競馬に関する自論

投資競馬で安全な運用は可能か?~1番人気馬の複勝率

【投資の安全性と利回りの関係】

投資といってもいろいろあります。

銀行や郵便局に預けるのは投資とは言いませんが、

証券会社のファンドや不動産は投資になります。

投資した資金をどう運用するか、で、安全性が予測されます。

一般的には、大きな利回りを目指すものは危険も伴いますし、安全性が高いものは

そんなに大きな利回りは望めないものが多いです。

銀行に預けておけば、利回り的には減りはしません。(ATM手数料などで、

引かれるものを考えるとマイナスになっている口座も多いと思いますが。)

株に投資した場合は、半分に減る可能性もありますが、20%くらいの利益を

見込めるものも多いと思います。

FXに投資した場合元金保証はありませんので、0になる可能性もありますが

短期でも上限無しでの利回りを得られる可能性があります。

日経225などの運用では、0どころか追証といって、追加支払いが発生するものも

あり、私の知人の知人(まあ他人ですけど(笑)は、●億という追証が来て、

自己破産したと聞いています。

 

【競馬は投資になるかもしれな理由】

競馬は、ある程度の統計的データがありますので、投資に向かないとは

言えないと思います。

世界情勢や経済情勢などの外的要因、ファンダメンタルに左右されることが

少ないので、投資に向いている、という考え方もあります。

確かに、ファンダメンタルは直結して影響するわけではありませんので、

株やFXで重要な、常に世界的な経済状況、ギリシャとEUがどうした、

日本の経済成長がどうした、政治的作意で為替が操作されている、

どこの企業が買収された、倒産した、などなどは、競馬に対する影響は

ごくごくわずかと思われます。

わずか、というのは、少なからず厩舎の運営やJRAの方針に影響することも

あるかもしれないかな、馬券を購入している人の資産の変動で購入する金額に

変化があるかもしれないな、程度です。

 

【競馬は統計的データとして使えるのか?】

競馬場はリニューアルするし、走る馬も騎手も変わるのだから、統計的データを

取っても無意味だ、という考え方もあります。

おっしゃる通り、競馬場がリニューアルされると、レース傾向が変わりますし、

同じ馬同士が走ることはまず二度とありませんので、メンバーは常に違います。

毎年同じレースが繰り返されると言っても、馬も騎手も当然変わりますし、

天候も違いますし、頭数も違ったり、参加する厩舎も違いますし、JRAの

大人の事情もその都度違います。

JRAの歴史も昭和29年からのもので、データ数として充分といえるか?

それも、条件の違うレースの統計を取って意味があるのか?

という疑問もご最もですが、そのレースの傾向があるのも確かです。

毎年荒れるレースは、必ずとは言えなくても荒れる確率が高いですし、

固く決まるレースは、これも必ずではなくても固く決まる確率が高いです。

これは何らかの理由があるはずなんです。

その理由を見付けることができれば、可能性の高い馬券を購入することが

できる、ということになりますね。

 

【競馬に利回りの法則を当てはめると】

そもそも、競馬を投資と考えるかは異論がある方は多いとは思いますが、

利回りの法則を当てはめてみると、大きな利回りを望む賭け方は安全性が低い、

つまりは、お金をなくす、減らす、可能性が高い。

利回りが低くてもいい、ということであれば、安全性が高い運用も可能。

という理論を成り立たせてみましょう。

 

競馬で安全性の高い投資を望むなら、統計的データを元に、大きな利益を望まず、

客観的判断で賭けることが必要となります。

私が考える一番的中率を高く維持できそうなのは、複勝だと思います。

確率の高い馬の複勝のみで勝負する!

昔の競馬のプロは単複の勝負が多かったと聞いています。

3着以内に来る確率の高い馬をたった1頭見付ける方法さえわかれば勝てる、

ということになります。

たとえ配当は低くでも、的中すればマイナスにはなりませんから、1点勝負で

90%以上の的中率があれば、銀行よりよっぽどいい利回りになるはずです。

1.1倍で買う気になるかといえばなりませんけど、利回りで言えば10%ですから、

銀行に比べたら驚きに高利回りなんですよね。

 

【競馬で利回りの低い賭け方は安全なのか?】

確かに90%の的中率があれば、回収率100%を上回ることができると思います。

複勝の配当を1.1~2.5倍程度と仮定して、平均配当1.5倍としてみましょう。

1000円を10回賭けて、10000円投資した場合、9回×1500円=13500円が配当、

となりますので、3500円の利益、35%の利回りですから素晴らしいです。

 

でも、3500円利益が上がってもあまり嬉しくないので、

毎回10000円を10回、10万円投資したら35000円の利益になりますよね?

毎回10万円で100万円投資したら35万円の利益になりますよね?

と、考えてしまいがちです。

90%の的中率を10回に1回外れる、と考えるのは間違いです。

1000回に100回外れる、くらいで考えなければいけません。

それも、ある程度平均的にはなると思いますが、20回連続的中することもあれば、

20回連続で不的中の可能性も忘れてはいけない、ということです。

つまり、毎回10万円かけて20回不的中で、200万円マイナスになることもある、

ということです。

そして、それを取り戻すには、毎回10万円を40回連続で的中しさせてはじめて

取り戻せるんですよ。

そういうものだという認識と、それだけの資金、そして、それだけマイナスに

なっても的中確率を信じて賭けつづけるメンタルも必要となります。

 

【的中率90%は簡単なことなのか?】

あるサイトで1番人気の成績についてのデータをまとめてくださっていました。

http://www.lily.sannet.ne.jp/bantyo/BRO/1nin.htm

※最下部に表を載せておきます。

検証したわけではありませんが、一部拝借させていただきます。

 

全レースの成績では、勝率:33.9%、連対率:53.1%、複勝率:65.9%

複勝率90%以上を狙おうとすると、単勝1.0~1.2倍で勝負しなければなりません。

先ほどの平均1.5倍を修正して、平均1.1倍、として計算しなければならなくなります。

が、それでよいならいいのですが・・・

単勝3倍以上の馬を狙いたかったら、複勝率は、50%以下に下がります。

これは、全レースを対象にしていますので、単勝2.5~4・5倍で、やっと複勝1.5倍平均に

なるかどうか、というところだと思いますので、そこを狙いたいならば、単純に平買い

しても無理なので、レースを厳選することにより、90%に近づけることが理想です。

そのために、「複勝1点勝負!」を考案中です。

 

<1番人気信頼度調査(2001年~2005年データを使用)>

・オッズ(最終)別 1番人気成績

1着数 2着数 3着数 4着数 5着数 着外数 総レース数 勝率 連対率 複勝率 2着率 3着率
全レース 5618 3190 2113 1456 1010 3196 16583 33.9% 53.1% 65.9% 19.2% 12.7%
1.0 16 0 0 1 0 0 17 94.1% 94.1% 94.1% 0.0% 0.0%
1.1 89 8 6 1 2 4 110 80.9% 88.2% 93.6% 7.3% 5.5%
1.2 182 48 16 8 8 13 275 66.2% 83.6% 89.5% 17.5% 5.8%
1.3~1.4 590 219 94 54 30 77 1064 55.5% 76.0% 84.9% 20.6% 8.8%
1.5~1.9 1513 721 420 244 154 365 3417 44.3% 65.4% 77.7% 21.1% 12.3%
2.0~2.4 1244 767 492 351 230 601 3685 33.8% 54.6% 67.9% 20.8% 13.4%
2.5~2.9 990 669 491 339 238 759 3486 28.4% 47.6% 61.7% 19.2% 14.1%
3.0~3.9 824 631 480 373 287 1015 3610 22.8% 40.3% 53.6% 17.5% 13.3%
4.0~ 170 127 114 85 61 362 919 18.5% 32.3% 44.7% 13.8% 12.4%

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

2015-07-13 | Posted in 競馬に関する自論No Comments » 
Comment





Comment