(フォトパドック評価)

第64回 北海道新聞杯クイーンステークス(GIII) フォトパドック評価

第64回 北海道新聞杯クイーンステークス(GIII) フォトパドック評価
サラ系3歳以上 (国際)牝(特指)オープン 別定
札幌1800m 芝・右

◆マコトブリジャール
牝6歳、鹿毛、栗東・鮫島厩舎(7月19日撮影・栗東)
父:ストーミングホーム
母父:ブライアンズタイム

毛艶も張りも上々。
全体的に余裕はあるが、筋肉の輪郭もくっきりでバランスも良い。
追い切り後完成、追い切り次第ですが買いでしょう。
◆チェッキーノ
牝3歳、栗毛、美浦・藤沢和厩舎(7月20日撮影・札幌)
父:キングカメハメハ
母父:サンデーサイレンス

毛艶はあまり良くは見えないがすっきりした仕上がり。
前腕の筋肉は発達して、後半身は少し物足りなく見える。
◆ウインプリメーラ
牝6歳、黒鹿毛、栗東・大久保龍厩舎(7月20日撮影・札幌)
父:ステイゴールド
母父:フォーティナイナー

毛艶は良く、全腕の筋肉の盛り上がりはリッパ。
頭が高く立ち目の立ち姿で、仕上がり度は高いと思う。
◆リラヴァティ
牝5歳、黒鹿毛、栗東・石坂厩舎(7月20日撮影・函館)
父:ゼンノロブロイ
母父:シングスピール

毛艶よく、皮膚は薄そう、パンパンの張り。
のっぺり見えるが、追い切り後には絞れて完成だろう。
身が詰まった充実した馬体に闘士感じる立ち姿で好印象。
◆メイショウスザンナ
牝7歳、鹿毛、栗東・高橋忠厩舎(7月20日撮影)
父:アグネスデジタル
母父:サンデーサイレンス

毛艶ピカピカ、筋肉の輪郭くっきり、うっすらアバラが浮いて、
完成度は高い。充実した印象はある。
◆マイネグレヴィル
牝5歳、鹿毛、美浦・和田道厩舎(7月20日撮影・札幌)
父:ブライアンズタイム
母父:スペシャルウィーク

天光の加減か、毛艶はあまり良く見えない。
筋肉量は豊富でがっちりした印象。
アバラが浮いて完成度も高いのだと思うが、迫力に欠けるのは何故か?
◆ナムラアン
牝4歳、黒鹿毛、栗東・福島信厩舎(7月21日撮影・函館)
父:アンブライドルド
母父:サンデーサイレンス

これも毛艶はあまり良くみえないが、張りは上々。
腰が高く、バランスは良いが、少し大人しく見える。
イチオシは、マコトブリジャール。
次点で、絞れたらリラヴァティ。
こんな感じで走れるのはウインプリメーラかなと。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

2016-07-25 | Posted in (フォトパドック評価)No Comments » 
Comment





Comment