(フォトパドック評価)

第109回 京都記念(GII) フォトパドック評価

第109回 京都記念(GII) フォトパドック評価
サラ系4歳以上 (国際)[指定]オープン 別定
京都2200m 芝・右 外

 

◆タッチングスピーチ
牝4歳、鹿毛、栗東・石坂厩舎(2月3日撮影)
父:ディープインパクト
母父:サドラーズウェル

おそらく毛艶もよく、トモが深く前腕の筋肉が逞しい。
バランス的には、もう少しお尻のボリュームがほしいように感じる。
牝馬はこの1頭のみで、3キロ差であれば、勝ち負けはアリ。
京都2200は悪くないと思う。

 

◆ヤマカツエース
牡4歳、栗毛、栗東・池添兼厩舎(2月3日撮影)
父:キングカメハメハ
母父:グラスワンダー

おそらく毛艶よく、張りも上々で、体調は良さそう。
全体的に緩く映るので、金杯よりは少し落ちるか。
ぼんやりした印象はあるが、調教次第。
2200は少し長いかも。

 

◆サトノクラウン
牡4歳、黒鹿毛、美浦・堀厩舎(2月3日撮影)
父:マルジュ
母父:Rossini

毛艶よく、皮膚は薄そうで、筋肉も付いているが、全体的に緩い。
お腹がぼてっとしているのは体形かもしれないが、気になる。
調教で絞れてすっきり仕上がれば。
京都は走っていないので、適正的にどうか。

 

◆レーヴミストラル
牡4歳、鹿毛、栗東・松田博厩舎(2月3日撮影)
父:キングカメハメハ
母父:レーヴドスカー

おそらく毛艶も張りも上々。筋肉量も豊富で、パンパンの仕上がり。
脚が長く、小回りもききそうでバネのありそうな馬体。
頭が高く、すっきりとした顔立ちは、堂々として好印象。

 

◆ワンアンドオンリー
牡5歳、黒鹿毛、栗東・橋口弘厩舎(2月3日撮影)
父:ハーツクライ
母父:タイキシャトル

毛艶も張りもよく、皮膚も薄そうで筋肉の盛り上がりもくっきり。
お腹がぼてっとしているのは体形もあるが、少し重たい印象。
悪くはないが、取り立てて言うほどのところもないかな。

 

◆ヒストリカル
牡7歳、黒鹿毛、栗東・音無厩舎(2月3日撮影)
父:ディープインパクト
母父:ノーザンテースト

おそらく毛艶は悪くなく、張りはパンパンで、筋肉質。
パワフルだが、全体的に余裕がある。
身が詰まって充実しているので、追い切りでどこまで絞れるか。
脚が長いので胴が短く見えたがそんなこともない。
落ち着いた印象で、迫力はある。

 

タッチングスピーチ以外は、どの馬もまだ緩い印象だが、
今週の追い切りで絞れて仕上がることを前提に。

イチオシは、迷いましたが、距離も考慮して、レーヴミストラルで。
元気いっぱいで、好印象だが、松田のテン乗りというのは気になる。

次点では、まだ未完成だがスケールの大きな馬体のタッチングスピーチ。

2200が少し長いかということと、全体的に緩いので、絞れたらが前提だが、
ヤマカツエースとヒストリカルには注目したい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

2016-02-09 | Posted in (フォトパドック評価)No Comments » 
Comment





Comment