(フォトパドック評価)

第33回 マイルチャンピオンシップ(GI) フォトパドック評価


人気ブログランキングへ
ランキングがなかなか上がらないので、クリック応援してくださると嬉しいです。m( )m

第33回 マイルチャンピオンシップ(GI) フォトパドック評価
サラ系3歳以上 (国際)(指定)オープン 定量
京都芝1600m 芝・右 外

秋のマイル王者決定戦。
ここ6年1番人気の優勝は無く、一昨年以前は、8番人気以下がたびたび2着入り。
伏兵の活躍で、荒れ要素あり。

①1番人気の複勝率は80%だが、過去6年未勝利、ここ3年は連対も無し。

②2.9倍以下の連対率は100%、3~4倍の複勝率は100%

③-A
秋天からの臨戦が好成績。

③-B
G1以外の重賞からの臨戦は、東京よりも京都の重賞に出走していた馬が好成績。

④-A
前走1着は好成績。6~9着がそれに続く。

④-B
前走6~9着では、秋天やスプリンターズSで敗れた馬が好走。

⑤同年春と秋に、1400~1800のG2に出走していた馬が連対。

⑥過去5年、5走前までにG3で単勝1番人気だった経験がある馬が優勝。

<京都芝1600外回りコース>

マイルCS、京都金杯、シンザン記念などのコース。

向こう正面直線を2コーナー側に延長したポケットからスタートなので、
直線712mと長く、新潟直線競馬のような出たなりの横広状態での先行争い。
ペースは速めになり、中盤でも緩みにくい。

芝マイルは逃げ切りは難しいが、このコースも同様。
クラスが上がると、差し・追い込み馬の活躍が目立つ。
最後のコーナーで外に膨らむので、馬群がバラけて内ラチが開くのも、
後続馬が抜けだしやすい要因の一つ。

長い向こう正面と直線に近い3~4コーナー、最後の直線は400mほど。
実力馬がスピードに乗って好走しやすい舞台。
穴馬は、スローの前残りか近走で差し届かずに負けた馬を狙いたい。

◆サトノアラジン
牡5歳、鹿毛、栗東・池江寿厩舎(11月9日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ストームキャット

毛艶も張りも上々。筋肉量豊富で、はち切れそうな馬体。
全体的にまだ多少緩いが、バネがありそうで、大型馬なのにコンパクトな仕上がり。

◆フィエロ
牡7歳、青鹿毛、栗東・藤原英厩舎(11月9日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ディンヒル

毛艶も張りも上々。筋肉も盛り上がり、いかにもバネがありそうな馬体。
お腹がぽてっとしているのは体形。パワフルな仕上がり。

◆ミッキーアイル
牡5歳、鹿毛、栗東・音無厩舎(11月10日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ロックオブジブラルタル

毛艶はあまり良くは見えないがおそらく良い。
張りも上々で、筋肉の輪郭もくっきり。
腰が高く、うっすらアバラも浮き、完成度は高く、良い仕上がりと思う。

◆ロードクエスト
牡3歳、鹿毛、美浦・小島茂厩舎(11月9日撮影・栗東)
父:マツリダゴッホ
母父:チーフベアハート

毛艶も張りも上々。
キコウが抜けて、バランス良く、バネのありそうな馬体。
胴周りが多少緩く映るが、追い切り後完成と思う。

◆ダノンシャーク
牡8歳、鹿毛、栗東・大久保龍厩舎(11月9日撮影)
父:ディープインパクト
母父:カーリアン

毛艶もおそらく良く、パンパンの張り。
全体的に余裕があり、あとひと絞り必要。
優しい顔付きで、落ち着いた印象。

◆ウインプリメーラ
牝6歳、黒鹿毛、栗東・大久保龍厩舎(11月2日撮影)
父:ステイゴールド
母父:フォーティナイナー

毛艶良く、筋肉の輪郭もくっきり。
バランス的には、トモが深く逞しいのに比べると、多少お尻が貧弱に映る。
牝馬らしく腰は縊れて、体調は良さそう。

◆ヤングマンパワー
牡4歳、黒鹿毛、美浦・手塚厩舎(11月9日撮影)
父:スニッツェル
母父:サンデーサイレンス

毛艶良く、筋肉の輪郭はくっきり。
すっきりした印象で、うっすらアバラが浮き、完成度は高い。

◆ディサイファ
牡7歳、鹿毛、美浦・小島太厩舎(11月9日撮影)
父:ディープインパクト
母父:Dubai Millennium

毛艶も張りも上々、筋肉の輪郭もくっきり。
うっすらアバラが浮き、体調は良さそう。
全体的にまだ余裕があるので、追い切りで絞れたら完成。

◆スノードラゴン
牡8歳、芦毛、美浦・高木登厩舎(11月9日撮影)
父:アドマイヤコジーン
母父:タヤスツヨシ

芦毛はわかりにくいが、張りは上々で、筋肉の輪郭もくっきり。
全体的に余裕があるように映るので、追い切り次第。
いつもの印象よりは、シャープさに欠けるように映る。

◆イスラボニータ
牡5歳、黒鹿毛、美浦・栗田博厩舎(11月9日撮影)
父:フジキセキ
母父:コジーン

毛艶も張りも上々。筋肉の輪郭もくっきり。
うっすらアバラが浮き、完成度も高い。
胴周りに多少余裕があるが、追い切り後に完成。

◆ネオリアリズム
牡5歳、栗毛、美浦・堀厩舎(11月9日撮影)
父:ネオユニヴァース
母父:メドウレイク

毛宇茶も張りも上々。筋肉の輪郭もくっきり。
うっすらアバラが浮いて、元気はよさそう。
お腹がぽてっと映るが、体形もあるだろう。追い切り次第。

◆マジックタイム
牝5歳、黒鹿毛、美浦・中川厩舎(11月9日撮影)
父:ハーツクライ
母父:ブライアンズタイム

毛艶も張りも上々。
全体的にまだ緩い印象だが、追い切り後には完成。

さすがにG1という完成度の高さ。
全体的に余裕残しなので、最終追い切りでどこまで完成に近づけるか。
現時点の完成度を重視したイチオシは、ロードクエストをあげたい。

完成度の高さからの推奨は、
ミッキーアイル、ヤングマンパワー、イスラボニータ、あたり。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

2016-11-15 | Posted in (フォトパドック評価)No Comments » 
Comment





Comment