(フォトパドック評価)

第16回 チャンピオンズカップ(GI) フォトパドック評価


人気ブログランキングへ

第16回 チャンピオンズカップ(GI) フォトパドック評価
中京1800m ダート・左

(11/26撮影フォトパドックより)

■コパノリッキー 牡5・栗東・村山厩舎
父:ゴールドアリュール
母父:ティンバーカントリー

毛艶イマイチに見えるが、天光の加減かと思う。
全体的に緩く映るが、うっすらアバラが浮いて、完成度としてはまあまあ。
やさしい顔付で、穏やかな印象。希薄には欠けるが、落ち着いているのは良い。

■ホッコータルマエ 牡6・栗東・西浦厩舎
父:キングカメハメハ
母父:チェロキーラン

毛艶もハリも上々。まだ余裕残しではあるが、筋肉はしっかり盛り上がって、
あとひと絞り、というところかと思う。
顔付は穏やかだが凛々しく、バネがあって迫力を感じられる雰囲気あり。

■ノンコノユメ 牡3・美浦・加藤征厩舎
父:トワイニング
母父:アグネスタキオン

毛艶イマイチなのは、上に同じ。張りはパンパンで丸太のような胴体。
胴が詰まって見えるので、1800がどうかは多少微妙。実績的にも1600では?

■ロワジャルダン 牡4・美浦・戸田厩舎
父:キングカメハメハ
母父:サンデーサイレンス

これも上同様、毛艶はぱっとしない。
トモが深く、腰がくびれて、腰高の体形で、牝馬のような感じにも見える。
穏やかな顔付だが、トモの深さと前脚の筋肉の盛り上がりは目を引くものがある。

■サウンドトゥルー セン5・美浦・高木登厩舎
父:フレンチデピュティ
母父:フジキセキ

上同様で毛艶はイマイチだが、ハリと筋肉量は豊富。
全体的に余裕があり、今週の追い切りで絞れれば、迫力ある力強い馬体になるだろう。
前脚の筋肉の輪郭はくっきり。お尻のボリュームがあり、どっしりと逞しい。

(11/25撮影フォトパドックより)

■ローマンレジェンド 牡7・栗東・藤原英厩舎
父:スペシャルウィーク
母父:オーサムアゲイン

毛艶よく皮膚は薄く、ハリも上々。
トモは深く、腰高で、筋肉の輪郭はくっきり。お尻のボリュームもある。
バネもありそうで、胴も長く、全体のバランスも良く、7歳には見えない。
顔付もシャープな印象で、闘争心を感じるのも良い。
中央のG1タイトルがほしいところだろう。

■ワンダーアキュート 牡9・栗東・佐藤正厩舎
父:カリズマティック
母父:ブレズントタップ

毛艶よく、うっすらアバラが浮いて、すきり仕上がっている。
筋肉の輪郭もくっきりして、悪くはないが、大人しそうな顔付も迫力には欠ける。
ダート馬にしては細い印象だが、これで走っているのでよいのかな。

(11/26撮影フォトパドックより)

■ニホンピロアワーズ 牡8・栗東・大橋厩舎
父:ホワイトマズル
母父:アドマイヤベガ

この日は曇りなので、毛艶がわからないが、皮膚は薄葬で、コンパクトな仕上がり。
お腹がぽてっとしているのは体形。首は立ち気味で、こんな形の馬なんです。
キコウが抜けて、胴長でバネもありそうで悪くはないのだが、少し年を感じる印象はある。

(11/25撮影フォトパドックより)

■ナムラビクター 牡6・栗東・福島信厩舎
父:ゼンノロブロイ
母父:エンドスウィープ

毛艶はよさそうで、ハリも上々。筋肉の輪郭はくっきり。アバラが浮いて、好仕上がり。
トモは立ち気味で深く、腰高でバネのありそうな馬体。
お腹がぼてっとしているのは、今週の追い切りで絞れれば問題ない。

(11/26撮影フォトパドックより)

■グレープブランデー 牡7・栗東・安田高氏厩舎
父:マンハッタンカフェ
母父:ジャッジアンジェルーチ

毛艶は曇りの影響で良くは見えないが、筋肉の輪郭くっきり、うっすらアバラが浮いている。
完成度は高いのだと思うが、やはり迫力不足。

(11/25撮影フォトパドックより)

■サンビスタ 牝6・栗東・角居厩舎
父:スズカマンボ
母父:ミシル

毛艶はあまりよく見えないが、凄いトモの深さと前脚の筋肉の盛り上がり。
小柴くびれて牝馬らしくもあるが、前腕の迫力はとても牝馬とは見えない力強さ。
顔付はきりっとして上品。耳をピンと立てて、シャープな印象は交換が持てる。
バランス的には、スケールの大きい馬体と見え、いかにも走りそうな印象はある。

正直、ダートの馬は思ったより太めでも走るので、あまり評価しにくい。
イチオシは無しにして、推奨馬を3頭あげておきます。

完成度と全体のバランスから、現時点で一番良く見えるのは、⇒
人気ブログランキングへ

悪いところは見つけられない仕上がりで、かなり高評価。

多少緩いが、今週の追い切りで完成と見える、ナムラビクター。
少し胴が短い印象もあるが、実績的には問題ないと思うが、G1経験は去年のこの舞台の2着のみ。

非常に気になる馬体が、サンビスタ。牝馬らしからぬ前脚の迫力ある筋肉。
不良馬場もものともせず、実績的にも迫力あり。

人気が付きそうな、ホッコータルマエ、コパノリッキー、ノンコノユメ、あたりも
決して悪いわけではなく、いつも通り、もしくはまだ緩いという状態なだけなので、
当日パドックでオーラを感じるようであれば、頭で来る可能性は十分あると見ます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

2015-12-01 | Posted in (フォトパドック評価)No Comments » 
Comment





Comment