパドック評価)No Comments » 
Comment





Comment