(フォトパドック評価)

第52回 農林水産省賞典新潟記念(GIII) フォトパドック評価

第52回 農林水産省賞典新潟記念(GIII) フォトパドック評価
サラ系3歳以上 (国際)(特指)オープン ハンデ
新潟2000m 芝・左 外

◆マイネルミラノ
牡6歳、栗毛、美浦・相沢厩舎(8月18日撮影・函館)
父:ステイゴールド
母父:ボリッシュプレセデント

ずいぶんどっしりと逞しくなりましたね。
多少余裕があるようにも映るが、うっすらアバラが浮いて完成度は高い。
筋肉の輪郭もくっきりで、追い切り後には完成。

 

◆クランモンタナ
牡7歳、芦毛、栗東・音無厩舎(8月24日撮影)
父:ディープインパクト
母父:トニービン

葦毛には珍しく好印象。
ふっくら見えるし筋肉の載りあがりもリッパ。
多少余裕があるかもしれないが、立ち姿もしっかりして落ち着いている。

 

◆エキストラエンド
牡7歳、鹿毛、栗東・角居厩舎(8月24日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ガルドロワイヤル

毛艶も張りも上々。筋肉の盛り上がりも素晴らしい。
キコウが抜けて、充実した馬体。
お腹周りに余裕はあるが、仕上がりとしては非常によいのでは?

 

◆アルバートドック
牡4歳、鹿毛、栗東・須貝尚厩舎(8月24日撮影)
父:ディープインパクト
母父:Unusual Heat

毛艶ピカピカで張りも上々だが、現時点では太め。
台東は良さそうなので、追い切りでしっかり絞れれば、ということろか。

 

◆ベルーフ
牡4歳、鹿毛、栗東・池江寿厩舎(8月25日撮影)
父:ハービンジャー
母父:サンデーサイレンス

毛艶も張りも上々だが、これも少し太め。
決して悪くはないし、体調は良いのだろうが、追い切り次第。

 

◆ダコール
牡8歳、鹿毛、栗東・中竹厩舎(8月25日撮影)
父:ディープインパクト
母父:アンブライドルド

毛艶はよく見えないが、張りは上々筋肉は逞しい。
少し重い印象はあるが、闘争心ありそうな立ち姿と顔付は好印象。
追い切りで絞れれば、走るイメージはある。

 

現時点で、一番良い印象はクランモンタナなのだが葦毛はわかりにくい。
エキストラエンドがここ何戦の中では良く見えるので要注意。
ダコールのずぶさのある迫力も好印象。

イチオシは無しで、上記3頭を上記順で評価したい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

2016-09-01 | Posted in (フォトパドック評価)No Comments » 
Comment





Comment