(フォトパドック評価)

第35回 ジャパンカップ(GI) フォトパドック評価


人気ブログランキングへ

第35回 ジャパンカップ(GI) フォトパドック評価
東京2400芝・左

競馬ブックコーナーのフォトパドックを見ての評価コメントです。
https://www.keibado.ne.jp/keibabook/itw/photo01.html

(11/19撮影フォトパドックより)

■ラブリーデイ 牡5・栗東・池江寿厩舎
父:キングカメハメハ
母父:ダンスインザダーク

毛艶はイマイチに見えるが、カチっと無駄なく仕上がっている感はある。
筋肉の輪郭もくっきりして、中身が詰まって充実感はあるが、何故か小さく見える。
こんな馬だっけ?という印象はあるが、どこが悪いという訳でもないので。
目下4連勝中だが、決して東京が得意とも言えないので不安材料はある。

■ゴールドシップ 牡6・栗東・須貝尚厩舎
父:ステイゴールド
母父:メジロマックイーン

さらに白くなった印象。こちらも身が詰まってがっちりとした仕上がり。
多少緩く見えるが、葦毛だし、このくらいに見えるくらいでちょうどいいかも。
迫力が増したとは言えず、どちらかというと若々しくなったような感じは良いのか?
東京より阪神という実績だが、このクラスになると会場や馬場の問題ではないかな。

■ミッキークイーン 牝3・栗東・池江寿厩舎
父:ディープインパクト
母父:ゴールドアウェイ

毛艶イマイチは、ラブリーデイも同じなので、天光のせいか。
引きしまった充実した仕上がりで、腰が高くバネのありそうな馬体。
いつもより良く見えるのと、落ち着いた品のある顔付も交換が持てる。
腰が高いが、胴も短い訳ではなく、オークスではルージュバックに勝っているし、
東京2400は問題ない。

■カレンミロティック セン7・栗東。平田厩舎
父:ハーツクライ
母父:エービーインディ

これも毛艶はイマイチだが上記馬と同様。
充実して迫力ある馬体で、胴が長い。おお腹がぼてっと見えてまだ余裕がある。
東京の勝ちがないのと、2400が得意とは言えない実績だが、体形的には2400は
向いてそうな馬体でうっすらアバラも浮いて見えるので、追い切り後完成だろう。

■ヒットザターゲット 牡7・栗東・加藤敬厩舎
父:キングカメハメハ
母父:タマモクロス

毛艶ピカピカ。張りも筋肉の盛り上がりも素晴らしい。
7歳とは思えない若々しい馬体だが、顔付は若干衰えが見えるように感じる。
これも多少緩く映るのと、胴が少し短めで2400がどうかと見えるが実績的にはこなせる。
調教が良ければ、狙いたいと思う仕上がりに見えるが、他の馬の毛艶が良く見えない
状態なので、安易に過信は禁物かもしれない。

■ショウナンパンドラ 牝4・栗東・高野厩舎
父:ディープインパクト
母父:フレンチデピュティ

毛艶はイマイチに見え、身は詰まっているが、明らかに太目。
コメントにはほぼ完成形とあるが、このままでは重たくて走れないだろう。。
顔付ものんびりしてしまって、休養に入ったかと思うような感じにしか見えない。
当日までに、どこまで絞って活気ある状態に戻せるか。
東京得意とも見えず、2400は未経験。

■サウンズオブアース 牡4・栗東・藤岡健厩舎
父:ネオユニヴァース
母父:ディキシーランドバンド

毛艶はやはりあまりよく見えないが、充実した張りと筋肉量はある。
仕上がりとしては、胴周りに余裕があり、太目感は否めない。
調教次第、という感じではあるが、前走に素晴らしいと思った時よりは明らかに落ちる。
2400は問題ないが、東京の勝ちは無い。

■アドマイヤデウス 牡4・栗東・橋田厩舎
父:アドマイヤドン
母父:サンデーサイレンス

これも毛艶はわからないが、現時点では太目。
このままでは難しいと思うので、追い切り判定と当日パドックが悪ければ買えない。
G1の勝ちがほしいだろう馬だが、現時点では、ココではないと思ってしまう出来。

(11/18撮影フォトパドックより)

■ラストインパクト 牡5・栗東・松田博厩舎
父:ディープインパクト
母父:ディンバーカントリー

毛艶は良くは見えないが、皮膚は薄葬で、トモが深く筋肉の輪郭もくっきり。
多少余裕があるように感じるが、仕上がりとしてはいい出来だと思う。
胴は短めで少々ぽってりしているので、2400は長いように映るが、実績はある。
でも、G1級と戦うにはちょっと長いのではないかな。

■ダービーフィズ 牡5・美浦・小島太厩舎
父:ジャングルポケット
母父:サンデーサイレンス

毛艶ははやりイマイチだが、コンパクトに仕上がっていると思う。
迫力には×が、胴長で重心は低く、2400は問題ない体形。
実績は、東京も2400も可もなく不可もなく、どちらかというと得意だろう。
好調であれば、思い切って狙っていてもおかしくないタイミングか。

(11/19撮影フォトパドックより)

■ペルーサ 牡8・美浦。藤沢和厩舎
父:ゼンノロブロイ
母父:キャンディストライプス

毛艶ピカピカ。筋肉は盛り上がり、輪郭もくっきり。
うっすらアバラが浮いて見えるが、お腹はぽってり。
これは体形と思うが、こんな馬だっけ?という印象。(悪いわけではない)
体調は良さそうで、元気はあると見えるから、復活してあの末脚を披露してほしい。

仕上がり切った馬が少ないので、この時点での評価は結果に結び付くかどうか疑問では
ありますが、イチオシは、どうしても良く見えてしまうこの馬で。

人気ブログランキングへ

次点は、素直にゴールドシップとミッキークイーン。
もう1頭、ラストインパクト。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

2015-11-25 | Posted in (フォトパドック評価)No Comments » 
Comment





Comment