(旅行&グルメ)

台湾旅行~台北101ショッピングモール[Taipei 101 Mall]・鼎泰豐(ディン タイ フォン)~No.3

観光を終えてバスで向かったのは、
■台北101ショッピングモール[Taipei 101 Mall]。

台湾台北市信義区にある超高層ビル。高さ509.2mで、地上101階、地下5階からなり、
名前はこれに由来する。
建設段階の名称は台北国際金融センター(中国語: 臺北國際金融大樓)。7年間の工期を経て、
2004年に世界一の超高層建築物として竣工した。

101外観1101外観2

写真を撮ろうと思っても、一番上まで入れて撮るのは、しゃがんで撮らないと無理でした。
このビルの中の小龍包で有名なお店へGO!

 

■鼎泰豐(ディン タイ フォン) 101店
あの「ニューヨークタイムズ」で世界10大レストランに選ばれたこともあるという超有名店で、
小龍包が世界中で有名になったのはこのお店が発祥だとか。
お値段は少し高めらしいのですが、ツアーに組み込まれていたのでよくわかりません。(笑)
常に20~30分待ちは当たり前で、基本的に予約ができないので食べたかったら並ぶしかないお店のようです。
日本にもお店があり、台北市内にも、「本店(永康街)」「忠孝店」「そごう復興店」「そごう芝山店」
の4店舗あるようです。

小龍包1小龍包2

最初に、空芯菜炒めなどのお惣菜系が少し出ましたが、これがまた美味しい。
小龍包は、普通の小龍包と、エビの小龍包と、ヨモギの小龍包と、豚の小龍包、などなど。
他にもいろいろあるのでしょうが、次から次へと出てきて、かなりお腹いっぱいになります。
〆には炒飯とスープ。これもまた薄味でシンプルですが、非常に優しい味で美味しい。
あえて言うならば、普通の小龍包が一番美味しかった。(笑)

 

101というのはショッピングモールで、ブランドのお店がいっぱい入っています。
2101中101中1
洗練されたイメージ作りと、天井を高く、空間を広く取った、ゆったりとした設計で美しい。
日本のセンスも負けないとは思うが、このくらいの広さの空間の居心地のよさはなかなか無いかな。

 

展望台に上るところまでコースに含まれているとのことだったので、多少迷いましたが、
せっかく来たのだからと展望台に上ることになりました。
この展望台に上るエレベータ待ちの列がかなり長い・・・もう一度迷いましたがここまで来たので。(笑)

101展望1
これはエレベータの中の階数表示ですが、天井には星が散りばめられていて、綺麗。
かなりの高速エレベータで、この何十秒かの為にあんなに並んだんだ、という感じはありますが。

 

展望台からの景色。
この日は曇っていて、視界がイマイチだったが残念ですが、まあこんなもんかなと。
101展望2

この写真を撮ったのは、最上階の室内ですが、ここから非常階段みたいなところを上がって、
いわゆる屋上みたいなところに登れるようになっています。
ここでまた、せっかくだから登ってみようと思ってしまった。
本当にただの屋上みたいで、苦労が報われた感はなかったのですが、まあせっかく来たので。(笑)

 

降りるエレベータまでたどり着く道順に、「マスダンパー」という重さ660トン、直径5.5メートルの
巨大ダンパーを92階から87階に設置しています。地震対策とのこと。
101地震1

 

エレベーターにも安全対策がしてあり、万が一カゴを吊っているロープが切れ、
カゴが落下してしまったら、数秒でかごを停止する安全装置が搭載されているそうです。

 

ここのキャラクターで、「Damper Baby」というらしい。
等身大で、みんな一緒に記念撮影していましたけど、かわいいですか?
地震対策で安全を守る、という意味では、かわいく見えてこないこともないかな。(笑)
101地震2

またエレベータに乗るための長い列に並び、1Fに降りました。やっと。。

海外のデパ地下はけっこう面白いので、ここでもちょっと寄ってみました。
日本では買えないスナック菓子や調味料などは、ちょっとしたお土産になります。
お店に買って帰れるようなものがあれば、と思って少しお買い物タイム。
写真撮ればよかったなぁ。
日本のスーパーによく似てます。袋菓子コーナーで、海苔でピーナッツを砕いたのを挟んだのとか
トッポギみたいな甘辛いお菓子とか、一時流行ったというメープルシロップ味のポテチとか。
気が付いたら、どれも韓国っぽいものが多くて、そういえば韓国語で表記されてるものもあり、
なるほど、という感じはありました。
お店でお客さんと食べましたが、どれもそこそこ美味しかったです。

この後は、服飾問屋街で、バーゲンセールのようなお買い物をして、夜は夜市を楽しみます♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

2015-11-23 | Posted in (旅行&グルメ)No Comments » 
Comment





Comment