(フォトパドック評価)

第21回 秋華賞(GI) フォトパドック評価&データからの考察


人気ブログランキングへ
ランキングがなかなか上がらないので、クリック応援してくださると嬉しいです。m( )m

第21回 秋華賞(GI) フォトパドック評価&データからの考察
サラ系3歳 (国際)牝(指定)オープン 馬齢
京都2000m 芝・右

秋華賞優勝馬6/10は、同年春の秋華賞またはオークスの優勝馬。
春のクラシックホースが貫禄を見せるのか、新しいヒロインが生まれるのか。

①優勝馬の10/10が通算出走回数が8戦以下。
 複勝圏内でも23.7%が8戦以下。9戦以上は、8.5%

②連対馬19/20は、前走5着以内。
 6着以下の連対率は1.4%、複勝圏内も5.5%。
 さらに、良馬場芝で6着以下の好走は無い。

③27/30は、京都か阪神コースで連対経験あり。
 その経験が無い馬は、複勝率4.8%。2011年以降は、0-0-0-30

④23/30が前走阪神。前走中山の複勝率は、0/40。
 4年感では、3着以内馬の11/12が阪神。

⑤過去4年の複勝圏内馬の10/12は、前走上がり3ハロンが3位以内で40%。

⑥過去4年の勝ち馬は、京都か阪神で行われたオープンクラスのレースで連対経験あり。
 通産出走8回以下。
 前走上がり3位以内。
 前走り単勝人気が4番人気以内。

◆ヴィブロス (福永)
牝3歳、青毛、栗東・友道厩舎(10月6日撮影)
父:ディープインパクト
母父:マキアヴェリアン

毛艶も張りも上々。筋肉の輪郭もくっきり。
若干緩いようにも映るが、牝馬はふっくら気味の方が良いのだろう。
バランス的には、トモが深く、脚が長い。
軽い京都の馬場には合いそうな印象。

①★6回
②★2着
③▲京都で1・2着
④×中山
⑤★2位
⑥×前走3人 ⇒前走中山というだけで他はクリア

京都も2000も得意と思うので、可能性はあるのでは?と思うが、
チューリップとフラワーの大負けが気になる。内田が嫌いか?
福永の3連続騎乗は良いだろう。福永もココで挽回したいところ。

◆ウィンファビラス(松岡)
牝3歳、芦毛、美浦・畠山厩舎
父:ステイゴールド
母父:アドマイヤコジーン

①×9回
②×8着
③▲阪神で2着
④×中山
⑤×8位
⑥×

今回は厳しいか。

◆エンジェルフェイス (浜中)
牝3歳、黒鹿毛、栗東・藤原英厩舎(10月6日撮影)
父:キングカメハメハ
母父:Tejano Run

毛艶よく、筋肉は逞しく盛り上がり、キコウが抜けて逞しい。
お腹はぽってりしているが、うっすらアバラが浮いて完成度も高いだろう。
パワーを感じるのと大人びた馬体なので早熟か。
バネもありそうで好印象。

①★6回
②×16着
③▲阪神1着、京都2着
④×中山
⑤×
⑥×

出来は良さそうだが、前走の16着+10キロを考えても負け過ぎでは?

◆カイザーバル (四位)
牝3歳、黒鹿毛、栗東・角居厩舎(10月5日撮影)
父:エンパイアメーカー
母父:サンデーサイレンス

毛艶も張りも上々。
皮膚はうすそうで、すっきり仕上がっている。
バランス的には、前腕の筋肉は盛り上がっているが、お尻と後脚が少し貧弱。
脚は長く、悪くはないのだが。

①★8回
②★3着
③▲阪神1着2回、京都2着
④★
⑤★2位
⑥▲前走6人 ⇒前走6人以外は条件クリアなので、優勝候補としたい。

阪神・京都得意と思う。
前走1番人気のシンハライト回避、前走り-14キロで重馬場にて3着は力強い。
馬体はまだ幼さを残すが、実力はあると見る。
馬体重を戻して調教良ければ、優勝候補と見てよいのではないか。

◆キンショーユキヒメ(松若)乗り替わり
牝3歳、芦毛、栗東・中村厩舎
父:メイショウサムソン
母父:サンデーサイレンス

①×10回
②★3着
③▲阪神2着
④★
⑤×4位
⑥×前走4人

データ的に悪くはないのだが、コレを買うならミエノサクシーの方が上か。

◆クロコスミア (岩田)
牝3歳、黒鹿毛、栗東・西浦厩舎(10月5日撮影)
父:ステイゴールド
母父:ボストンハーバー

毛艶も張りも上々。
身が詰まった感じで、充実感あり、仕上がり度としても高いだろう。
バランスもよく、体調も良いだろう。

①×11回
②★2着
③▲阪神2着
④★
⑤×4位
⑥×前走11人 ⇒2・3着候補

フローラの大負けが響いての前走11人気、シシンハライトに0.4差ならば、
シンハライトのいないこのレースでは期待しても良いだろう。

◆ゲッカコウ(和田)乗り替わり
牝3歳、黒鹿毛、美浦・高橋厩舎
父:ロージズインメイ
母父:シンボリクリスエス

①×11回
②×15着
③×
④×中山
⑤×
⑥×前走11人

条件的にはちょっと厳しいか。

◆ジュエラー (M.デムーロ)
牝3歳、鹿毛、栗東・藤岡健厩舎(10月6日撮影)
父:ヴィクトワールピサ
母父:Pistolet Bleu

毛艶も張りも上々。前腕の筋肉は盛り上がって逞しい。
キコウが抜けてトモも深くなった。
バランス的にはお尻が少し物足りないが、すっきりと好仕上がり。
高貴な顔付も好感が持てる。

①★5回
②×11着
③★阪神・京都でそれぞれ1・2着
④★阪神
⑤×
⑥×前走2人ですが負け過ぎでこの結果に

とにかく、前走の大負けさえなければ優勝候補と思う。
大負けの原因が距離なのか重馬場なのかで、評価が全く変わる。
今週は晴れなので、あっさり勝ってもおかしくない。

◆ダイワドレッサー (川須)
牝3歳、鹿毛、美浦・鹿戸雄厩舎(10月5日撮影)
父:ネオユニヴァース
母父:スウェプトオーヴァーボード

毛艶も張りも非常に良さそう。現時点でふっくらと好仕上がり。
バランスも良く、仔馬らしさが抜けてきた。
顔付も賢そうで落ち着いた様子なのも良い。

①★7回
②★2着
③×未経験
④×福島
⑤×
⑥×前走9人

阪神・京都未経験なので、何とも。

◆デンコウアンジュ (内田)
牝3歳、黒鹿毛、栗東・荒川厩舎(10月5日撮影)
父:メイショウサムソン
母父:マリエンバード

毛艶はあまり良く見えないが天光のせいか。張りは良い。
カチっとまとまった感があり、お尻の丸みが良い感じ。
お腹は少しぽてっとしているが、仕上がり度も高いと思う。
キリっとした顔付も良いし、バランスも古馬のよう。

①★8回
②★4着
③▲京都1着
④★
⑤★2位
⑥×前走8人 ⇒2・3着候補

メジャーエンブレムに勝った馬だが、この実績ではちょっと拾いにくい。
馬体は良さそうなので、上りの脚を買うかどうか。

◆ネオヴェルザンディ(松山)乗り替わり
牝3歳、鹿毛、美浦・鹿戸厩舎
父:Temple City
母父:Stormin Fever

①★7回
②★1着
③×未経験
④×中山
⑤×
⑥×前走11人

今回は厳しいか。

◆パーシーズベスト(C.ルメール)
牝3、黒鹿毛、栗東・石坂厩舎
父:ディープインパクト
母父:Smoke Glacken

①★7回
②★4着
③▲阪神1着2回、京都2着2回
④★
⑤★3位
⑥×前走7人 ⇒2・3着候補

前走は初重賞だった為人気が押さえられていたと考えると、
ルメール確保で狙っていると見てもよいか。

◆パールコード (川田)
牝3歳、青鹿毛、栗東・中内田厩舎(10月5日撮影)
父:ヴィクトワールピサ
母父:ロストコード

おそらく毛艶よく、張りも上々、筋肉の輪郭もくっきり、仕上がり度も高い。
腰がくびれ、腰が高く、いかにもバネがありそう。
耳を前にしっかり立てて、キリっとした感じも良い。

①★5回
②★5着
③▲京都で1・3着
④×中山
⑤×そんなに早い上りの脚ではないが、その他のレースでは3位前後
⑥※前走2人

条件的には、前走中山は複勝圏内も難しいということなのだが、
前走に何故中山を使ったのか?わざとのような気がしてならない。
京都は得意と思うので、調教良ければ優勝の可能性もありと見ます。

◆ビッシュ (戸崎)
牝3歳、鹿毛、三浦・鹿戸雄厩舎(10月5日撮影)
父:ディープインパクト
母父:アカテナンゴ

毛艶も張りも上々、筋肉の輪郭もくっきり。
うっすらアバラが浮いて、完成度も高いだろう。
少しお腹がぽてっとしているが、あとひと絞りということろか。
落ち着いて優しそうな牝馬らしい顔付。

①★5回
②★1着
③×未経験
④×中山
⑤★1着
⑥※前走1人

阪神未経験で前走中山、地力で勝つか飛ぶか、という感じがする。

◆フロンテアクイーン (蛯名)
牝3歳、鹿毛、美浦・国枝厩舎(10月5日撮影)
父:メイショウサムソン
母父:サンデーサイレンス

曇りのせいか毛艶はあまり良く映らないが、良さそう。
がっちりとした骨格で、首に対して身体が大きい。
パワーは感じるがまだ成長途上。

①×9回
②★3着
③×未経験
④×中山
⑤×
⑥×前走5人

データ的には厳しい。

◆ミエノサクシード(川島)
牝3歳、栗毛、栗東・高橋厩舎
父:ステイゴールド
母父:A.P. Indy

毛艶も張りも上々。筋肉の輪郭はくっきり。力強く仕上がっている。
どちらというと筋肉質で、キコウが抜け、古馬の風格。
負けん気の強そうな顔付も良い。

①×10回
②★1着
③▲阪神1着2回
④★阪神
⑤★3位
⑥▲前走1人 ⇒出走回数のみ10回だが他条件はクリア

初重賞なので、何とも言えないが、データ的には2・3着候補。

◆レッドアヴァンセ
牝3歳、黒鹿毛、栗東・音無厩舎(10月6日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ダンシングブレーヴ

毛艶も張りも上々。筋肉は付いているがすっきりのっぺりの仕上がり。
落ち着いた印象で、悪くないが。

①★8回
②×8着
③▲京都1着2回、2着1回、阪神2着
④★阪神
⑤×チューリップ賞ではシンハライト・ジュエラーと0.1差の上り
⑥▲前走4人 ⇒前走+18キロがどうだったのかで変わる

重馬場はあまり得意ではないとしても、ここ4戦ふるわないのは、
ちょっと買いにくい。

◆ワンダーピルエット
牝3歳、鹿毛、栗東・小崎厩舎
父:エンパイアメーカー
母父:グラスワンダー

①★7回
②★1着
③×
④×小倉
⑤×
⑥×前走4人

ダートからの天候なので。

現時点でのデータからの優勝候補は、

ジュエラーか体重戻したらカイザーバル。

穴では、クロコスミアとパーシーズベスト。

枠が決まったら、血統も加味して予想出します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

2016-10-13 | Posted in (フォトパドック評価)No Comments » 
Comment





Comment