(フォトパドック評価)

第61回 有馬記念(GI) フォトパドック評価


人気ブログランキングへ
ランキングがなかなか上がらないので、クリック応援してくださると嬉しいです。m( )m

第61回 有馬記念(GI) フォトパドック評価
サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン 定量
中山2500m 芝・右

<中山芝2500mコース>

外回りの3コーナーからスタートし、緩いカーブを描きながら4コーナーを回るとスタンド前の直線へ。
最初の4コーナーまでの直線距離は192m。
全部で6つのコーナーを回るため、できるだけ内を通った方が有利。
2枠の勝率、連対率が高い。
道中は速くならず、残り1000mあたりから激しい攻防となるため、ジョッキーのペース配分もカギ。
有馬記念を3勝しているステイゴールド産駒が好成績。
2200m同様にスタミナ色の濃い種牡馬の産駒が強いコース。
ハービンジャー、スクリーンヒーロー産駒には注目。

◆サトノダイヤモンド
父:ディープインパクト
母父:オーベン

毛艶も張りも上々。筋肉の輪郭はくっきり。
まだアバラが浮くほどではないが、絞れて腰のくびれはすっきりしている。
トモが深く、お尻の筋肉も立派で、相変わらず素晴らしい馬体。
キリっとした自信あふれる顔付と立ち姿にも好感が持てる。

◆キタサンブラック
父:ブラックダイド
母父:サクラバクシンオー

毛艶も張りも上々。のびのびとした印象。
元々すっきりした馬体で、ぱっと見迫力には欠ける印象の時もあるのだが、
今回は、元気よさそうで、メンタルもリラックスして見える。
まだ、お腹が少しぼてっとして、追い切り後に完成と思うが良い仕上がり。

◆ミッキークイーン
父:ディープインパクト
母父:ゴールドアウェイ

毛艶も張りも上々。筋肉量も豊富。
全体的に少し余裕があるが、カチっとまとまった感あり、順調な仕上がり。
追い切り後に、迫力が増してオーラを感じられれば要注意。

◆サトノノブレス
父:ディープインパクト
母父:トニービン

毛艶ピカピカ、張りも上々。筋肉量多く、輪郭もくっきり。
特にお尻の丸い盛り上がりは目を引く。
うっすらアバラが見えるが、まだ絞り切れていないので追い切り後完成。
体調は良いだろうし、確実に仕上げてくる態勢にあるので、恐い存在。

◆シュヴァルグラン
父:ハーツクライ
母父:マキアヴェリアン

毛艶ピカピカ、パンパンの張り。筋肉量豊富で、特に前腕の盛り上がりは凄い。
全体的にまだ太めだが、ここから追い切りで絞れれば、素晴らしい仕上がりだろう。
落ち着いた顔付と、馬体の迫力からは、闘志を感じる。

◆サウンズオブアース
父:ネオユニヴァース
母父:ディキシーランドバンド

毛艶はあまり良くは見えないが天光の加減だろう。
張りは上々、胴が長くすっきりとしている。
全体的に緩いが、これも追い切りで完成の態勢が出来上がっていると思う。

◆アドマイヤデウス
父:アドマイヤドン
母父:サンデーサイレンス

毛艶も張りも上々。筋肉の輪郭もくっきり。
現状は太めと言わざるを得ないので、追い切りで何処まで絞れるか。
元々逞しい馬体なので、追い切りには注目してみたい。

◆ヤマカツエース
父:キングカメハメハ
母父:グラスワンダー

おそらく、毛艶も張りも上々。筋肉量も豊富。
全滝的に余裕があり、追い切りで絞っていくのだと思われる。
繊細さには欠けるが、勢いがあり、追い切りによっては侮れない存在となる。

◆ゴールドアクター
父:スクリーンヒーロー
母父:キョウワアリシバ

毛艶良く、パンパンの張り、筋肉の輪郭もくっきり。
うっすらアバラが浮き、完成度も高く、安定感のある立ち姿。
多少余裕があるが、追い切り後完成。
注目種牡馬スクリーンヒーロー産駒。

◆マリアライト
父:ディープインパクト
母父:エルコンドルパサー

毛艶ピカピカ、上々の張り。筋肉の輪郭もくっきり。
まだ多少余裕があるが、カッチリと仕上げてきた。
牝馬とは思えない前腕の筋肉とトモの深い力強い馬体になっている。
追い切りには注目したい。

◆アルバート
父:アドマイヤドン
母父:ダンスインザダーク

天光の加減か毛艶は、よくわからないが、上々の張り。筋肉量も豊富。
身が詰まって充実した仕上がりだが、現状ちょっと重たそう。
顔付、立ち姿は落ち着いていて、追い切りで絞れれば完成だろう。

さすがにG1,有馬記念ともなれば、どの陣営も完璧に仕上げてくると思われる。
馬体だけでのイチオシは、やはりサトノダイヤモンド。
次点で、ゴールドアクター。
絞れれば、シュバルグラン、サトノノブレス、あたり。
キタサンブラックはあまり良く見えない馬だが、今回は走イメージが湧く仕上がり。
マリアライトの馬体の変化は気になる存在。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

2016-12-20 | Posted in (フォトパドック評価)No Comments » 
Comment





Comment