(フォトパドック評価)

第56回 きさらぎ賞(GIII) フォトパドック評価

第56回 きさらぎ賞(GIII) フォトパドック評価
サラ系3歳 (国際)(特指)オープン 別定
京都1800m 芝・右 外

◆サトノダイヤモンド
牡3歳、鹿毛、栗東・池江寿厩舎(1月27日撮影)
父:ディープインパクト
母父:オーベン

毛艶よさそうで、身が詰まってコンパクトな仕上り。
筋肉の輪郭はくっきりして、盛り上がり、お尻も丸くバネがありそう。
パッと見、1800がどうなのかなとも思ったのですが、ストライドが大きいと
ありますし、そのイメージは湧くし、2000を2勝してるので馬体的には
問題ないのでしょう。
ディープの仔らしく、気品ある顔付も好感が持てます。

 

◆ロイカバード
牡3歳、黒鹿毛、栗東・松永幹厩舎(1月27日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ジェイドハンター

毛艶良さそうで、筋肉の輪郭もくっきり。パワフルな立ち姿。
腰が高く、いかにもバネのありそうな後脚に見えます。
顔付も上品で、仕上がり感もありますが、少々お腹がぽってりしてます。

 

◆レプランシュ
牡3歳、鹿毛、栗東・高野厩舎(1月27日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ファスリエフ

天光の加減か、毛艶はそんなに良く見えませんが、コンパクトな仕上がり。
お腹がぼてっとしているのは体形か。
上記2頭に比べるとインパクトは少なくまだ仔馬体形に見えますが、
決して悪いわけではなく、やはりバネを感じる体形。

 

◆ロワアブソリュー
牡3歳、鹿毛、栗東・須貝尚厩舎(1月27日撮影)
父:ゼンノロブロイ
母父:スーヴェニアコピー

これも毛艶はあまり良くは見えませんが、パンパンの張り。
全体的に太めではありますが、筋肉量豊富でパワフル。
1800という微妙な距離なので、もう少し絞れたらこれでもよいのかもしれませんが。

 

◆ノガロ
牡3歳、栗毛、栗東・音無厩舎(1月27日撮影)
父:キングカメハメハ
母父:ダンスインザダーク

毛艶はおそらく悪くなく、完成度は高く見える。
筋肉の輪郭はくっきりして、うっすらアバラが浮いてみえる。
頭が高い姿勢で、キリっとした印象はあるが、まだ仔馬らしい感じはする。

 

イチオシは、サトノダイヤモンド。
まだ幼さは残るが、良血らしい気品と順調な仕上げ。調教が良ければ外せない馬。
非常にバランスは良く、大切に育てられているような感じがします。

かなり気になる馬体は、ロイカバード。
腰の高さと気迫に非凡さを感じる。顔付もシャープで気が強そうなのも良い。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

2016-02-03 | Posted in (フォトパドック評価)No Comments » 
Comment





Comment