★「競馬情報データバイキング」~競馬情報~

第21回 KBS京都賞ファンタジーステークス(GIII) データ考察&予想


人気ブログランキングへ
ランキングがなかなか上がらないので、クリック応援してくださると嬉しいです。m( )m

第21回 KBS京都賞ファンタジーステークス(GIII) データ考察&予想
サラ系2歳 (国際)牝(指定)オープン 馬齢
京都1400m 芝・右 外

順当な決着の多いレースだったが、この10年は1番人気の優勝が無く、
2番人気も1勝止まり。
波乱含みの一戦で高配当が期待できる。

<JRAデータ>

①複勝圏内の13/30は、JRAの重賞で8着以内に入った経験あり。複勝率40.6%
 8着以内経験無しで、前走3着以下は全て4着以下。⇒消しデータ

②複勝圏内10/30は、前走りが芝1500以上で、40.0%。距離延長が好走。

③複勝圏内の24/30は、同年8/10以前のJRA芝レースにおいて連対経験あり。
 その経験が無い馬は、複勝率4.8%、優勝無し。

④複勝圏内の15/18は、中4週以上。

<京都芝1400外回りコース>

外回りは上級条件で使用される。

スタートから3コーナーまでは512m。3~4コーナー中間の丘は内回りより高く、
上りはなだらかだが下りは傾斜がきつい。
3~4コーナーは、典型的な角コーナーで、スピードが出る為、4コーナー出口で
馬郡が膨らみやすいく、直線に向いてすぐ内回りと合流する為、うちが開く。

直線も400mと長く、実力馬が力を発揮しやすい。

先行有利ではあるが、中心ではない。
外回りは直前が長いので、差し馬も届く。
展開次第では、どの脚質でもOK。

◆アオアラシ
父:アルデバラン2
母父:クロフネ

①×
②×
③×
④▲

◆クインズサリナ
父:ダノンシャンティ
母父:ウォーニング

①▲
②×
③▲★
④×

◆クールファンタジー
父:ロードアルティマ
母父:トニービン

①×
②×
③×
④×

◆ゴールドケープ
父:ワークフォース
母父:デュランダル

①×
②▲
③×
④×

◆ショーウェイ×
父:メイショウボーラー
母父:フジキセキ

①×⇒消しデータ
②×
③▲★
④▲

◆ディアドラ
父:ハービンジャー
母父:スオエシャルウィーク

①×
②×
③▲★
④×

◆ドロウアカード
父:ダイワメジャー
母父:ジャングルポケット

①×
②▲
③▲★
④▲

◆ブラックオニキス
父:ブラックタイド
母父:チーフベアハート

①▲
②▲
③▲★
④▲

◆ミスエルテ
父:Frankel
母父: Pulpit

①×
②▲
③×
④▲

◆メイショウカリン×
父:ケイムホーム
母父:ディンヒル

①×⇒消しデータ
②×
③▲★
④×

◆モンロー
父:クロフネ
母父:サンデーサイレンス

①×
②×
③×
④▲

◆ヤマカツグレース
父:ハービンジャー
母父:グラスワンダー

①×
②×
③×
④×

データ的には、ブラックオニキスが優勝候補。
対抗は、ドロウアカードか。

(予想人気)

1 ミスエルテ
2 ディアドラ
3 ヤマカツグレース
4 ブラックオニキス
5 クインズサリナ
6 ドロウアカード
7 クールファンタジー
8 モンロー
9 ゴールドケープ
10 メイショウカリン
11 アオアラシ
12 ショーウェイ

1~3番人気が飛ぶ可能性も高いと思うので、穴馬を探したいが。

昨年は、オール、ディープインパクト産駒だが、今年はいない。
2年連続ターントゥ系産駒が3着以内。

そうすると、次の1頭は、クインズサリナということになり、

4・5・6番人気想定の決着。

<予想>

1着:ブラックオニキス
2着:ドロウアカード
3着:クインズサリナ

全く違う傾向だった場合は、固いか大荒れかどちらか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Comment





Comment